69件中 31 - 40件表示
  • 駒野友一

    駒野友一から見たサッカーガーナ代表

    2004年8月18日、アテネ五輪ガーナ戦で左鎖骨を骨折、同年9月21日ブドウ膜炎をおこし失明の危機まであったが軽症で済んだ。2005年には本調子を取り戻し佐藤寿人とのコンビでチャンスを量産、右SBながら9アシストという数字を残した。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たサッカーパラグアイ代表

    イビチャ・オシムが日本代表監督になってからも左サイドバックおよびセンターバックのポジションで継続して招集されたが、オシムが倒れたのちに就任した岡田武史監督の元では内田篤人や長友佑都ら若手選手の台頭によって徐々に出場機会が減っていた。2010年6月に開催された2010 FIFAワールドカップでは、大会直前に行われた強化試合コートジボワール戦でスタメン出場をしていた今野泰幸が負傷したため、その後はレギュラーとしてプレーし、本大会のグループリーグ3試合と決勝トーナメント1試合の合計4試合全てで右サイドバックとしてスタメン出場を果たし日本の決勝トーナメント進出に貢献した。決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦では、相手陣内深いエリアまで上がり再三クロスを上げるなどチャンスを演出し、パラグアイに押し込まれた時間帯には体を張った守備でピンチの芽を摘むなど豊富な運動量でチームの完封に貢献した。延長戦を経ても0-0のままパラグアイの先攻でPK戦に入り、3人目のキッカーを任されたがシュートがバーに当たり失敗。5-3となり試合に敗れ、日本代表初のベスト8進出はならなかった。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たジェフユナイテッド市原・千葉

    小学生のころはFWで中学2年生のときにアウトサイドに転向。中学3年生時に地元初芝橋本高等学校、ガンバ大阪ユース、ジェフユナイテッド市原ユース、サンフレッチェ広島ユースからオファーがあった。そのうち、初芝橋本高は練習に参加したが私立高校のため、G大阪ユースは地元和歌山から通いになるため、どちらも経済的理由から断念。市原ユースの練習に参加したが、体調不良からセレクションに不合格、もう一度テストに来るよう誘われたが断りを入れ、1997年広島ユースへ入団した。ちなみに、広島ユースに入る直前に父親を亡くしている。ユース時代からウイングバックとして活躍し、高校3年次には同級生の森崎和幸・浩司兄弟とともに2種登録選手になった。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たJリーグカップ

    2003年8月16日対横浜FC戦で左膝前十字靭帯を損傷。手術後の入院中に突然エコノミークラス症候群にかかり生命の危機に陥った。懸命なリハビリを続け、2004年4月29日ナビスコカップ対横浜FM戦で復帰した。駒野不在の間、広島の右サイドのレギュラーに定着した選手はいなかった。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見た横浜FC

    2003年8月16日対横浜FC戦で左膝前十字靭帯を損傷。手術後の入院中に突然エコノミークラス症候群にかかり生命の危機に陥った。懸命なリハビリを続け、2004年4月29日ナビスコカップ対横浜FM戦で復帰した。駒野不在の間、広島の右サイドのレギュラーに定着した選手はいなかった。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見た初芝橋本高等学校

    小学生のころはFWで中学2年生のときにアウトサイドに転向。中学3年生時に地元初芝橋本高等学校、ガンバ大阪ユース、ジェフユナイテッド市原ユース、サンフレッチェ広島ユースからオファーがあった。そのうち、初芝橋本高は練習に参加したが私立高校のため、G大阪ユースは地元和歌山から通いになるため、どちらも経済的理由から断念。市原ユースの練習に参加したが、体調不良からセレクションに不合格、もう一度テストに来るよう誘われたが断りを入れ、1997年広島ユースへ入団した。ちなみに、広島ユースに入る直前に父親を亡くしている。ユース時代からウイングバックとして活躍し、高校3年次には同級生の森崎和幸・浩司兄弟とともに2種登録選手になった。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たデオデオ

    デオデオ (2006年 - 2007年) 下田崇との共演、広島限定駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たアテネオリンピック (2004年) におけるサッカー競技

    2004年8月18日、アテネ五輪ガーナ戦で左鎖骨を骨折、同年9月21日ブドウ膜炎をおこし失明の危機まであったが軽症で済んだ。2005年には本調子を取り戻し佐藤寿人とのコンビでチャンスを量産、右SBながら9アシストという数字を残した。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見た広島県立吉田高等学校

    駒野 友一(こまの ゆういち、1981年7月25日 - )は、和歌山県海南市出身のサッカー選手。日本代表。ジュビロ磐田所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。広島県立吉田高等学校卒業。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見た2010 FIFAワールドカップ・決勝トーナメント

    イビチャ・オシムが日本代表監督になってからも左サイドバックおよびセンターバックのポジションで継続して招集されたが、オシムが倒れたのちに就任した岡田武史監督の元では内田篤人や長友佑都ら若手選手の台頭によって徐々に出場機会が減っていた。2010年6月に開催された2010 FIFAワールドカップでは、大会直前に行われた強化試合コートジボワール戦でスタメン出場をしていた今野泰幸が負傷したため、その後はレギュラーとしてプレーし、本大会のグループリーグ3試合と決勝トーナメント1試合の合計4試合全てで右サイドバックとしてスタメン出場を果たし日本の決勝トーナメント進出に貢献した。決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦では、相手陣内深いエリアまで上がり再三クロスを上げるなどチャンスを演出し、パラグアイに押し込まれた時間帯には体を張った守備でピンチの芽を摘むなど豊富な運動量でチームの完封に貢献した。延長戦を経ても0-0のままパラグアイの先攻でPK戦に入り、3人目のキッカーを任されたがシュートがバーに当たり失敗。5-3となり試合に敗れ、日本代表初のベスト8進出はならなかった。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

69件中 31 - 40件表示

「駒野友一」のニューストピックワード