573件中 11 - 20件表示
  • 耳

    から見た骨

    耳の外部に開かれた孔(外耳孔)と鼓膜の間にある約25mmの管状部分は外耳道という。外側から1/3は軟骨で、その奥の2/3はが周りを囲い、皮膚が覆う。形状はゆるやかなS字型に曲がっている。皮膚部分にはアポクリン腺という分泌を行う腺があり、この分泌物が耳垢となる。 フレッシュアイペディアより)

  • 占部大観堂製薬

    占部大観堂製薬から見た骨

    取扱品目は『黒胡麻にんにく』『の友』『クリーンアイ』『千年老醋』『田七人参』『醗酵黒にんにく老陳醋』『うらべの青汁』など。占部大観堂製薬 フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た骨

    カドミウムは人体にとって有害(腎臓機能に障害が生じ、それによりが侵される)で、日本ではカドミウムによる環境汚染で発生したイタイイタイ病が問題となった。またカドミウムとその化合物はWHOの下部機関IARCよりヒトに対して発癌性があると (Group1) 勧告されている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • おしゃぶり誘発顎顔面変形症

    おしゃぶり誘発顎顔面変形症から見た骨

    歯科医師は、歯列の不正を改善するために、歯列矯正治療を行う。この歯列矯正治療は、顎骨に植立している歯牙を移動して、歯列を改善する治療法であるが、歯牙を移動するために歯牙の植立している骨そのものを変形・移動させて治療しているのである。通常、歯牙を強い力で短時間押しても移動するものではないが、微弱な力を長時間・長期間、歯牙に加えることによって、そのものを変形させ、歯牙を移動することを可能としている。その微弱な力として歯科医師が利用するものには、細い針金の弾力、ゴム・シリコンの弾力と伸縮力、ばねの伸縮力、口唇・舌の圧力、咬合力等が挙げられる。また、歯牙が萠出するときは、わずかな力でその萠出方向を変えることが可能で、後戻りが少ないことや、成人の硬くなった顎よりも小児の柔らかい成長過程の顎の方が、歯牙の移動も早く矯正治療に向いているということは、広く知られている。おしゃぶりの素材として、ゴム・シリコン等が使われているが、当然これらには歯列矯正治療で使用するゴム・シリコンと同様の弾力・伸縮力がある。また新生児・乳幼児の顎は小児よりもさらに柔らかく、急激な成長過程の中にある。そのため、おしゃぶりの長時間使用によるゴム・シリコン等の弾力による矯正力は、新生児・乳幼児において劇的に作用し、急速に歯列・顎が変形する。さらには、おしゃぶりにより口唇と舌の筋力バランスが崩壊するため、口唇・舌等軟組織は偏位・変形し、また低位舌・異常嚥下癖等の悪習癖の獲得が起こり、成長ベクトルが変化してしまうのである。通常、舌の正しいポジションは、舌尖が上顎前歯のすぐ後ろに位置し、唾液を嚥下するたびに口蓋に密着する。舌の安静時圧と嚥下時圧は上顎骨と歯牙を前方・側方に押して上顎骨の成長を促している。一方、低位舌は舌尖の位置が低く、嚥下時に下顎前歯を裏側から押している状態である。本来、上顎骨の成長を助けるべき舌が上顎骨を前方・側方に押さないため、舌圧不足により上顎骨は成長不全・劣成長となり、上顎歯列弓が狭窄し、反対咬合となる。さらに、本来嚥下時に舌が押してはいけない下顎骨と下顎の歯牙を前方に押すため、過剰舌圧による下顎の過成長が起こり、下顎前突がさらに顕著となるのである。このように、おしゃぶりの使用を中止した後も、低位舌・異常嚥下癖等により、乳幼児の成長ベクトルが変化してしまい、さらに症状が悪化し治療を困難にするのである。乳歯列期の下顎前突が永久歯列期も下顎前突になる率は93.6%、乳歯列期の交叉咬合が永久歯列期も交叉咬合になる率はほぼ100%と言われている。おしゃぶり誘発顎顔面変形症 フレッシュアイペディアより)

  • カリエス

    カリエスから見た骨

    カリエス(・)とは脊椎を含む組織の結核菌による侵食などを指す医学用語である。カリエス フレッシュアイペディアより)

  • イガイ接着タンパク質

    イガイ接着タンパク質から見た骨

    イガイ接着タンパク質(イガイせっちゃくタンパクしつ、英: mussel adhesive protein:MAP、foot protein:Fp、別名: mefp-1、mgfp-1など)は、海洋生物のイガイが足糸(そくし、byssus)を出して海中の岩などに張り付くときの接着剤の主要成分である。20種類以上の類縁タンパク質がある。接着は水に耐性で、ガラス、プラスチック、金属、木材、、歯、他の化合物に接着する。しかも、無毒、生分解性、低抗原性なので、生体接着材料のミメティックス品として非常に魅力的である。イガイ接着タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • 管

    から見た骨

    生物にはこの構造を持ったものが多数あり、その多くは微小で見分けにくいが、目立つものは古くから道具として利用された。例えば竹筒、ワラ、などがこれに当たる。人工的にこのような構造を作るのは容易ではないが、金属やプラスチックなどの素材や、その加工技術の発達により、現在では様々なものが作られ、利用されている。 フレッシュアイペディアより)

  • エナメル質

    エナメル質から見た骨

    有機質について特徴的なこととして、象牙質やと異なり、エナメル質はコラーゲンを含まず、代わりにアメロゲニン、エナメリンなどのエナメルタンパクが含まれていることが挙げられる。これらの蛋白質の役割は完全には判明していないが、いくつかの機能の一つとして、エナメル質形成期の構造の形成を助けるという機能があると考えられており、アメロゲニン遺伝子の異常がエナメル質形成不全症を引き起こすことが分かっている。他に、脂質が有機質の半分を占めるほか、クエン酸・乳酸なども含まれている。エナメル質 フレッシュアイペディアより)

  • ビタミンD

    ビタミンDから見た骨

    から血中へカルシウムの放出を高める。ビタミンD フレッシュアイペディアより)

  • 関節リウマチ

    関節リウマチから見た骨

    関節炎が進行すると、関節そのものが変性してゆく。関節にある滑膜細胞の増殖(パンヌス)、軟骨の破壊とには糜爛が生じる。最終的には関節という構造物が破壊し尽くされ、骨と骨が直接接した強直という状態になる。こうなるともはや関節を動かすことはできない。そのかわり、炎症が起こる場であった滑膜が完全に破壊され消失してしまっている状態であるため、炎症も終息し痛みは感じない。また、逆に関節が破壊された結果だらんだらんになることもある。この場合ムチランス破壊と呼ばれる状態であるが強直よりもずっと頻度は低い。関節リウマチ フレッシュアイペディアより)

573件中 11 - 20件表示

「骨の健康」のニューストピックワード