134件中 61 - 70件表示
  • 馬英九

    馬英九から見た蘇澳鎮

    2012年の日本の尖閣諸島国有化に対しては中国とともに報復措置をとり、中華民国行政院海岸巡防署の巡視船12隻と宜蘭県蘇澳鎮から出港した漁船約40隻を領海侵犯させて日本の海上保安庁と放水合戦となり、これを「全力で漁民の安全を守った」「釣魚台が我が領土であることを世界に誇示した」と絶賛した。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た中国共産党中央委員会総書記

    2012年には国民党中央委員会に中国共産党第十八回全国代表大会へ初めて祝電を打たせ、習近平が総書記(中国最高指導者の役職)に選出された際は馬自ら異例の祝電をおくった。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見たボストン

    国立台湾大学法律学院法律系(法学部法学科)卒業。中山奨学金の給付生としてニューヨーク大学・ロー・スクール大学院修士課程及びハーバード大学ハーバード・ロー・スクール大学院博士課程を修了する。ハーバード大学在学中は『波士頓通訊(ボストン通信)』という国民党系列紙の編集長に就任。博士課程修了後はメリーランド大学法学部研究顧問、ボストン第一銀行法律顧問などを務め、またニューヨーク市内の法律事務所で弁護士として活動するなど法律家としてのキャリアを重ねた。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見たネガティブキャンペーン

    総統選挙では、民進党の謝長廷陣営は1977年に取得したグリーンカードの所持、馬英九の一族による政治献疑惑、暴力団との関係などを主張するネガティブキャンペーンを展開した。対する馬英九陣営は「ロングステイ」と銘打って台湾各地の農村地帯を訪れて回り、外省人ながら台湾語による会話を行ったり、客家として客家語による演説を行うなど有権者と直接触れ合う機会を増やす事で対応し、正攻法の選挙戦で国民からの信頼を維持した。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た保守

    1990年代前半、総統選挙を直接選挙にするか委任選出にするかで国民党内で議論となったとき、一貫して「委任選出制」を主張、直接選挙制に反対し、党国体制を敷く国民党独裁政権が言論・思想の自由を弾圧する法的根拠になっていた「刑法第100条廃止」が議論された際にも反対し、2006年末にはアメリカの雑誌のインタビューで「終極的統一を目指す」と発言するなど保守派の人物と見られてきた。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た両岸経済協力枠組協議

    2010年には中国と自由貿易協定である両岸経済協力枠組協議(ECFA)を締結した。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た台湾

    馬英九の祖籍は中国湖南省湘潭県馬家堰であり、香港の九龍で出生した外省人(広東省深圳との資料もある)。5人兄弟姉妹の中で唯一の男児として育てられた。出生後まもない1950年、両親とともに台湾に移住し、台北市で育つ。身長177.6cm 体重74.7kg馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た国立台湾大学

    国立台湾大学法律学院法律系(法学部法学科)卒業。中山奨学金の給付生としてニューヨーク大学・ロー・スクール大学院修士課程及びハーバード大学ハーバード・ロー・スクール大学院博士課程を修了する。ハーバード大学在学中は『波士頓通訊(ボストン通信)』という国民党系列紙の編集長に就任。博士課程修了後はメリーランド大学法学部研究顧問、ボストン第一銀行法律顧問などを務め、またニューヨーク市内の法律事務所で弁護士として活動するなど法律家としてのキャリアを重ねた。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た親民党

    2012年、一度目の総統任期終了を踏まえて、同年の総統選挙に再選を目指して出馬する意向を表明した。同年から経済成長が鈍化していた事や、国民党から分派した親民党から出馬した宋楚瑜に票が流れる可能性などから、総統選挙では民進党の蔡英文と終盤まで激しい選挙戦を繰り広げた。結果として懸念されていた宋楚瑜が惨敗を喫した事などから旧来の支持勢力を纏め上げ、51.60%を得票して総統に再選された。同日に第八回中華民国立法委員選挙も行われ、僅かに議席を減らしたものの過半数を維持してこちらも国民党が勝利を収めた。再選後の内閣では民進党を離党した楊秋興が政権入りしている。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た義務

    2015年、4月に台湾で発生した「産地偽装ラベル」事件に関して、日本からの全食品を対象に『産地証明添付』を義務付けるなどの規制強化策を5月15日から実施した。真相解明に向けた当局の動きが規制緩和につながる可能性がある。馬英九総統は真相が解明され再発防止策が整えば、強化策を短期で緩和するとの姿勢を示している。当局によると、5月の強化策実施後、日本からの食品輸入量は、最初の1週間は重量で前週比約4割減少したが、その後徐々に回復し実施前の水準に戻り始めている。馬英九 フレッシュアイペディアより)

134件中 61 - 70件表示

「馬英九」のニューストピックワード