500件中 91 - 100件表示
  • ケラタン硫酸

    ケラタン硫酸から見た骨

    ケラタン硫酸(ケラタンりゅうさん、Keratan sulfate、KS)またはケラト硫酸(Keratosulfate)は、動物体の角膜、軟骨、に見られる硫酸グリコサミノグリカンである。他のグリコサミノグリカンと違い、ウロン酸を含んでおらず代わりにD-ガラクトースが含まれている。カール・メイヤーらのグループによって牛の角膜から1953年に初めて単離されたが、そのときはケラト硫酸と名付けられた。タンパク質との結合様式によってKS-IとKS-IIに分けられる。ケラタン硫酸 フレッシュアイペディアより)

  • 骨なし魚

    骨なし魚から見た骨

    骨なし魚(ほねなしさかな)とは、を抜いた魚及びその切り身のこと。骨なし魚 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙移民

    宇宙移民から見た骨

    他の場所と比較して、軌道は大量の利点と一つの重要な、しかし解決可能な問題を持っている。地球周辺の軌道には数時間で到達できるが、月には数日が、火星への旅行には何ヶ月もの時間がかかる。地球高軌道では太陽エネルギーは十分絶え間なく利用できるが、全ての惑星では少なくとも半分の太陽光は失われる。無重力下で巨大なコロニーを建設するのは重力下の環境の場合と比べてはるかに簡単である。宇宙飛行士は手で数トンの人工衛星を動かせることを示して見せた。0Gでのレクリエーションは軌道上のコロニーでは可能だが、月や火星の上では行えない。最後に(擬似)重力だが、どんな水準のものであれ、軌道上のコロニーを回転させることで制御できる。したがって、主な居住区を1Gに保つことができる、だが月は1/6Gで火星は1/3Gである。1Gはごく初期のコロニーでは特に重要で、これにより子供の強いと筋肉の成長が確実のものとなる。宇宙移民 フレッシュアイペディアより)

  • 細胞外マトリックス

    細胞外マトリックスから見た骨

    多細胞生物(動物、植物)の場合、細胞外の空間を充填する物質であると同時に骨格的役割(例:動物の軟骨や)、細胞接着における足場の役割(例:基底膜やフィブロネクチン)、細胞増殖因子などの保持・提供する役割(例:ヘパラン硫酸に結合する細胞増殖因子FGF)などを担う。植物における代表的な細胞外マトリックス成分は、セルロースである。細胞外マトリックス フレッシュアイペディアより)

  • 発泡金属

    発泡金属から見た骨

    発泡金属は動物への義肢の実験としても使われ始めている。この際、にドリルで穴を開け、成長した骨が挿入された発泡金属の中に入ることにより永続的に繋がる。整形外科では、タンタルとチタンによって作られた発泡金属が使われる。これは強度が高く、錆にも強く、生体組織にもなじみやすいからである。発泡金属 フレッシュアイペディアより)

  • コシチェイ

    コシチェイから見た骨

    スラヴ神話においてコシチェイ(カスチェイ)(, Koshchey, 異綴り:Koschei, , Kashchei, Kashchey, Kashchej, 波: Kościej)は醜い老人の姿をした悪人で、主に若い女性を襲う。「不死身のコシチェイ」()の二つ名で知られる。その名前は「」を意味する語(, 波: kość)に由来すると見られ、その骸骨の様な容貌を表す。コシチェイ フレッシュアイペディアより)

  • 畜産副産物

    畜産副産物から見た骨

    日本畜産副産物協会では、次のように定義している。生体から枝肉を採取した残り、および枝肉から除かれた骨が副産物であり、副産物から原皮を除いたものが副生物である。副生物は、頭、、血液、脂肪、内臓などが該当する。また、副生物は可食臓器類と非可食臓器類に分類される。可食臓器類についてはもつを参照。畜産副産物 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た骨

    出土した動物のの7割弱がノウサギとムササビの骨であり、縄文人がノウサギやムササビの肉を食料としていたと推察でき、彼らの食生活の一端を伺い知ることができる。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • バカラオ

    バカラオから見た骨

    この方法で保存すると、ココチャス(kokotxas、喉肉)などの肉、卵、、肝臓、浮き袋など料理に使える多くの部分を取り除くことになる。塩漬けで数ヶ月乾燥させると三角形の平らな形となり、持ち運びが楽になるとともに、少ない量であれば重ねて積むこともできる。バカラオ フレッシュアイペディアより)

  • 筋学

    筋学から見た骨

    筋学(きんがく、、)は、解剖学のうち、運動器系における能動運動器である筋肉について系統的叙述を行う学問である。ただし、支配神経については神経解剖学、栄養血管については脈管学、受動運動器であるについては骨学、靱帯については靱帯学に於いてそれぞれ述べられる。主に骨に付着する筋肉を扱っており、内臓の筋肉については内臓学、感覚器の筋肉については感覚器学で述べられる。関節については骨学と重複することもある。筋学 フレッシュアイペディアより)

500件中 91 - 100件表示

「骨の健康」のニューストピックワード