前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
363件中 1 - 10件表示
  • 崎陽軒

    崎陽軒から見た駅弁駅弁

    横浜名物のシウマイ(崎陽軒の焼売はシウマイと表記する)、駅弁の「シウマイ弁当」を製造、販売していることで有名である。また、中華料理店やイタリア料理店など、レストランも経営している。工場は本社の地下(本社工場)と横浜市都筑区(横浜工場)、東京都江東区(東京工場)の3か所に所在する。崎陽軒 フレッシュアイペディアより)

  • いかめし阿部商店

    いかめし阿部商店から見た駅弁駅弁

    株式会社いかめし阿部商店(いかめしあべしょうてん)は、JR北海道函館本線森駅(北海道茅部郡森町、渡島総合振興局管内)を拠点とする駅弁調製・食品製造販売業者。同駅の駅弁である「いかめし」を製造販売している。いかめし阿部商店 フレッシュアイペディアより)

  • 電車で行こう!

    電車で行こう!から見た駅弁駅弁

    新横浜駅近くの小さな旅行会社(エンドートラベル)の社長でT3を立ち上げた。駅弁が大好きの駅弁鉄。また、駅そば鉄で、関東駅そば友の会の理事をしている。(第6・11・12・17巻以外)電車で行こう! フレッシュアイペディアより)

  • 立ち食いそば・うどん店

    立ち食いそば・うどん店から見た駅弁駅弁

    ご飯物も提供している店舗もある。ご飯・炊き込み類・とろろ飯などの茶碗に盛るだけのもの、カレーライス・かきあげ天丼などの麺類と具が共通のもの、または稲荷寿司・おむすびなどの店舗内での調理が不要か簡単なメニューが多い。その一方で、通常の蕎麦屋のメニューのように親子丼・カツ丼・牛丼・夏季に鰻丼などの丼物を置く店もある。駅弁販売業者が運営する駅内にある店舗では駅弁を扱うところもあるが、あくまでも持ち帰り用である。立ち食いそば・うどん店 フレッシュアイペディアより)

  • 食堂車

    食堂車から見た駅弁駅弁

    同列車に充当されるキハ71系では2号車のキハ70 1に、キハ72系では3号車のキハ72 3にビュフェを設置する。大型時刻表でもビュフェ記号は付帯するが、飲食スペースはなく実質は売店のため提供メニューは地ビールなどの飲料やおつまみ主体であり、食事については駅弁と軽食に限られる。このため食堂車を示す車両記号シは使用されず、全室普通車のキハとなる。食堂車 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮駅

    宇都宮駅から見た駅弁駅弁

    線路は当時の宇都宮市街を避けて設置され、駅は田川を挟んで対岸に設けられた。現在も駅舎及び交通・商業複合設備は線路西側にある。日本初とされる駅弁(おにぎり2個にたくあんが添えてあるもの)が販売される。宇都宮駅 フレッシュアイペディアより)

  • 角舘商会

    角舘商会から見た駅弁駅弁

    角舘商会(かくだてしょうかい)は、北海道名寄市にあった駅弁製造・販売業者で、宗谷本線名寄駅構内の売店や特急列車内で販売し、鉄道ファンの間では「最北の駅弁屋」として知られていた。角舘商会 フレッシュアイペディアより)

  • 土瓶

    土瓶から見た駅弁駅弁

    1877年(明治10年)、神戸駅にて駅弁の販売が始められたが、弁当とともに供する茶の容器として陶器製の茶瓶が登場したのは1889年(明治22年)の静岡駅においてであった。これは「汽車茶瓶」と呼ばれ、同じ用途で土瓶の形をしたものは「汽車土瓶」と呼ばれた。別項「駅弁」も参照のこと。土瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 三好野本店

    三好野本店から見た駅弁駅弁

    駅弁やコンビニ弁当などの弁当製造からステーキハウスの経営まで幅広い事業を展開している。三好野本店 フレッシュアイペディアより)

  • 空弁

    空弁から見た駅弁駅弁

    背景としては、運賃競争の激化に伴って経費削減のために、国内線の機内食が廃止されたことや、航空券のインターネット予約の普及(電子航空券化)などで、空港内で滞在する時間が短くなったために、弁当を購入して航空機内で食べる人が増えたためといわれている。最近になって人気商品化しデパート・スーパーマーケットなどの駅弁セールで、駅弁と伴に販売されることが増えてきている。空弁 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
363件中 1 - 10件表示

「駅弁・空弁・速弁」のニューストピックワード