82件中 11 - 20件表示
  • 馬英九

    馬英九から見た董建華

    香港には3度も訪問しており、董建華行政長官は「香港の迎賓館」である礼賓府に馬を招いた。董長官は、返還前に海外へ移住した香港人が戻って来ていること、外資系企業の投資も増えていることなどを理由に挙げて「一国二制度は成功している」と説明し、友好的な態度をアピールした。4日間の滞在中、容姿端麗な馬がホテル周辺を早朝ジョギングする姿が話題となり、「香港にも市民の選んだ市長を」とあこがれる傾向も見られた。2005年1月には入境を拒否された。馬は香港大学での講演を要請されて香港訪問を申請したものの、特区政府はビザを発給しなかった。当時、全国人民代表大会の開幕を目前に中央政府は「反分裂国家法」の制定準備を進めていた。この法律には台湾独立を封じる狙いがあり、馬がこれに反対する論説を発表したため、中央政府の不評を買って香港入境を差し止められたと推測されたが、このとき特区政府は子細を明らかにせず、あいまいな態度が非難を浴びた。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た蒋経国

    1981年、帰台した馬英九は政府によって総統府第一局副局長に抜擢され、主に蒋経国総統の通訳(英語)を担当した。1984年に国民党中央委員会副秘書長、1988年に行政院研考会主任委員兼大陸委員会(陸委会)工作匯報執行秘書、1990年に国家統一委員会研究員、1991年には陸委会副主任委員兼スポークスマンに就任するなど行政経験を積み、同年国民大会代表全国区に国民党候補として選出されている。1993年に連戦が行政院長に就任すると馬英九はその要請を受け法務部長に就任する。法務部長在任中は地方の汚職・不正政治資金摘発に辣腕を振るう一方、死刑制度に批判的姿勢を示した。1996年に行政院政務委員に就任している。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た劉兆玄

    8月19日には、500人近くが生き埋めになった小林村を視察し、線香を手向けたが、村民たちから「今頃になって来るなんて遅すぎる」と取り囲まれ、激しい非難にさらされた。馬はこれを認め、謝罪した。被災者が避難生活を送る寺院を訪れた際には、被災者の一人が「総統と劉兆玄(行政院長、首相に相当)は今すぐ辞任すべきだ」と叫ぶと、会場から大きな拍手が沸いた(この1ヶ月後、劉兆玄は首相を辞任)。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た楊秋興

    2012年2日1日の内閣改造で元民進党の楊秋興が国民党政権入りした。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た厳家淦

    1998年の台北市長選に国民党公認候補として出馬。多くの票を獲得して当時の現職・陳水扁(民主進歩党公認・前総統)を破り当選した。2002年に再選され、2006年12月の任期満了まで同職に留まった。台北市長時代は台北市全域の無線LANの整備、下水道整備の普及、スポーツ施設整備などのインフラ整備に力を注いだ。また、士林官邸、七海官邸、孫運璿旧邸、李国鼎旧邸、嚴家淦旧邸、錢穆旧邸などの文化財保護事業に力を注いだ。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た王金平

    国民党主席の連戦が辞任を表明すると、党内の高い期待を背景に2005年7月16日に行われた国民党主席選挙に出馬(二回目の党員による直接選挙だが、対立候補が出たのは初めてであった)して、37万5056票を獲得、対抗馬の王金平立法院長(14万3268票を獲得)に大差をつけて第4代国民党主席に選出された。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た連戦

    1981年、帰台した馬英九は政府によって総統府第一局副局長に抜擢され、主に蒋経国総統の通訳(英語)を担当した。1984年に国民党中央委員会副秘書長、1988年に行政院研考会主任委員兼大陸委員会(陸委会)工作匯報執行秘書、1990年に国家統一委員会研究員、1991年には陸委会副主任委員兼スポークスマンに就任するなど行政経験を積み、同年国民大会代表全国区に国民党候補として選出されている。1993年に連戦が行政院長に就任すると馬英九はその要請を受け法務部長に就任する。法務部長在任中は地方の汚職・不正政治資金摘発に辣腕を振るう一方、死刑制度に批判的姿勢を示した。1996年に行政院政務委員に就任している。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た2012年中華民国総統選挙

    再選を目指し2012年中華民国総統選挙に出馬。両岸経済協力枠組協議(ECFA)といった中国との関係改善を実績としてアピールし、その結果得票率51.60%を得て再選された。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た政治家

    馬 英九(ば えいきゅう、マー・インチウ、1950年7月13日 - )は中華民国の政治家、法学博士(ハーバード大学)。現在、中華民国総統(第12代、第13代)。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た死刑制度

    1981年、帰台した馬英九は政府によって総統府第一局副局長に抜擢され、主に蒋経国総統の通訳(英語)を担当した。1984年に国民党中央委員会副秘書長、1988年に行政院研考会主任委員兼大陸委員会(陸委会)工作匯報執行秘書、1990年に国家統一委員会研究員、1991年には陸委会副主任委員兼スポークスマンに就任するなど行政経験を積み、同年国民大会代表全国区に国民党候補として選出されている。1993年に連戦が行政院長に就任すると馬英九はその要請を受け法務部長に就任する。法務部長在任中は地方の汚職・不正政治資金摘発に辣腕を振るう一方、死刑制度に批判的姿勢を示した。1996年に行政院政務委員に就任している。馬英九 フレッシュアイペディアより)

82件中 11 - 20件表示

「馬英九」のニューストピックワード