82件中 61 - 70件表示
  • 馬英九

    馬英九から見た香港活動家尖閣諸島上陸事件

    学生時代に「釣魚島(尖閣諸島)還回」を主張する活動を続け、米国留学時代の研究テーマも「釣魚島」の中華民国帰属を扱うなど領土問題に関しては非常に日本に批判的である。また、在学中は大学図書館の蔵書で尖閣諸島を日本が領有する旨が記されたページを破りとるなどの行為をしていた。2005年6月の党主席選挙では、「釣魚島の奪回のために日本とは一戦を交えることもいとわない」「戦う姿勢を見せて日本を対話のテーブルにつかせるべきだ」(2005年の沖縄近海における台湾漁船の抗議行動 参照)と主張した。党主席就任後の2005年8月には、「南京大虐殺や尖閣諸島での日本の言動は、大陸、台湾双方の人々の心を逆なでする」「国民党は将来、尖閣諸島の問題解決に注力する。私は尖閣諸島についての専門的知識を持っている」 と発言した。また、2012年8月15日に発生した香港活動家尖閣諸島上陸事件の逮捕者とも過去には交流があることが活動家側が認めている。。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た台湾語

    2008年1月12日、立法委員選挙では国民党が圧勝した。しかし同年1月27日に総統選挙の候補登録を済ませた翌日以降、民進党の公認候補・謝長廷陣営や一部メディアなどから、1977年に取得したグリーンカードの所持疑惑、馬英九の実姉たちの政治献金不当授受疑惑、暴力団との結託疑惑などが指摘された。しかし馬英九は「ロングステイ」と銘打って台湾各地の農村などをホームステイに訪れて回り、選挙期間中に外省人の為、たどたどしいアクセントの台湾語で話しかけたり、客家を自称しているせいか、かなり流暢に話せる客家語を積極的に使用して有権者との距離を縮めることに力を入れ、民衆からの信頼回復に成功した。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た中国国民党

    国立台湾大学法律学院法律系(法学部法学科)卒業。中山奨学金の給付生としてニューヨーク大学大学院修士課程及びハーバード大学大学院博士課程を修了する。ハーバード大学在学中は『波士頓通訊(ボストン通信)』という国民党系列紙の編集長に就任。博士論文のタイトルは「Trouble Over Oily Waters: Legal Problems of Seabed Boundaries and Foreign Investments in the East China Sea(中国語訳=怒海油爭:東海海床劃界及外人投資之法律問題、邦訳=油をめぐる争い:東シナ海における海底領域と外国人投資に関する法的問題)」で、尖閣諸島に関する問題について取り上げたが、その中に1000箇所を超える英語の間違いがあったと指摘された。博士課程修了後はメリーランド大学法学部研究顧問、ボストン第一銀行法律顧問などを務め、またニューヨーク市内の法律事務所で弁護士として活動するなど法律家としてのキャリアを重ねた。英語に堪能であり、CNN記者との対談も自ら英語でこなした。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見たニューヨーク大学

    国立台湾大学法律学院法律系(法学部法学科)卒業。中山奨学金の給付生としてニューヨーク大学大学院修士課程及びハーバード大学大学院博士課程を修了する。ハーバード大学在学中は『波士頓通訊(ボストン通信)』という国民党系列紙の編集長に就任。博士論文のタイトルは「Trouble Over Oily Waters: Legal Problems of Seabed Boundaries and Foreign Investments in the East China Sea(中国語訳=怒海油爭:東海海床劃界及外人投資之法律問題、邦訳=油をめぐる争い:東シナ海における海底領域と外国人投資に関する法的問題)」で、尖閣諸島に関する問題について取り上げたが、その中に1000箇所を超える英語の間違いがあったと指摘された。博士課程修了後はメリーランド大学法学部研究顧問、ボストン第一銀行法律顧問などを務め、またニューヨーク市内の法律事務所で弁護士として活動するなど法律家としてのキャリアを重ねた。英語に堪能であり、CNN記者との対談も自ら英語でこなした。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た香港特別行政区政府

