130件中 71 - 80件表示
  • 東京中華学校

    東京中華学校から見た馬英九馬英九

    在日華僑華人教育を主眼としており、校庭には中華民国国旗の青天白日満地紅旗が掲揚され、国父孫文である肖像も掲げられている。政治的には中立としているが、現職総統の馬英九が揮毫した色紙が正面玄関に掲げられている(馬英九が国民党公認の総統候補者のときに来日した際、贈られたものとみられる)。東京中華学校 フレッシュアイペディアより)

  • 雄風II型 (ミサイル)

    雄風II型 (ミサイル)から見た馬英九馬英九

    2001年には、雄風II型を原型とした巡航ミサイルの雄風IIE型(雄風二E巡弋飛彈)が発表された。射程は台湾から香港・上海などに届く1000km以上、弾頭重量は400kg、500基を生産する予定と言われている。2007年10月10日の双十節(中華民国建国記念日)に公開される予定だったが、台中軍事バランスの悪化をアメリカが懸念したことにより、公開されなかった。2008年に誕生した馬英九政権は、雄風IIE型を含む射程1000km以上のミサイル開発を中台関係改善を進めるため一旦停止したとされていたが、2010年3月に中距離地対地ミサイル・巡航ミサイルの開発が進められていることが明らかにされた。雄風II型 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 財団法人交流協会

    財団法人交流協会から見た馬英九馬英九

    2008年5月20日:馬英九の総統就任に際して、交流協会の理事長高橋雅二が日本政府の公式の書簡を手交し、「我が国の台湾に関する立場は日中共同声明にあるとおりであり、日台関係を非政府間の実務関係として維持してきている、今後とも引き続き財団法人交流協会を通じ、できる限りの支持と協力をする方針である」旨のメッセージを伝達した。日本政府が台湾の総統就任にメッセージを送るのは、1972年の断交以来初めてとみられる。財団法人交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 台北円環

    台北円環から見た馬英九馬英九

    2002年(民国91年)に馬英九が台北市長に就任すると、設計士の李祖原の協力を得て2億台湾ドルを投資し建成円環美食館を建設、屋台型飲食店を中心としての再開発を目指した。しかし以前入店していた人気店は荒廃期間中に自己資金で外部で開業しており円環への再出店が行われず、二階部分がまったく利用されないばかりか、一階の20店舗のスペースに僅か6店しか入店しない状況となり、経営が立ち行かない状況となり、2006年7月2日に営業を正式に終了したした。台北円環 フレッシュアイペディアより)

  • 趙少康

    趙少康から見た馬英九馬英九

    台湾生まれ。中国国民党の少壮派と称され、馬英九らと共に改革グループを形成し、李煥、郝柏村ら保守勢力などと同じく立法院内での影響力を有し、議会内で民進党議員と乱闘を行なうグループに属していた。1993年(民国82年)8月10日、王建煊、郁慕明らと共に国民党を離党し、新党を結成した。趙少康 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年尖閣諸島抗議デモ

    2010年尖閣諸島抗議デモから見た馬英九馬英九

    10月24日には甘粛省蘭州市および陝西省宝鶏市でそれぞれ数百人から千人規模の反日デモが発生した。蘭州市でのデモ行進は100人ほどで広場を出発し、野次馬なども含めて数百人に増加つつあったが、数キロ行進したところで武装警察部隊が投入され、警察官の説得でいったんは解散したものの、再び広場でデモが発生した。宝鶏市でのデモでは、参加者からは反日のみならず「官僚腐敗」や「住宅価格高騰」など、中国政府を批判する横断幕も掲げられたほか、中国共産党による一党独裁を批判する「多党制推進」と書かれた横断幕や、中には「馬英九(台湾総統)歓迎」といった横断幕もあったといい、「反日デモという口実で、政権批判を断行している」との見方もある。なお、これらの政権批判を主張した参加者は警察に連行され、翌25日には再発を警戒した当局により市内の大学は閉鎖、参加した一部の学生は大学から除籍処分を受けたという。また、インターネット上には、「反日デモは反党デモに華麗に変化した」といった政権批判デモを礼賛する声が相次いでいるという。また、同日には江蘇省南京市でもデモが呼び掛けられており、実際に100人ほどの学生が集合場所に集まり、野次馬なども合わせて数百人規模の集団に増えつつあったが、警察により解散させられている。2010年尖閣諸島抗議デモ フレッシュアイペディアより)

  • カク龍斌

    カク龍斌から見た馬英九馬英九

    その後、中華民国紅十字会(台湾の赤十字社)の秘書長を経て、2006年1月に国民党に復党。同年12月の台北市長選に国民党公認候補として出馬し、謝長廷や宋楚瑜を下して当選した。民選台北市長としては、陳水扁(元総統)、馬英九(現総統)に次いで3代目。国民党のホープとされる。カク龍斌 フレッシュアイペディアより)

  • 劉兆玄

    劉兆玄から見た馬英九馬英九

    2008年5月20日、馬英九総統の任命により行政院長に就任した。就任後まもなく、中国産乳製品有害物質(メラニン)混入事件や経済情勢の悪化などを受けて、劉兆玄内閣の支持率は2008年11月時点で34%と低迷している(国民党寄りの新聞聯合報の世論調査による)。劉兆玄 フレッシュアイペディアより)

  • 孫運セン

    孫運センから見た馬英九馬英九

    その政治的貢献の大きさから、行動に制限があり政壇への露出度が減少したであるが、国民等の各種選挙活動の中で重要な役割を果たす人物の一人であった。民進党に政権交代が行われた後も総統府資政の在職し、このほか連戦による総統選挙でもは国民党党員であれば無条件で国民党候補を支持すると表明し、不自由な身体ながら選挙運動に参加し国民党への忠誠をアピールした。2005年以降は病状がら監視できない状況となりが公衆の場面に登場することが極端に減少し、2005年8月16日に行われた馬英九の国民党主席選挙当選証書の式典であった。孫運セン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の台湾

    2009年の台湾から見た馬英九馬英九

    2月28日 - 馬英九総統、高雄市で二・二八事件の追悼式典に出席。国民党の外省人系総統として初めて事件の責任を認め、謝罪した。式典では、一部出席者が抗議し、会場は騒然となる一幕があった 。2009年の台湾 フレッシュアイペディアより)

130件中 71 - 80件表示

「馬英九」のニューストピックワード