前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
339件中 1 - 10件表示
  • 駅弁

    駅弁から見た東日本旅客鉄道

    この流れで、駅での販売よりも、駅以外の場所での販売が主力になった駅弁もあり、代表例として、ドライブイン・サービスエリアでの販売に重点を移したJR東日本信越本線横川駅の「峠の釜めし」、デパートなどでの販売に重点を移したものとしてJR北海道函館本線森駅の「いかめし」の例が挙げられる。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た京王百貨店

    この手の駅弁大会の元祖は、1953年(昭和28年)の高島屋大阪店が嚆矢であったが、全国的に有名にしたのは1966年(昭和41年)に京王百貨店新宿店で開催された「第1回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」であった。全国各地の有名駅弁業者を新宿に集め、その当地でしか食べられない駅弁が一同に集うというこのイベントは、当時としては非常に斬新であり大盛況となった。その後、駅弁大会は京王百貨店新宿店の1月恒例の一大イベントとして定着しており、(2016年)現在に至るまで盛り上がりを見せている。駅弁が旅先での一介の食事から、全国的知名度を持つ名物へと認知されるきっかけともなったイベントであった。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た北海道旅客鉄道

    この流れで、駅での販売よりも、駅以外の場所での販売が主力になった駅弁もあり、代表例として、ドライブイン・サービスエリアでの販売に重点を移したJR東日本信越本線横川駅の「峠の釜めし」、デパートなどでの販売に重点を移したものとしてJR北海道函館本線森駅の「いかめし」の例が挙げられる。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た光文社

    京王百貨店駅弁チーム(2001年). 『駅弁大会』, 光文社新書, 光文社. ISBN 4334031048駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た崎陽軒

    もう一方に、駅弁業者を発端として発展を遂げ、現在ではそれぞれの地域で最大級の食品製造企業となっている調製元がある。たとえば千葉駅の万葉軒・高崎駅の高崎弁当・横浜駅の崎陽軒・静岡駅の東海軒・敦賀駅の塩荘・神戸駅の淡路屋・広島駅の広島駅弁当などである。これらの調製元は出自として駅弁を守ってはいるものの、売上げ規模などの実態としてはすでに第一義に駅弁調製業者というのは不適切であり、地域の中核食品企業(外食産業)とでも呼ぶべき存在になっている。たとえば塩荘は日産25000食の供給能力を持つとしており、広島駅弁当に至ってはイベントの際に日産48000食を供給したという実績を持っているほどである。これらの業者は駅弁だけではなく、道の駅や高速道路のサービスエリアの弁当や空港の弁当(空弁)、デパートの地下食品フロアなどにも進出しているほか、その地域のコンビニ弁当・スーパーマーケットの弁当などの製造、レストランや飲食店まで手がけている場合がある。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た集英社

    林順信、小林しのぶ共著 『駅弁学講座』(集英社[集英社新書] / ISBN 4087200523)駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た高島屋

    この手の駅弁大会の元祖は、1953年(昭和28年)の高島屋大阪店が嚆矢であったが、全国的に有名にしたのは1966年(昭和41年)に京王百貨店新宿店で開催された「第1回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」であった。全国各地の有名駅弁業者を新宿に集め、その当地でしか食べられない駅弁が一同に集うというこのイベントは、当時としては非常に斬新であり大盛況となった。その後、駅弁大会は京王百貨店新宿店の1月恒例の一大イベントとして定着しており、(2016年)現在に至るまで盛り上がりを見せている。駅弁が旅先での一介の食事から、全国的知名度を持つ名物へと認知されるきっかけともなったイベントであった。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た中日本高速道路

    速弁(はやべん) - 中日本高速道路のサービスエリアで売られている弁当駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見たコンビニエンスストア

    かつては停車中に立売りの売り子を窓近くへ呼んで窓越しに購入する方法が主流であったが、現在は窓が開閉できない鉄道車両が増えたために窓越しの受け渡しができなくなったことに加え、列車の高速化による停車時間の短縮、目的地への移動時間の短縮、コンビニエンスストアならびにキヨスク(キオスク)の廉価な弁当との競合、駅構内での飲食店の充実(いわゆる「駅ナカ」)、優等列車での車内販売の縮小・廃止などによって駅構内や車内販売での駅弁の売上は減少する傾向にあり、業者の撤退・廃業も珍しくない。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た時刻表

    ただ、駅構内からは撤退したものの、その後も駅の外(本店)では弁当店や飲食店として営業を継続しているケースとして、日立駅の海華軒、木更津駅の浜屋、亀山駅のいとう弁当店などがある(ただ、これらのケースでは時刻表に弁当マークや弁当案内などの記載などはない)。駅弁 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
339件中 1 - 10件表示

「駅弁・空弁・速弁」のニューストピックワード