249件中 71 - 80件表示
  • 駅弁

    駅弁から見たみかど (企業)

    鰊みがき弁当(函館駅)みかど(株)函館支店駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た水了軒

    一方に、駅弁専業あるいは駅近隣の旅館などの内職として作られ続けてきた駅弁がある。それらの調製元は小規模零細の業者がほとんどであり、衰退傾向にある。近年に駅弁から撤退した業者、あるいは廃業した業者のほとんどは、こちらのカテゴリーに属する。2010年、大都市である大阪駅などで営業していた水了軒が事業停止・破産に追い込まれているほか、九州新幹線全線開業前の2010年12月31日で駅弁の駅売りを終了して事業停止・破産した博多駅の寿軒や2009年に事業停止した水戸駅の鈴木屋(2010年に廃業)などがこれに該当する。ただ、駅構内からは撤退したものの、その後も駅の外(本店)では弁当店や飲食店として営業を継続しているケースとして、日立駅の海華軒、木更津駅の浜屋、亀山駅のいとう弁当店などがある(ただ、これらのケースでは時刻表に弁当マークや弁当案内などの記載などはない)。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見たアベ鳥取堂

    元祖かに寿し(鳥取駅)アベ鳥取堂駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た私鉄

    かつての国鉄では、駅改札内での弁当の販売は中央会加盟業者に対してしか認めていなかった。しかし国鉄が分割民営化されJRとなって以降、中央会非加盟の業者にも駅構内での販売を認めるようになったことから「駅構内で販売される弁当」と「中央会」とが必ずしも結びつかなくなった。新規業者の参入のほか既存の業者が中央会を脱退した上で引き続き駅構内での販売を行っている例もあり、「中央会に所属」「駅弁マークがついていること」は条件とはできなくなった。これは駅弁は調製から購入・消費までにタイムラグがあるため、食中毒の防止などを目的として調製方法などにさまざまな厳しい要求があったこととも関係する。製造から4時間以内で売り切らねばならないという規制はO-bentoの登場とともに廃止された。また、もともと私鉄の駅構内で販売される弁当については中央会は(JR駅でも販売している業者を除いて)関係ない。そして、もっぱら私鉄の駅でのみ販売されている駅弁も存在する。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見たデリカスイト

    八角弁当(新大阪駅)デリカスイト・ジェイアール東海パッセンジャーズ駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た源 (食品製造会社)

    ますのすし・ぶりのすし(富山駅)駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た三好野本店

    桃太郎の祭り寿司(岡山駅)三好野本店駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見たウェルネス伯養軒

    青森味づくし(青森駅)ウェルネス伯養軒駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た空弁

    駅構内で販売される実用的な食事という枠を飛び越え地域の特産品などを盛り込んだ郷土色溢れる弁当としての発展を目指すという方向性が駅弁のひとつの流れとなっている。それらはドライブインやサービスエリア、デパート、インターネット等による通信販売などでの販売などに販路を広げている。また、駅弁業者が駅弁と同一の商品を近隣の空港で空弁(そらべん)として販売する例もある。駅弁 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁

    駅弁から見た高崎駅

    高崎弁当が自説として1884年に高崎駅でおにぎり弁当を発売したと述べているもの。一般的には高崎弁当の販売開始は信越線開通の横川駅での駅弁販売開始に続く1886年3月だったと言われている。駅弁 フレッシュアイペディアより)

249件中 71 - 80件表示