325件中 81 - 90件表示
  • ホテルセンチュリーイカヤ

    ホテルセンチュリーイカヤから見た駅弁駅弁

    1901年(明治34年)に直江津駅での構内営業の許可を得て以来、2008年まで駅弁の製造、販売を行っていた。末期には直江津駅での販売のほかに、観光バスの団体客を対象に上越インターチェンジや水族博物館、直江津港の佐渡汽船待合所など、上越市内の観光名所や立ち寄りポイントへの配達を行っていた。ホテルセンチュリーイカヤ フレッシュアイペディアより)

  • 鱒寿司

    鱒寿司から見た駅弁駅弁

    鱒寿司(ますずし)は、富山県の郷土料理。駅弁としても知られ、鱒(サクラマス)を用いて発酵させずに酢で味付けした押し寿司(早ずし)の一種。表記は必ずしも一定せず、ます寿し、ますの寿し、鱒の寿司などとされることも多いが、すべて同様のものを指している。鱒寿司 フレッシュアイペディアより)

  • 福隆駅

    福隆駅から見た駅弁駅弁

    福隆駅(ふくりゅうえき)は台湾新北市貢寮区にある台湾鉄路管理局宜蘭線の駅である。本駅は砂浜と駅弁によって知られており、列車が到着する度に駅弁売りの声を聞く事が出来る。福隆駅 フレッシュアイペディアより)

  • 池上駅 (台東県)

    池上駅 (台東県)から見た駅弁駅弁

    池上駅(ちじょうえき)は台湾台東県池上郷にある台湾鉄路管理局台東線の駅である。池上弁当(駅弁)の発祥地として知られている。池上駅 (台東県) フレッシュアイペディアより)

  • 礁渓駅

    礁渓駅から見た駅弁駅弁

    ホーム上では駅弁を販売している。礁渓駅 フレッシュアイペディアより)

  • 貢寮駅

    貢寮駅から見た駅弁駅弁

    駅弁を販売している。貢寮駅 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野鶏めし

    吉野鶏めしから見た駅弁駅弁

    おにぎりや鶏めしの素などの形で、九州地方を中心としたデパート、スーパー等で販売されている。また、おにぎりに若干のおかずを加えた駅弁は、大分駅、別府駅、博多駅をはじめ、首都圏の東京駅、上野駅などでも売られている。吉野鶏めし フレッシュアイペディアより)

  • とりめし (野辺地駅)

    とりめし (野辺地駅)から見た駅弁駅弁

    とりめしは、青森県上北郡野辺地町にある青い森鉄道青い森鉄道線野辺地駅で販売している駅弁である。製造はウェルネス伯養軒青森支店。1952年に誕生した。とりめし (野辺地駅) フレッシュアイペディアより)

  • 豚骨料理

    豚骨料理から見た駅弁駅弁

    豚骨料理は薩摩藩の武士たちが、戦場や狩場で作ったのが始まりとされる豪快な郷土料理であり、鹿児島県の居酒屋等で大抵メニューにある一般的な料理となっている。また鹿児島中央駅ではこれを用いた「豚骨弁当」がかつて名物駅弁として販売されていた。また西郷隆盛の大好物でもあったことが知られている。大久保利通のひ孫に当たる作家・英文学者の吉田健一は『私の食物誌』(中公文庫ほか)で「武骨に見え、繊細な料理」と紹介している。豚骨料理 フレッシュアイペディアより)

  • 幕の内弁当

    幕の内弁当から見た駅弁駅弁

    明治以降になってからは、幕の内弁当は駅弁の様式のひとつとして広まった。駅弁は容器の回収ができないことから、使い捨ての経木の折詰に盛る方法が広まった。ただし、幕の内弁当が弁当の典型的・代表的な存在であったことから、必ずしも「幕の内弁当」で呼ばれるとは限らず、単に「弁当」「御弁当」などと呼ばれることも多かった。駅弁は、20世紀末期から地方色が強いもの、特定の食材を重視したものなどへの傾斜を深めたが、幕の内も依然根強い人気がある。コンビニエンスストアなどでも多様な弁当が売られるようになったが、その中でも幕の内弁当は一定の勢力を維持している。幕の内弁当は、弁当界の本流である。幕の内弁当 フレッシュアイペディアより)

325件中 81 - 90件表示