130件中 51 - 60件表示
  • マウリシオ・フネス

    マウリシオ・フネスから見た馬英九馬英九

    2009年6月1日、エルサルバドル大統領に就任する。就任式には、ベネズエラ大統領のウゴ・チャベスが直前に出席を取りやめ、友好国のボリビア大統領のエボ・モラレスら各国の元首クラスが参列するが、アメリカ国務長官のヒラリー・クリントンや台湾総統の馬英九も出席している。就任当日に、50年前から国交断絶となっていたキューバとの国交を復帰する。マウリシオ・フネス フレッシュアイペディアより)

  • 森祐喜

    森祐喜から見た馬英九馬英九

    2009年2月には台湾総統府を訪問し、総統の馬英九との直接会談に臨んだ。この会談では、小松飛行場と台湾の各空港との乗り入れに関する話題をはじめ、石川県と台湾との通商分野についての話し合いが行われた。森祐喜 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾団結連盟靖国神社参拝事件

    台湾団結連盟靖国神社参拝事件から見た馬英九馬英九

    中国国民党では、副主席・馬英九が「太平洋戦争において台湾人日本兵は不義の戦争への参加を迫られた。統一派、独立派にかかわらず参拝すべきでなく、台連は謝罪すべきである」と批判している。同党スポークスマンの張榮恭も、「靖国神社は日本軍国主義の象徴であり、政党代表としての参拝は不適切」と批判した。台湾団結連盟靖国神社参拝事件 フレッシュアイペディアより)

  • 蔡朝明

    蔡朝明から見た馬英九馬英九

    2008年6月、馬英九総統は、情報業務に通じた蔡朝明を国家安全局長に再任した。2009年3月、病気を理由に辞任。蔡朝明 フレッシュアイペディアより)

  • 九二共識

    九二共識から見た馬英九馬英九

    さらに、2008年総統選を経て政権を奪回した国民党の馬英九総統が「九二共識」を基礎に中台関係を促進すると方針を決定した。九二共識 フレッシュアイペディアより)

  • 両岸関係史

    両岸関係史から見た馬英九馬英九

    2008年3月の総統選で当選した国民党の馬英九は、就任後まず中台関係の改善に乗り出した。九二共識(一中各表)受入れを表明し、中台関係の位置づけに関し、李登輝が打ち出した「特殊な国と国の関係」を否定し、「一つの国家の中の特殊な関係」を提起した。中台が外交関係の奪い合いの中止を呼び掛け(外交休戦)、李登輝政権以来15年間続けてきた国連加盟運動を休止し、国連専門機関参加を推進する方針も表明した。陳水扁前政権が拒否していた中国からのパンダ受け入れも決定し、台湾でパンダブームが起きた。2008年12月には、香港鳳凰衛視のインターネット生放送で中国向けの談話も発表した。両岸関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 蘇貞昌

    蘇貞昌から見た馬英九馬英九

    党主席辞任後、2006年1月19日に辞任した謝長廷の後任として行政院長に任命される。その後、2008年の総統選挙に向けた党内予備選挙に名乗りを上げ、ライバル謝長廷と熾烈な争いを展開したが、2007年5月6日に行われた党員投票で、得票率44.66%の謝長廷に対して得票率33.40%と敗れ、予備選挙から撤退した。5月12日、会見を行い行政院長辞任を表明した。その後、謝長廷から副総統候補に指名され、総統選挙を戦ったが、国民党の馬英九・蕭万長の前に敗北した。蘇貞昌 フレッシュアイペディアより)

  • 両岸経済協力枠組協議

    両岸経済協力枠組協議から見た馬英九馬英九

    ECFAは元々、2008年総統選に当選した馬英九(国民党)が目玉の経済政策として掲げていたものである。背景には、2010年にASEAN自由貿易地域(AFTA)で関税撤廃がなされる一方、台湾は他国とのFTA締結が困難な状況にあり、台湾経済の辺境化・孤立化に対する危機感があった。一方、中国は、ECFA締結を統一への足がかりとしたいとの思惑から、温家宝首相が「台湾に利益を譲る」と述べ、大幅に譲歩した。しかし中国国内に「譲歩し過ぎた」との批判も出たとされる。台湾においてもハイテク製品などについて十分な譲歩が得られなかったとの不満が残っている。両岸経済協力枠組協議 フレッシュアイペディアより)

  • 孔垂長

    孔垂長から見た馬英九馬英九

    2009年11月には、歴代最年少で総統府の国策顧問に就任した。国家の大計に関して馬英九総統に意見を提供するなどしている。孔垂長 フレッシュアイペディアより)

  • 建国大業

    建国大業から見た馬英九馬英九

    これまで中国大陸のドラマや映画における蒋介石は、私利私欲のために国を乱した悪人という描かれ方が一般的だったが、馬英九政権の誕生以来、良好関係にある台湾政府に配慮したのか、蒋介石の描き方に配慮がなされている。本作における蒋介石は愛国主義者であり、国民党が敗色濃厚になると、これ以上無益な戦いを避けるために、台湾に逃れたように描かれている。建国大業 フレッシュアイペディアより)

130件中 51 - 60件表示

「馬英九」のニューストピックワード