363件中 121 - 130件表示
  • 勉強してきましたクイズ ガリベン

    勉強してきましたクイズ ガリベンから見た駅弁駅弁

    7月26日「駅弁」、「ブランド食材」、「世界の国名」、「昭和の名作映画」、「地理」勉強してきましたクイズ ガリベン フレッシュアイペディアより)

  • きらきらみちのく

    きらきらみちのくから見た駅弁駅弁

    日本レストランエンタプライズ (NRE) による車内販売が全区間であり、駅弁・沿線の土産品のほか清涼飲料水・酒類なども販売されている。また、2号車には清涼飲料水自動販売機が設置されている。きらきらみちのく フレッシュアイペディアより)

  • 豚骨料理

    豚骨料理から見た駅弁駅弁

    豚骨料理は薩摩藩の武士たちが、戦場や狩場で作ったのが始まりとされる豪快な郷土料理であり、鹿児島県の居酒屋等で大抵メニューにある一般的な料理となっている。また鹿児島中央駅ではこれを用いた「豚骨弁当」がかつて名物駅弁として販売されていた。また西郷隆盛の大好物でもあったことが知られている。大久保利通のひ孫に当たる作家・英文学者の吉田健一は『私の食物誌』(中公文庫ほか)で「武骨に見え、繊細な料理」と紹介している。豚骨料理 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎弁当

    高崎弁当から見た駅弁駅弁

    高崎弁当株式会社(たかさきべんとう)は、高崎駅を拠点とする駅弁の調製業者である。群馬県高崎市の名物であるだるま(達磨)をかたどった容器を使用した「だるま弁当」が有名だが、他にも多数の商品を販売している。高崎弁当 フレッシュアイペディアより)

  • 住吉屋

    住吉屋から見た駅弁駅弁

    開業は1890年(明治23年)。開業当初は旅館。1897年(明治30年)に常磐線が開通し、近隣に平駅(1994年、いわき駅に改称)ができたことをきっかけに駅弁の販売も行うこととなった。屋号の由来は、創業者が大阪市住吉出身であることによる(「東日本駅弁百科」より)。住吉屋 フレッシュアイペディアより)

  • はやとの風

    はやとの風から見た駅弁駅弁

    1号車にはサービスコーナーもあり、オリジナル記念品や沿線の名産品などが車内で販売されている。またこの特急列車の誕生を記念して発売開始された駅弁「百年の旅物語かれい川」も販売されている。はやとの風 フレッシュアイペディアより)

  • かきめし

    かきめしから見た駅弁駅弁

    駅弁としても著名なものがいくつかある。 根室本線厚岸駅の駅弁「かきめし(氏家待合所調製 )」、広島かきを使った広島駅の駅弁「しゃもじかきめし(広島駅弁当調製)」、佐世保駅の「九十九島かきめし」など。かきめし フレッシュアイペディアより)

  • 領収書

    領収書から見た駅弁駅弁

    切符、切手、駅弁の包み紙など印刷された紙片を集める収集家のうち、1円(または1通貨単位)以上の商品を買い物をすれば必ず入手できる領収書に着目し、ありとあらゆる領収書を集める収集家も現れた。この場合、領収書を略して「書」と呼ぶことがある。日本の"領収書"の場合、コクヨやヒサゴなど文具メーカー製の既製品はあまり好まれない。発行者オリジナルのものが好まれ、例えば不二家ではマスコットキャラクターであるペコちゃんの絵が入っているかないかで価値が大きく異なるという。また、日本でレシートスタイルの領収書の収集家もいる。店の名前やロゴマークが印刷される物が多くを占めるため価値がある。特に旅行等で地元に進出していないチェーン店はもちろん、その土地にしかないローカルな店の物を実際に買い収集する人も少なくない。領収書 フレッシュアイペディアより)

  • 関山駅 (台東県)

    関山駅 (台東県)から見た駅弁駅弁

    関山駅(かんざんえき)は台湾台東県関山鎮にある台湾鉄路管理局台東線の駅である。数少ない駅弁「関山弁当(關山便當)」の販売駅。関山駅 (台東県) フレッシュアイペディアより)

  • 札幌駅立売商会

    札幌駅立売商会から見た駅弁駅弁

    札幌駅立売商会(さっぽろえきたちうりしょうかい)は、札幌市東区を本社とし、札幌駅を拠点とする駅弁の製造販売・構内食堂の運営業者。商号は「弁菜亭」と名乗っている。札幌駅構内に9箇所の駅弁販売店舗と2ヶ所のそば処を持つ。駅構外にも弁当店・食堂があり、またファーストフード店のフランチャイズ店も運営している。札幌駅立売商会 フレッシュアイペディアより)

363件中 121 - 130件表示

「駅弁・空弁・速弁」のニューストピックワード