82件中 21 - 30件表示
  • 馬英九

    馬英九から見た湖南省

    馬英九の祖籍は中国湖南省湘潭県馬家堰であり、香港の九龍で出生した(広東省深圳との資料もある)。5人兄弟姉妹の中で唯一の男児として育てられた。1950年、両親とともに台湾に移住し、台北市で育つ。身長177.6cm 体重74.7kg馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    一方で総統候補になってからは従来の強硬な姿勢を軟化させつつある。南京大虐殺問題・尖閣諸島問題などの歴史認識については「許せるが、歴史は忘れない」など間接的な表現に留めている。さらに、総統候補として日本を訪問した2007年11月21日、同志社大学での講演では「19世紀、20世紀の亡霊はもう過去のことだ」「過去は白と黒以外にグレーもある」などと述べるなど、日台関係を強化する必要を強調した。2006年には一度否定的な意見を述べた日米安保条約も支持するなど歩み寄りの姿勢を示している。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た中国

    馬英九の祖籍は中国湖南省湘潭県馬家堰であり、香港の九龍で出生した(広東省深圳との資料もある)。5人兄弟姉妹の中で唯一の男児として育てられた。1950年、両親とともに台湾に移住し、台北市で育つ。身長177.6cm 体重74.7kg馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た弁護士

    国立台湾大学法律学院法律系(法学部法学科)卒業。中山奨学金の給付生としてニューヨーク大学大学院修士課程及びハーバード大学大学院博士課程を修了する。ハーバード大学在学中は『波士頓通訊(ボストン通信)』という国民党系列紙の編集長に就任。博士論文のタイトルは「Trouble Over Oily Waters: Legal Problems of Seabed Boundaries and Foreign Investments in the East China Sea(中国語訳=怒海油爭:東海海床劃界及外人投資之法律問題、邦訳=油をめぐる争い:東シナ海における海底領域と外国人投資に関する法的問題)」で、尖閣諸島に関する問題について取り上げたが、その中に1000箇所を超える英語の間違いがあったと指摘された。博士課程修了後はメリーランド大学法学部研究顧問、ボストン第一銀行法律顧問などを務め、またニューヨーク市内の法律事務所で弁護士として活動するなど法律家としてのキャリアを重ねた。英語に堪能であり、CNN記者との対談も自ら英語でこなした。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た無線LAN

    1998年の台北市長選に国民党公認候補として出馬。多くの票を獲得して当時の現職・陳水扁(民主進歩党公認・前総統)を破り当選した。2002年に再選され、2006年12月の任期満了まで同職に留まった。台北市長時代は台北市全域の無線LANの整備、下水道整備の普及、スポーツ施設整備などのインフラ整備に力を注いだ。また、士林官邸、七海官邸、孫運璿旧邸、李国鼎旧邸、嚴家淦旧邸、錢穆旧邸などの文化財保護事業に力を注いだ。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た深セン市

    馬英九の祖籍は中国湖南省湘潭県馬家堰であり、香港の九龍で出生した(広東省深圳との資料もある)。5人兄弟姉妹の中で唯一の男児として育てられた。1950年、両親とともに台湾に移住し、台北市で育つ。身長177.6cm 体重74.7kg馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た広東省

    馬英九の祖籍は中国湖南省湘潭県馬家堰であり、香港の九龍で出生した(広東省深圳との資料もある)。5人兄弟姉妹の中で唯一の男児として育てられた。1950年、両親とともに台湾に移住し、台北市で育つ。身長177.6cm 体重74.7kg馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た汚職

    1981年、帰台した馬英九は政府によって総統府第一局副局長に抜擢され、主に蒋経国総統の通訳(英語)を担当した。1984年に国民党中央委員会副秘書長、1988年に行政院研考会主任委員兼大陸委員会(陸委会)工作匯報執行秘書、1990年に国家統一委員会研究員、1991年には陸委会副主任委員兼スポークスマンに就任するなど行政経験を積み、同年国民大会代表全国区に国民党候補として選出されている。1993年に連戦が行政院長に就任すると馬英九はその要請を受け法務部長に就任する。法務部長在任中は地方の汚職・不正政治資金摘発に辣腕を振るう一方、死刑制度に批判的姿勢を示した。1996年に行政院政務委員に就任している。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た政治資金

    1981年、帰台した馬英九は政府によって総統府第一局副局長に抜擢され、主に蒋経国総統の通訳(英語)を担当した。1984年に国民党中央委員会副秘書長、1988年に行政院研考会主任委員兼大陸委員会(陸委会)工作匯報執行秘書、1990年に国家統一委員会研究員、1991年には陸委会副主任委員兼スポークスマンに就任するなど行政経験を積み、同年国民大会代表全国区に国民党候補として選出されている。1993年に連戦が行政院長に就任すると馬英九はその要請を受け法務部長に就任する。法務部長在任中は地方の汚職・不正政治資金摘発に辣腕を振るう一方、死刑制度に批判的姿勢を示した。1996年に行政院政務委員に就任している。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た同志社大学

    一方で総統候補になってからは従来の強硬な姿勢を軟化させつつある。南京大虐殺問題・尖閣諸島問題などの歴史認識については「許せるが、歴史は忘れない」など間接的な表現に留めている。さらに、総統候補として日本を訪問した2007年11月21日、同志社大学での講演では「19世紀、20世紀の亡霊はもう過去のことだ」「過去は白と黒以外にグレーもある」などと述べるなど、日台関係を強化する必要を強調した。2006年には一度否定的な意見を述べた日米安保条約も支持するなど歩み寄りの姿勢を示している。馬英九 フレッシュアイペディアより)

82件中 21 - 30件表示

「馬英九」のニューストピックワード