前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
325件中 1 - 10件表示
  • いかめし阿部商店

    いかめし阿部商店から見た駅弁駅弁

    株式会社いかめし阿部商店(-あべしょうてん)は、JR北海道函館本線森駅(北海道茅部郡森町、渡島支庁管内)を拠点とする駅弁調製・食品製造販売業者。同駅の駅弁である「いかめし」を製造販売している。いかめし阿部商店 フレッシュアイペディアより)

  • 源 (食品製造会社)

    源 (食品製造会社)から見た駅弁駅弁

    株式会社源(みなもと)は、富山県富山市にある食品製造会社。富山の郷土料理である「ますのすし(鱒寿司)」「ぶりのすし」、富山駅などで販売されている駅弁などを製造している。源 (食品製造会社) フレッシュアイペディアより)

  • 食堂車

    食堂車から見た駅弁駅弁

    他と比較すると割高な価格設定。駅構内にある食堂やファーストフード店で扱うメニュー、コンビニエンスストアの弁当は食堂車のメニューや駅弁と比べ廉価であることから大きな影響をおよぼした。食堂車 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮駅

    宇都宮駅から見た駅弁駅弁

    宇都宮駅は、日本国有鉄道の駅構内販売機関自らの沿革において「地元業者『白木屋』がホームで発売したおにぎりが最初の駅弁である」「駅弁発祥の地」とされている(駅弁も参照)。宇都宮駅 フレッシュアイペディアより)

  • 吾左衛門寿し

    吾左衛門寿しから見た駅弁駅弁

    吾左衛門鮓(ござえもんずし)は西日本旅客鉄道(JR西日本)米子駅で販売されている駅弁で、株式会社米吾が製造販売している。吾左衛門寿し フレッシュアイペディアより)

  • 角舘商会

    角舘商会から見た駅弁駅弁

    角舘商会(かくだてしょうかい)は、北海道名寄市にあった駅弁製造・販売業者で、宗谷本線名寄駅構内の売店や特急列車内で販売し、鉄道ファンの間では「最北の駅弁屋」として知られていた。創業100年目の年にあたる2009年(平成21年)6月30日に廃業した。角舘商会 フレッシュアイペディアより)

  • 崎陽軒

    崎陽軒から見た駅弁駅弁

    横浜名物のシウマイ(崎陽軒の焼売はシウマイと表記する)、駅弁の「シウマイ弁当」を製造、販売していることで有名である。また、中華料理店やイタリア料理店など、レストランも経営している。工場は横浜市都筑区と東京都江東区の2ヶ所に所在する。崎陽軒 フレッシュアイペディアより)

  • 空弁

    空弁から見た駅弁駅弁

    2003年ごろから空港内で空港周辺地域の名産品などを食材として採用し、各空港ごとの独自色を強く打ち出した弁当が販売されるようになりはじめた。背景としては運賃競争の激化に伴って経費削減のための国内線の機内食が廃止されたことや、航空券のインターネット予約の普及(電子航空券化)などで、空港内で滞在する時間が短くなったために、弁当を購入して航空機内で食べる人が増えたためといわれている。最近になって人気商品化しデパート・スーパーマーケットなどの駅弁セールで駅弁とともに販売されることが増えてきている。空弁 フレッシュアイペディアより)

  • 土瓶

    土瓶から見た駅弁駅弁

    1877年(明治10年)、神戸駅にて駅弁の販売が始められたが、弁当とともに供する茶の容器として陶器製の茶瓶が登場したのは1889年(明治22年)の静岡駅においてであった。これは「汽車茶瓶」と呼ばれ、同じ用途で土瓶の形をしたものは「汽車土瓶」と呼ばれた。別項「駅弁」も参照のこと。土瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 三好野本店

    三好野本店から見た駅弁駅弁

    駅弁やコンビニ弁当などの弁当製造からステーキハウスの経営まで幅広い事業を展開している。三好野本店 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
325件中 1 - 10件表示

「駅弁・空弁・速弁」のニューストピックワード