325件中 61 - 70件表示
  • 氏家待合所

    氏家待合所から見た駅弁駅弁

    氏家待合所(うじいえまちあいしょ)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)厚岸駅前で営業する駅弁調製業者。有限会社。「かきめし」で有名。氏家待合所 フレッシュアイペディアより)

  • きらきらうえつ

    きらきらうえつから見た駅弁当駅弁

    新潟駅の駅弁を販売している新発田三新軒製造の弁当を車内で販売。きらきらうえつ フレッシュアイペディアより)

  • 近江牛

    近江牛から見た駅弁駅弁

    近江牛を扱う駅弁には、「食べ物の恨みは恐ろしい」とのキャッチコピーが書かれている。これは、近江牛を楽しみにしていた水戸藩士が、江戸幕府への近江牛の献上を断った近江彦根藩藩主・井伊直弼を恨んで桜田門外の変で討った、とする俗説に基いている。近江牛 フレッシュアイペディアより)

  • ぷりぷり県

    ぷりぷり県から見た駅弁駅弁

    ぷりぷり駅名物だがあまり人気がない。一日5個限定生産だが、デパートの駅弁大会には出展されており、また販路を県内の急行停車駅に広げる計画もあるらしい。調製元の主人がガガーリンのファンであったためこの名がある。ご飯の上にゴーゴー川特産の青のりで「地球は青かった」と書かれている。ぷりぷり県 フレッシュアイペディアより)

  • 深川めし

    深川めしから見た駅弁駅弁

    少し丁寧に作るにはアサリを他の具(長葱・油揚げなど)とともに醤油などで味付けをして煮る。その煮汁を加えて飯を炊き、炊き上がったら具を戻してかきまぜる。炊き込みご飯ではあるが、アサリそのものをご飯と一緒に炊き込むわけではない。2000年前後から増え始めた深川めし屋の多くは炊き込みタイプである。NRE大増とJR東海パッセンジャーズが駅弁として発売しているのは、このタイプの深川めしである。深川めし フレッシュアイペディアより)

  • 冷食捜査官

    冷食捜査官から見た駅弁駅弁

    Orange Express (冷凍みかん、駅弁) - モーニング 2008年42号冷食捜査官 フレッシュアイペディアより)

  • 峠の釜めし

    峠の釜めしから見た駅弁駅弁

    峠の釜めし(とうげのかまめし)は、群馬県安中市松井田町にある「荻野屋」が製造・販売する駅弁である。峠の釜めし フレッシュアイペディアより)

  • 弁当の呪い

    弁当の呪いから見た駅弁駅弁

    千葉駅などで駅弁を販売する万葉軒が1996年、エースだった伊良部秀輝をモチーフとした「決め手はフォークだ!イラブ弁当」を発売して以降、千葉マリンスタジアムでは千葉ロッテの人気選手をモチーフにした弁当が発売されている。しかし「弁当が発売されると、モチーフとなった選手に何らかの不幸が降りかかる」といわれるようになった。弁当の呪い フレッシュアイペディアより)

  • 荻野屋

    荻野屋から見た駅弁駅弁

    株式会社荻野屋(おぎのや)は群馬県安中市松井田町に本店を置いて、おぎのやの名で駅弁「峠の釜めし」を製造・販売している業者である。関連会社に、サービスエリア内の飲食店やドライブインの運営を行う「株式会社おぎのやドライブイン」などがある。荻野屋 フレッシュアイペディアより)

  • 竹島紀元

    竹島紀元から見た駅弁駅弁

    肉類が受け付けられない体質であり、駅弁のメニューで肉料理しかなくやむを得ず食事を我慢するという描写が乗車ルポではしばしば見られた。竹島紀元 フレッシュアイペディアより)

325件中 61 - 70件表示

「駅弁・空弁・速弁」のニューストピックワード