325件中 31 - 40件表示
  • 塩荘

    塩荘から見た駅弁駅弁

    塩荘(しおそう)は、敦賀に拠点を置く企業。江戸時代から続く敦賀の豪商であり、明治時代以降は食品企業として発展してきた。敦賀駅の駅弁調製業者として有名だが、弁当などの生産請負・新規商品開発支援・食堂経営・料理宅配・通信販売など、多角的な事業を展開している。塩荘 フレッシュアイペディアより)

  • 川島令三の全国特急案内

    川島令三の全国特急案内から見た駅弁駅弁

    特急解説や駅弁情報、ベストビューポイントや途中下車してのお楽しみなど旅情あふれる列車の旅を提案する。川島令三の全国特急案内 フレッシュアイペディアより)

  • 東華軒

    東華軒から見た駅弁駅弁

    株式会社東華軒(とうかけん)は、神奈川県小田原市に本社を置く食品会社である。1888年(明治21年)に創業者が国府津駅構内で東海道本線初の駅弁を販売したことに始まる。東華軒 フレッシュアイペディアより)

  • バナナ饅頭

    バナナ饅頭から見た駅弁駅弁

    バナナ饅頭を販売する米倉屋(後の株式会社米倉商店)は、国鉄根室本線池田駅の正面に位置している。バナナ饅頭が造られた1905年頃、北海道では釧路から始まった鉄道が一旦池田まで開通したところで、池田駅開業に伴い、それまで呉服や雑貨を扱っていた米倉三郎が駅弁屋を始めた。米倉は当初「親子弁当」を販売していたが、新商品として饅頭を販売した。当時は、駅構内で数人の立ち売りを使って売っていた。バナナ饅頭 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池直恵

    菊池直恵から見た駅弁駅弁

    2007年11月には、NRE(日本レストランエンタプライズ)の「鉄子の旅駅弁」をプロデュース。菊池直恵 フレッシュアイペディアより)

  • 泉昌之

    泉昌之から見た駅弁駅弁

    1981年に「夜行」を『ガロ』に持ち込みデビュー。泉昌之を代表するキャラクターである、ハンフリー・ボガートをモデルにしたハードボイルドな「トレンチコートのおじさん」(エッセイ集「久住昌之の人生読本」では「本郷播」という名前で登場。苗字のみ「食の軍師」にも出てくる)が登場し、駅弁の幕の内弁当をいかに美味しく食べるかにこだわりまくる作品である。泉昌之 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤一美 ラジオかぶりつき

    斉藤一美 ラジオかぶりつきから見た駅弁駅弁

    文化放送の最寄り駅である浜松町駅に駅弁を作ってしまおうというコーナー。駅弁の名前は「文化のかほり」。メインはボラのハーブ焼きの予定だったが時期的に取れないということで、金目鯛の白醤油焼きとなった。2007年3月3日・3月4日の2日間、東京モノレール浜松町駅構内と、羽田空港売店にて1134円で販売された(文化放送の周波数が1134kHzであることから)。斉藤一美 ラジオかぶりつき フレッシュアイペディアより)

  • 白石焼

    白石焼から見た駅弁駅弁

    しかし明治維新によって藩政が崩壊し、後ろ盾を失った白石焼は急速に衰えを見せた。中国風の作品を作ってみたり、有田焼(伊万里焼)のように輸出を睨んだ大量生産を試みたりしたが、いずれも空回りした。そして1902年(明治35年)には磁器産業は廃絶した。その後は陶器だけを焼き続け、土鍋、火鉢、水甕、植木鉢などの生活雑器を焼くことで凌いでいったといわれる。また、駅弁と一緒に売られていた茶器(汽車瓶)もほぼ独占的なシェアを持っていたという。最盛期には60軒あった窯元も年月と共に減少していき、2011年現在では4軒の窯場が残る。窯場は閑散とした竹林沿いにあり普段はひっそりしているが、毎年9月に行われる陶器市の頃は多くの観光客で賑わいを見せる。白石焼 フレッシュアイペディアより)

  • ファミリーレールフェア

    ファミリーレールフェアから見た駅弁駅弁

    鉄道部品、鉄道グッズ、バスグッズ、駅弁の販売ファミリーレールフェア フレッシュアイペディアより)

  • かにめし

    かにめしから見た駅弁駅弁

    一部のかにめしでは、飯を炊く際には蟹の内子や外子、いわゆる蟹味噌といった部位を含む甲羅全体をいれ、蟹の風味や旨味を飯に染み込ませる。これは蟹を捕獲する漁師の家庭でしばしば用いられていた料理法で、日本海側の漁師町の郷土料理にもなっている。加えて、これらの蟹を名産とする地方では、地元の名産品として駅弁となっていることが多い。かにめし フレッシュアイペディアより)

325件中 31 - 40件表示

「駅弁・空弁・速弁」のニューストピックワード