249件中 91 - 100件表示
  • 駅弁

    駅弁から見た信越本線

    高崎弁当が自説として1884年に高崎駅でおにぎり弁当を発売したと述べているもの。一般的には高崎弁当の販売開始は信越線開通の横川駅での駅弁販売開始に続く1886年3月だったと言われている。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た鳥栖駅

    かしわめし弁当(折尾駅・小倉駅・鳥栖駅・都城駅ほか)駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た空港

    駅構内で販売される実用的な食事という枠を飛び越え地域の特産品などを盛り込んだ郷土色溢れる弁当としての発展を目指すという方向性が駅弁のひとつの流れとなっている。それらはドライブインやサービスエリア、デパート、インターネット等による通信販売などでの販売などに販路を広げている。また、駅弁業者が駅弁と同一の商品を近隣の空港で空弁(そらべん)として販売する例もある。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た日立駅

    一方に、駅弁専業あるいは駅近隣の旅館などの内職として作られ続けてきた駅弁がある。それらの調製元は小規模零細の業者がほとんどであり、衰退傾向にある。近年に駅弁から撤退した業者、あるいは廃業した業者のほとんどは、こちらのカテゴリーに属する。2010年、大都市である大阪駅などで営業していた水了軒が事業停止・破産に追い込まれているほか、九州新幹線全線開業前の2010年12月31日で駅弁の駅売りを終了して事業停止・破産した博多駅の寿軒や2009年に事業停止した水戸駅の鈴木屋(2010年に廃業)などがこれに該当する。ただ、駅構内からは撤退したものの、その後も駅の外(本店)では弁当店や飲食店として営業を継続しているケースとして、日立駅の海華軒、木更津駅の浜屋、亀山駅のいとう弁当店などがある(ただ、これらのケースでは時刻表に弁当マークや弁当案内などの記載などはない)。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た小淵沢駅

    汽車土瓶は重量があり破損しやすいために後にポリ容器入りにとって代わる事となるが、現在も汽車土瓶入りの煎茶は小淵沢駅など一部で販売されているほか、近年でも復刻の形で駅弁とともに期間限定で販売されることもある。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た千葉駅

    もう一方に、駅弁業者を発端として発展を遂げ、現在ではそれぞれの地域で最大級の食品製造企業となっている調製元がある。たとえば千葉駅の万葉軒・高崎駅の高崎弁当・横浜駅の崎陽軒・静岡駅の東海軒・敦賀駅の塩荘・神戸駅の淡路屋・広島駅の広島駅弁当などである。これらの調製元は出自として駅弁を守ってはいるものの、売上げ規模などの実態としてはすでに第一義に駅弁調製業者というのは不適切であり、地域の中核食品企業(外食産業)とでも呼ぶべき存在になっている。たとえば塩荘は日産25000食の供給能力を持つとしており、広島駅弁当に至ってはイベントの際に日産48000食を供給したという実績を持っているほどである。これらの業者は駅弁だけではなく、高速道路のサービスエリアの弁当や空港の弁当(空弁)、デパートの地下食品フロアなどにも進出しているほか、その地域のコンビニ弁当・スーパーマーケットの弁当などの製造、レストランや飲食店まで手がけている場合がある。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た博多駅

    鉄道会社がイベントの客寄せに使う例もある。博多駅のように周辺地域(博多駅の場合は九州内全域)の人気駅弁を取り寄せて販売する売店があり、周囲の駅のイベントの際はその場所まで出張販売する例もある。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た神戸駅 (兵庫県)

    もう一方に、駅弁業者を発端として発展を遂げ、現在ではそれぞれの地域で最大級の食品製造企業となっている調製元がある。たとえば千葉駅の万葉軒・高崎駅の高崎弁当・横浜駅の崎陽軒・静岡駅の東海軒・敦賀駅の塩荘・神戸駅の淡路屋・広島駅の広島駅弁当などである。これらの調製元は出自として駅弁を守ってはいるものの、売上げ規模などの実態としてはすでに第一義に駅弁調製業者というのは不適切であり、地域の中核食品企業(外食産業)とでも呼ぶべき存在になっている。たとえば塩荘は日産25000食の供給能力を持つとしており、広島駅弁当に至ってはイベントの際に日産48000食を供給したという実績を持っているほどである。これらの業者は駅弁だけではなく、高速道路のサービスエリアの弁当や空港の弁当(空弁)、デパートの地下食品フロアなどにも進出しているほか、その地域のコンビニ弁当・スーパーマーケットの弁当などの製造、レストランや飲食店まで手がけている場合がある。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見たサービスエリア

    駅構内で販売される実用的な食事という枠を飛び越え地域の特産品などを盛り込んだ郷土色溢れる弁当としての発展を目指すという方向性が駅弁のひとつの流れとなっている。それらはドライブインやサービスエリア、デパート、インターネット等による通信販売などでの販売などに販路を広げている。また、駅弁業者が駅弁と同一の商品を近隣の空港で空弁(そらべん)として販売する例もある。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た稲荷寿司

    台湾では「」と呼ばれる各地の鉄道駅や列車の車内販売で販売される弁当があり、スペアリブ(骨付きの豚ばら肉)の料理が白飯の上に載ったもの()に卵料理を添えたものなど飯と肉料理、卵料理による弁当が一般的でありほかには日本の食文化の影響で稲荷寿司や海苔巻といった寿司による弁当も販売されている。このような弁当は駅により多少の違いはあるがどの駅でも大きな差異はなく比較的画一的で、日本の駅弁ほどには多種多様ではない。しかしながら、東部幹線の主要駅を中心に立ち売りも見られることは特徴的と言えよう。駅弁 フレッシュアイペディアより)

249件中 91 - 100件表示