骨の健康 ニュース&Wiki etc.

骨(ほね, 英:bone)とは、脊椎動物において骨格を構成する、リン酸カルシウムを多分に含んだ硬い組織。 (出典:Wikipedia)

「骨の健康」Q&A

  • Q&A

    2ヶ月ほど前に事故で前歯を失いました。 二ヶ月ほど前に自転車で思いっきり転けて顔面強…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月11日 23:29

  • Q&A

    皮膚癌ステージ4について。姉の旦那さんが皮膚癌ステージ4と診断され、医師ははっきりと…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月7日 16:29

  • Q&A

    この場所に大量に出現しているアルバイトの原発推進派工作員がどんなに妨害を仕掛けても、…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年1月7日 02:37

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「骨」のつながり調べ

  • 象嵌

    象嵌から見た

    象は「かたどる」、嵌は「はめる」と言う意味がある。象嵌本来の意味は、一つの素材に異質の素材を嵌め込むと言う意味で金工象嵌、木工象嵌、陶象嵌等がある。その中の金工象嵌は、シリアのダマスカスで生まれ、シルクロード経由で飛鳥時代に日本に伝わったとされる。江戸時代には京都などに優れた職人が多数生まれ、日本刀の拵えや甲冑、鏡や根付、文箱、重箱などに腕を振るった。素材としては金属だけではなく、彩色した木材や骨片、貝殻、陶磁器なども用いられる。(象嵌 フレッシュアイペディアより)

  • アムールトラ

    アムールトラから見た

    アムールトラ1頭あたり1,000平方キロ(東京都の面積の半分)の森林が必要だとされるが、沿海地方では森林伐採が進みタイガの面積が30%も減少するなど、その生息地が脅かされている。また、トラのなどが高級酒の原料として高値で取引されているため、密猟も数多い。これらの原因で個体数は激減し、国際自然保護連合が発表しているレッドリストでも絶滅危惧種に指定され、対策が必要と指摘されている。ウラジオストク郊外のでは、地元住民がボランティアで、親と死別してさ迷う幼いアムールトラを保護飼育し、野生復帰を試みているものの、現状では厳しくサーカスなどに送られる個体も多い。(アムールトラ フレッシュアイペディアより)

「骨」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「骨の健康」のニューストピックワード