218件中 41 - 50件表示
  • ダニー・フィリップ

    ダニー・フィリップから見た馬英九馬英九

    同年10月12日には夫妻で台湾を訪れ、総統府で馬英九総統と会見。両国のパートナーシップをアピールした。ダニー・フィリップ フレッシュアイペディアより)

  • 本省人

    本省人から見た馬英九馬英九

    台湾の客家は推定約315万人であり台湾人口の約13パーセントを占める(行政院客家委員会調べ)。選挙では一定の影響力がある。政治大学教授・江明修によると、少数派の客家は国民党政権に接近して人口が多い他の移民に対抗してきた歴史があり、かつては約70パーセントが国民党支持だったという。確かに2012年の総統選挙では、客家の人口が多い台湾北部の県・新竹県において、国民党の馬英九候補が民進党の候補に約2倍の得票差をつけ、馬候補が当選した理由の一つとなった。しかし、江教授によると、2014年の「ひまわり学生運動」で若者の政治意識が高まった結果、旧来型の政党と考え方のずれが広がり、国民党離れが進んでいるという。そのため2016年1月の総統選挙では、国民党の有力大票田でもある新竹県において、客家票の争奪戦が激しくなり、国民党の朱立倫候補と民進党の蔡英文候補とが互角の戦いを繰り広げた。このことが8年ぶりの政権交代の可能性を押し上げたのである。本省人 フレッシュアイペディアより)

  • 中央日報 (機関紙)

    中央日報 (機関紙)から見た馬英九馬英九

    2002年4月、国民党主席の連戦は『中央日報』の大幅な人員削減を進めた。その後馬英九が国民党主席に就任すると、国民党は中央日報社の売却を積極的に探すようになった。しかし、2005年に『中華日報』に売却する話が浮上したものの、購入先は現れなかった。そのため2006年5月24日、国民党中央常務委員会は中央日報社の株式処分案を採択、5月末をもって中央日報社への資金補助を停止し、2006年6月1日、第2万8356号をもって『中央日報』は停刊(事実上の廃刊)となった。同年9月にインターネット上の民間ニュースサイトとして「復活」した。中央日報 (機関紙) フレッシュアイペディアより)

  • バロン・ワカ

    バロン・ワカから見た馬英九馬英九

    大統領就任後、米国の人気女優で国際連合難民高等弁務官事務所特使のアンジェリーナ・ジョリーを国内にある難民施設を紹介するため、ナウルに招待した。また、中華民国(台湾)を訪問し、馬英九総統と会見し、台中市にある労働部で職業訓練の視察をした。バロン・ワカ フレッシュアイペディアより)

  • 熊本地震 (1906年)

    熊本地震 (1906年)から見た馬英九馬英九

    14日夜、次期総統である民主進歩党の蔡英文主席は、「被害が最小限に抑えられ、日本の友人たちが無事であるよう願います」とのコメントを発表、15日に馬英九総統は、安倍首相に見舞いの書簡を送った。台北市の柯文哲市長は哀悼の意を表明、基隆市、新北市などと共同で救助隊派遣の用意を完了。高雄市の陳菊市長は給与1か月分を寄附、支援に備えるよう指示。それに続いて台南市の頼清徳市長、台中市の林佳龍市長、桃園市の鄭文燦市長もそれぞれ給与1か月分を寄附することを表明している。中華民国政府は16日までに6500万円、民主進歩党は1000万円の寄附を表明、外交部は約1500人の九州旅行の台湾人観光客の無事を確認した。熊本地震 (1906年) フレッシュアイペディアより)

  • 楊秋興

    楊秋興から見た馬英九馬英九

    農業政策などにおける実績を買われ、2012年2月、馬英九政権の下で政務委員(農業・交通担当)に任命された。楊は日本留学を中断して就任した。2013年には国民党への入党を申請し、翌2014年11月の統一地方選挙では、再び高雄市長選挙に国民党候補として陳菊に挑んだが敗れた。楊秋興 フレッシュアイペディアより)

  • 海峡両岸サービス貿易協定

    海峡両岸サービス貿易協定から見た馬英九馬英九

    台湾の与党中国国民党や馬英九総統は、台湾の発展や競争力を向上させるために、協定を早期に承認する必要があるが、中国の圧力を否定すると強調した。これに対して、野党民主進歩党や台湾大学生たちは、台湾の中小企業に対する脅威、人材流出、言論や情報の安全性を恐れ、監督条例を先に制定することを求めている。海峡両岸サービス貿易協定 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾第四原子力発電所

    台湾第四原子力発電所から見た馬英九馬英九

    最近では馬英九政権下、民国紀元(中華民国暦)100年となる2011年に「建国100年行事」として運転開始を目指していたが、一号機中央制御室火災により延期された。台湾第四原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 泛緑連盟

    泛緑連盟から見た馬英九馬英九

    民進党の他には台湾団結連盟と時代力量がある。民進党は2000年5月から陳水扁総統の与党、2008年5月からの馬英九政権下では野党、2016年1月からの蔡英文政権では与党という立場にある。台連は陳政権下では公式には野党であったが、対中関係などでは民進党と台湾アイデンティティーを共有していることから民進党に協力することが多い。蔡英文政権での時代力量も同じ立場に立っている。泛緑連盟の構成員・支持者は総じて台湾の独自性を強調し、台湾人としてのアイデンティティーを求める傾向が強く、そのことは主張する政策に明確に反映されている。泛緑連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 台日特別パートナーシップ

    台日特別パートナーシップから見た馬英九馬英九

    台日特別パートナーシップ(台日特別夥伴關係, Taiwan-Japan Special Partnership)とは、中華民国(台湾)の馬英九政権(2008年5月発足)が掲げている対日政策路線のスローガン。台日特別パートナーシップ フレッシュアイペディアより)

218件中 41 - 50件表示

「馬英九」のニューストピックワード