69件中 51 - 60件表示
  • 駒野友一

    駒野友一から見たミッドフィールダー

    駒野 友一(こまの ゆういち、1981年7月25日 - )は、和歌山県海南市出身のサッカー選手。日本代表。ジュビロ磐田所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。広島県立吉田高等学校卒業。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たサッカーのポジション

    駒野 友一(こまの ゆういち、1981年7月25日 - )は、和歌山県海南市出身のサッカー選手。日本代表。ジュビロ磐田所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。広島県立吉田高等学校卒業。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たブドウ膜炎

    2004年8月18日、アテネ五輪ガーナ戦で左鎖骨を骨折、同年9月21日ブドウ膜炎をおこし失明の危機まであったが軽症で済んだ。2005年には本調子を取り戻し佐藤寿人とのコンビでチャンスを量産、右SBながら9アシストという数字を残した。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たパナソニックエナジー洲本サッカー部

    実弟の森川祐輝(旧姓・駒野)は、関西サッカーリーグ1部のパナソニックエナジー洲本サッカー部(旧:三洋電機洲本サッカー部)所属選手である。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見た東アジアサッカー選手権2005

    A代表には、2005年東アジア選手権で怪我の三浦淳宏に代わり初招集され、8月3日の中国戦で代表デビュー。その後も2006年には2006 FIFAワールドカップ日本代表に選出された。これは追加招集された茂庭照幸と共に「アテネ世代」からの数少ない選出メンバーであった。レギュラーであった加地亮のバックアップと両サイドをこなせるユーティリティ性を買われての選出だったが、加地の負傷により本大会初戦のオーストラリア戦では先発メンバーに起用された。この試合では同点に追いつかれた直後にペナルティエリア内でドリブルを仕掛けてディフェンダーに倒され、あわや追加点となるチャンスを作った。FIFAの審判委員会はのちにPKに値するプレイだったと誤審を認めている。加地が負傷から復帰した第二戦以降は控えに回った。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見た靭帯

    2003年8月16日対横浜FC戦で左膝前十字靭帯を損傷。手術後の入院中に突然エコノミークラス症候群にかかり生命の危機に陥った。懸命なリハビリを続け、2004年4月29日ナビスコカップ対横浜FM戦で復帰した。駒野不在の間、広島の右サイドのレギュラーに定着した選手はいなかった。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たディフェンダー (サッカー)

    駒野 友一(こまの ゆういち、1981年7月25日 - )は、和歌山県海南市出身のサッカー選手。日本代表。ジュビロ磐田所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。広島県立吉田高等学校卒業。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見た谷間世代

    A代表には、2005年東アジア選手権で怪我の三浦淳宏に代わり初招集され、8月3日の中国戦で代表デビュー。その後も2006年には2006 FIFAワールドカップ日本代表に選出された。これは追加招集された茂庭照幸と共に「アテネ世代」からの数少ない選出メンバーであった。レギュラーであった加地亮のバックアップと両サイドをこなせるユーティリティ性を買われての選出だったが、加地の負傷により本大会初戦のオーストラリア戦では先発メンバーに起用された。この試合では同点に追いつかれた直後にペナルティエリア内でドリブルを仕掛けてディフェンダーに倒され、あわや追加点となるチャンスを作った。FIFAの審判委員会はのちにPKに値するプレイだったと誤審を認めている。加地が負傷から復帰した第二戦以降は控えに回った。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たAFCユース選手権2000

    AFCユース選手権2000(イラン)(2000年)駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たPK戦

    イビチャ・オシムが日本代表監督になってからも左サイドバックおよびセンターバックのポジションで継続して招集されたが、オシムが倒れたのちに就任した岡田武史監督の元では内田篤人や長友佑都ら若手選手の台頭によって徐々に出場機会が減っていた。2010年6月に開催された2010 FIFAワールドカップでは、大会直前に行われた強化試合コートジボワール戦でスタメン出場をしていた今野泰幸が負傷したため、その後はレギュラーとしてプレーし、本大会のグループリーグ3試合と決勝トーナメント1試合の合計4試合全てで右サイドバックとしてスタメン出場を果たし日本の決勝トーナメント進出に貢献した。決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦では、相手陣内深いエリアまで上がり再三クロスを上げるなどチャンスを演出し、パラグアイに押し込まれた時間帯には体を張った守備でピンチの芽を摘むなど豊富な運動量でチームの完封に貢献した。延長戦を経ても0-0のままパラグアイの先攻でPK戦に入り、3人目のキッカーを任されたがシュートがバーに当たり失敗。5-3となり試合に敗れ、日本代表初のベスト8進出はならなかった。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「駒野友一」のニューストピックワード