    香港には3度も訪問しており、董建華行政長官は「香港の迎賓館」である礼賓府に馬を招いた。董長官は、返還前に海外へ移住した香港人が戻って来ていること、外資系企業の投資も増えていることなどを理由に挙げて「一国二制度は成功している」と説明し、友好的な態度をアピールした。4日間の滞在中、容姿端麗な馬がホテル周辺を早朝ジョギングする姿が話題となり、「香港にも市民の選んだ市長を」とあこがれる傾向も見られた。2005年1月には入境を拒否された。馬は香港大学での講演を要請されて香港訪問を申請したものの、特区政府はビザを発給しなかった。当時、全国人民代表大会の開幕を目前に中央政府は「反分裂国家法」の制定準備を進めていた。この法律には台湾独立を封じる狙いがあり、馬がこれに反対する論説を発表したため、中央政府の不評を買って香港入境を差し止められたと推測されたが、このとき特区政府は子細を明らかにせず、あいまいな態度が非難を浴びた。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た直轄市 (中華民国)

    同年11月に行われた直轄市(台北市、新北市、台中市、台南市、高雄市)の市長選挙では、国民党が台北市、新北市、台中市の三都市で勝利し、現有勢力を維持した。ただし、全体の得票率では民進党が国民党を5%以上上回っている。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た香港

    馬英九の祖籍は中国湖南省湘潭県馬家堰であり、香港の九龍で出生した(広東省深圳との資料もある)。5人兄弟姉妹の中で唯一の男児として育てられた。1950年、両親とともに台湾に移住し、台北市で育つ。身長177.6cm 体重74.7kg馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た法学博士

    馬 英九(ば えいきゅう、マー・インチウ、1950年7月13日 - )は中華民国の政治家、法学博士(ハーバード大学)。現在、中華民国総統(第12代、第13代)。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た反分裂国家法

    香港には3度も訪問しており、董建華行政長官は「香港の迎賓館」である礼賓府に馬を招いた。董長官は、返還前に海外へ移住した香港人が戻って来ていること、外資系企業の投資も増えていることなどを理由に挙げて「一国二制度は成功している」と説明し、友好的な態度をアピールした。4日間の滞在中、容姿端麗な馬がホテル周辺を早朝ジョギングする姿が話題となり、「香港にも市民の選んだ市長を」とあこがれる傾向も見られた。2005年1月には入境を拒否された。馬は香港大学での講演を要請されて香港訪問を申請したものの、特区政府はビザを発給しなかった。当時、全国人民代表大会の開幕を目前に中央政府は「反分裂国家法」の制定準備を進めていた。この法律には台湾独立を封じる狙いがあり、馬がこれに反対する論説を発表したため、中央政府の不評を買って香港入境を差し止められたと推測されたが、このとき特区政府は子細を明らかにせず、あいまいな態度が非難を浴びた。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た国家統一委員会

    1981年、帰台した馬英九は政府によって総統府第一局副局長に抜擢され、主に蒋経国総統の通訳(英語)を担当した。1984年に国民党中央委員会副秘書長、1988年に行政院研考会主任委員兼大陸委員会(陸委会)工作匯報執行秘書、1990年に国家統一委員会研究員、1991年には陸委会副主任委員兼スポークスマンに就任するなど行政経験を積み、同年国民大会代表全国区に国民党候補として選出されている。1993年に連戦が行政院長に就任すると馬英九はその要請を受け法務部長に就任する。法務部長在任中は地方の汚職・不正政治資金摘発に辣腕を振るう一方、死刑制度に批判的姿勢を示した。1996年に行政院政務委員に就任している。馬英九 フレッシュアイペディアより)

82件中 61 - 70件表示

「馬英九」のニューストピックワード