573件中 21 - 30件表示
  • 狩猟

    狩猟から見た骨

    狩猟の最も本来的な目的は、食料や物資といった人間の個別集団の生活に不可欠な必需品を野生動物から獲得することにある。その目的となる食料や物資の典型例は、肉・皮革・油脂・羽毛・・牙である。その行われる地域も世界の各地で行われてきた。狩猟 フレッシュアイペディアより)

  • 鯨骨

    鯨骨から見た骨

    鯨骨(げいこつ、くじらほね、くじらぼね、英語名:whalebone)は、クジラの(硬骨および軟骨)、歯を指す言葉である。また、鉱物に置換されて化石化したもの(骨格化石、英語名:fossil whalebone)も慣習的に「骨」としてこれを含む。なお、鯨ひげは皮膚が変化したものであり、厳密には歯ではないので鯨骨には含まれない。鯨骨 フレッシュアイペディアより)

  • ナイフ

    ナイフから見た骨

    ハンティングナイフには、獣皮を切り裂く鋭い切れ味と、に当たっても関節に差し込んで筋を切っても折れたり欠けない丈夫さが求められる。これらの解体作業に当たっては、皮を剥いだり肉を切り出したりする用途毎に違うナイフを用いることもある。ガットフックは筋を切って解体を助け、スキナーは皮を剥ぐために刀身を薄く、形状は反り返り先端は鋭くなく作られている。また、これらのハンティングナイフには、血を被っても滑りにくく丈夫で握りやすい、柄の部分が必要である。ナイフ フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た骨

    がもろくなり、ほんの少しの身体の動きでも骨折してしまう。被害者は主に、出産経験のある中高年の女性であるが、男性の被害者も見られた。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • アラ

    アラから見た骨

    魚アラ(粗) - 魚のおろし身を取ったあとに残る頭部、、鰓やそれらに付着した肉アラ フレッシュアイペディアより)

  • 神経堤幹細胞

    神経堤幹細胞から見た骨

    神経堤幹細胞(しんけいていかんさいぼう、neural crest stem cell)は'神経堤組織形成の元となる幹細胞であり、多分化能(multipotency)、自己複製能(self-renewal)および遊走能(migration potential)を併せ持つ細胞と定義されている。神経堤(しんけいてい、neural crest)は、内胚葉、外胚葉、中胚葉に続く第四の胚葉と呼ばれる発生学上の組織である。 神経堤幹細胞は神経堤細胞である自律神経系の神経細胞や神経膠細胞、骨格の一部、腱や平滑筋、軟骨細胞、細胞、メラニン細胞(メラノサイト)、クロム親和性細胞、一部のホルモン産生細胞などへ分化することが推測されている。実験上は神経・グリア細胞・平滑筋への分化能力を保持することが検証済みである。神経堤幹細胞であるための条件としては単一の神経堤幹細胞が少なくとも3系統以上の細胞へ分化することが必要である。神経堤幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 石灰化嚢胞性歯原性腫瘍

    石灰化嚢胞性歯原性腫瘍から見た骨

    嚢胞様形態をとらず浸潤性増殖を示す。また、歯牙腫など他の歯原性腫瘍とよく合併する。前歯部に好発し、多くは内に生じる。20-30代に多い。石灰化嚢胞性歯原性腫瘍 フレッシュアイペディアより)

  • 顔面骨折

    顔面骨折から見た骨

    上3分の1の骨折は前額、前頭洞、鼻骨などを含み、その位置関係から脳挫傷、頭蓋内血腫、頭蓋底骨折、髄液鼻漏などの合併が多く発生する。の整復を行う場合はこれらの合併症を考慮した処置を十分に行った後で、もしくはそれと並行して行う必要がある。顔面骨折 フレッシュアイペディアより)

  • 膀胱虚

    膀胱虚から見た骨

    漢方医学では六腑のうち膀胱は五行思想で言う水を司る機能を指し、六臓で言えば腎、五官で言えば耳、五体で言えばや歯に相当するため膀胱の機能の低下は(西欧医学で言う膀胱の機能障害とは異なる)腹部の膨満などがあらわれるとされる。漢方医学では膀胱虚 フレッシュアイペディアより)

  • 膀胱実

    膀胱実から見た骨

    漢方医学では六腑のうち膀胱は五行思想で言う水を司る機能を指し、六臓で言えば腎、五官で言えば耳、五体で言えばや歯に相当するため膀胱の機能の亢進は(西欧医学で言う膀胱の機能障害とは異なる)おびえて冷汗をかく、神経が不安定などがあらわれるとされる。漢方医学では膀胱実 フレッシュアイペディアより)

573件中 21 - 30件表示

「骨の健康」のニューストピックワード