134件中 71 - 80件表示
  • 馬英九

    馬英九から見た新竹県

    2009年12月に行われた台湾の統一地方選挙では、災害への対応の悪さに有権者の不信感が広がったこともあり、国民党は県長ポストを現有の14ポスト(国民党系無所属も含む)から二つ減らす結果に終わった。翌2010年1月に行われた立法委員補欠選挙でも国民党が改選3選挙区の議席をすべて失う結果に終わった。前述の災害への対応の悪さに加え、課題として掲げていた経済成長も米国産牛肉の輸入解禁を合意した事などが批判された。2月27日投開票の立法委員補欠選挙でも改選4議席のうち国民党は花蓮県(全区)の1議席しか獲得できず、対する民進党は強固な地盤である嘉義県(2区)、新竹県(全区)、桃園県(3区)を獲得し、逆風が収まらない状況が続いた。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た宜蘭県

    2012年の日本の尖閣諸島国有化に対しては中国とともに報復措置をとり、中華民国行政院海岸巡防署の巡視船12隻と宜蘭県蘇澳鎮から出港した漁船約40隻を領海侵犯させて日本の海上保安庁と放水合戦となり、これを「全力で漁民の安全を守った」「釣魚台が我が領土であることを世界に誇示した」と絶賛した。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た日中漁業協定

    2013年には尖閣諸島周辺の北緯27度以北に暫定措置水域を定めた日中漁業協定に対抗して日本と日台漁業協定を結び、北緯27度以南の操業を日本に認めさせた。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た台湾語

    総統選挙では、民進党の謝長廷陣営は1977年に取得したグリーンカードの所持、馬英九の一族による政治献疑惑、暴力団との関係などを主張するネガティブキャンペーンを展開した。対する馬英九陣営は「ロングステイ」と銘打って台湾各地の農村地帯を訪れて回り、外省人ながら台湾語による会話を行ったり、客家として客家語による演説を行うなど有権者と直接触れ合う機会を増やす事で対応し、正攻法の選挙戦で国民からの信頼を維持した。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た台北市立動物園

    総統就任後の2008年12月15日には中国との間で「三通」を実現させた。学生には奨学金の返還を求めない措置を講ずると言い、旅行業者には三通(中台間の通信、通商、通航の直接開放)で空と海の直行便を定期化し、年間360万の中国人観光客を呼び込んで商売を繁盛させると呼びかけた。同年12月23日には中国からジャイアントパンダの團團(オス)と圓圓(メス)が台北市立動物園に寄贈された。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た直轄市 (中華民国)

    2010年以降は政権の立て直しを図り、引き続き中国との関係改善と経済成長を目指した政策を進め、2010年に台湾経済は10%強の成長率を記録、欧州債務危機で世界経済が混乱した2011年にも4%の成長率を達成した。また中台関係の回復を基調としながらも、「三不」(台中統一・台湾独立・武力行使のいずれも行わない)をスローガンにバランスを取った姿勢を見せ、親中・反中のいずれにも立たない中立派の支持を勝ち取った。堅調な経済・外交政策で一定の支持を回復させ、2010年11月に行われた直轄市(台北市、新北市、台中市、台南市、高雄市)の市長選挙では、依然として民進党に押されつつも台北市・新北市・台中市の三都市で勝利して現有勢力を維持した。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た反分裂国家法

    自身の出生地でもある香港を3度訪問しており、董建華行政長官は「香港の迎賓館」である礼賓府に馬を招いた。董長官は、返還前に海外へ移住した香港人が戻って来ていること、外資系企業の投資も増えていることなどを理由に挙げて「一国二制度は成功している」と説明し、友好的な態度をアピールした。4日間の滞在中、容姿端麗な馬がホテル周辺を早朝ジョギングする姿が話題となり、「香港にも市民の選んだ市長を」とあこがれる傾向も見られた。ところが、2005年1月には入境を拒否された。馬は香港大学での講演を要請されて香港訪問を申請したものの、特区政府はビザを発給しなかった。当時、全国人民代表大会の開幕を目前に中央政府は「反分裂国家法」の制定準備を進めていた。この法律には台湾独立を封じる狙いがあり、馬がこれに反対する論説を発表したため、中央政府の不評を買って香港入境を差し止められたと推測されたが、このとき特区政府は子細を明らかにせず、あいまいな態度が非難を浴びた。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見たひまわり学生運動

    2014年3月18日、海峡両岸サービス貿易協定に反対する学生が立法院を占拠する事件が発生。300人ほどの学生が議場を占拠し、立法院の周りにも数千人から数万人の支持者が集まっている。学生たちは協定の審議やり直しと馬英九との公開討論を求めているが、馬英九政権は応じていない。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見たハーバード・ロー・スクール

    国立台湾大学法律学院法律系(法学部法学科)卒業。中山奨学金の給付生としてニューヨーク大学・ロー・スクール大学院修士課程及びハーバード大学ハーバード・ロー・スクール大学院博士課程を修了する。ハーバード大学在学中は『波士頓通訊(ボストン通信)』という国民党系列紙の編集長に就任。博士課程修了後はメリーランド大学法学部研究顧問、ボストン第一銀行法律顧問などを務め、またニューヨーク市内の法律事務所で弁護士として活動するなど法律家としてのキャリアを重ねた。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た新北市

    2010年以降は政権の立て直しを図り、引き続き中国との関係改善と経済成長を目指した政策を進め、2010年に台湾経済は10%強の成長率を記録、欧州債務危機で世界経済が混乱した2011年にも4%の成長率を達成した。また中台関係の回復を基調としながらも、「三不」(台中統一・台湾独立・武力行使のいずれも行わない)をスローガンにバランスを取った姿勢を見せ、親中・反中のいずれにも立たない中立派の支持を勝ち取った。堅調な経済・外交政策で一定の支持を回復させ、2010年11月に行われた直轄市(台北市、新北市、台中市、台南市、高雄市)の市長選挙では、依然として民進党に押されつつも台北市・新北市・台中市の三都市で勝利して現有勢力を維持した。馬英九 フレッシュアイペディアより)

134件中 71 - 80件表示

「馬英九」のニューストピックワード