249件中 21 - 30件表示
  • 駅弁

    駅弁から見た弁当

    駅弁(えきべん)とは鉄道駅や列車内で販売されている鉄道旅客向け弁当のことで、明治18年(1885年)に栃木県の宇都宮駅で販売されたおにぎりが初例である。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た百貨店

    駅構内で販売される実用的な食事という枠を飛び越え地域の特産品などを盛り込んだ郷土色溢れる弁当としての発展を目指すという方向性が駅弁のひとつの流れとなっている。それらはドライブインやサービスエリア、デパート、インターネット等による通信販売などでの販売などに販路を広げている。また、駅弁業者が駅弁と同一の商品を近隣の空港で空弁(そらべん)として販売する例もある。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見たおにぎり

    駅弁(えきべん)とは鉄道駅や列車内で販売されている鉄道旅客向け弁当のことで、明治18年(1885年)に栃木県の宇都宮駅で販売されたおにぎりが初例である。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見たイベント

    デパート・スーパーマーケットなどで全国の有名駅弁を集めて販売するイベント、いわゆる「駅弁大会」は人気が高く入荷してから短時間に売り切れることが多い。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見たいかめし

    この流れで、駅での販売よりも、駅以外の場所での販売が主力になった駅弁もあり、代表例として、ドライブイン・サービスエリアでの販売に重点を移したJR東日本信越本線横川駅の「峠の釜めし」、デパートなどでの販売に重点を移したものとしてJR北海道函館本線森駅の「いかめし」の例が挙げられる。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た神戸市

    特殊な装置のある弁当の例としては、1988年に神戸市の「淡路屋」が化学メーカーと組んで開発した生石灰と水の反応熱を使用した加熱装置を組み込み、食べる前に紐を引いて加熱する駅弁を売り出した例がある。この加熱装置付き駅弁は淡路屋だけでも現在6種類が発売されており、また駅弁業者のグループを通じて利用を呼びかけた事から淡路屋以外にも追随した業者がある。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た時刻表

    一方に、駅弁専業あるいは駅近隣の旅館などの内職として作られ続けてきた駅弁がある。それらの調製元は小規模零細の業者がほとんどであり、衰退傾向にある。近年に駅弁から撤退した業者、あるいは廃業した業者のほとんどは、こちらのカテゴリーに属する。2010年、大都市である大阪駅などで営業していた水了軒が事業停止・破産に追い込まれているほか、九州新幹線全線開業前の2010年12月31日で駅弁の駅売りを終了して事業停止・破産した博多駅の寿軒や2009年に事業停止した水戸駅の鈴木屋(2010年に廃業)などがこれに該当する。ただ、駅構内からは撤退したものの、その後も駅の外(本店)では弁当店や飲食店として営業を継続しているケースとして、日立駅の海華軒、木更津駅の浜屋、亀山駅のいとう弁当店などがある(ただ、これらのケースでは時刻表に弁当マークや弁当案内などの記載などはない)。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た通信販売

    近年では、インターネット等による駅弁の通信販売を取り扱っている業者もある(低温で配送できるクール宅配便の登場による)。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た緑茶

    しかしビニール容器入りの煎茶も1980年代末期以降、販売時にお湯を用意する必要のない缶入りやペットボトルの烏龍茶や緑茶が普及したため少なくなり2000年代現在ではあまり見られなくなった。現在では駅弁とともに売られるお茶は、ビニール容器入りから大手メーカーのペットボトルや缶入りのお茶にほぼ取って代わられたといえる。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見たカレー

    東南アジア・南アジアの鉄道駅構内や車内販売ではタイでは飯の上に肉料理と目玉焼きの載ったもの、混ぜご飯などの弁当が小さなちりれんげを付けて販売され、ベトナムでもちまきなどが販売されインドでもカレーに飯やナンなどのパン類を合わせた食事セットが鉄道駅で販売されるがいずれの国でも日本のようにこれらを「駅弁」として特別視する文化・意識は特にないようである。駅弁 フレッシュアイペディアより)

249件中 21 - 30件表示