500件中 31 - 40件表示
  • 蹄骨

    蹄骨から見た骨

    蹄骨(ていこつ、または)は、前肢・後肢の末端に蹄を持つ哺乳動物の骨格を構成するのひとつ。四肢の最も体重の掛かる部分にある骨で、蹄の内側に内包されている。蹄骨 フレッシュアイペディアより)

  • 骨抜き

    骨抜きから見た骨

    骨抜き(ほねぬき)は、魚類のを挟んで抜くために用いる道具。魚類を加工・調理する際に骨を抜く用途に使われることが多く、加工工場や厨房で使用される。また研究用途として、生物の解剖にも使用される。ピンセット状の物からペンチ状の物まで各種あるが、一般にピンセットの一種に分類される。先端形状は平らになっており、骨を掴む用途に特化してある。骨は斜めに抜き取る。骨抜き フレッシュアイペディアより)

  • 内骨格

    内骨格から見た骨

    内骨格(ないこっかく)は骨格構造の一つ。外骨格の対義語として使われ、格を体内にもつ構造をさす。典型的な内骨格は、支持や運動性の面で外骨格より優れているので、主に大型動物がこの構造をとる。また、イカなど、平滑筋が運動器官を構成するものも、体を作る基礎として内骨格を持つ場合もある。内骨格 フレッシュアイペディアより)

  • 骨灰

    骨灰から見た骨

    骨灰(こつばい、こっかい)は、動物のからにかわ・脂質を除いたあと、高温で焼くことによって作られる、白い粉末状の灰。主成分はリン酸カルシウムである。骨灰 フレッシュアイペディアより)

  • 線維状タンパク質

    線維状タンパク質から見た骨

    線維状タンパク質は結合組織、腱、、骨格筋などを作っている。例としてはケラチン、コラーゲン、エラスチンなどがある。線維状タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • ボーンズ

    ボーンズから見た骨

    本来はで作られたため、この名がある。肋骨(または肋骨形の木、金属など)を2つ組み合わせ、打ち鳴らして音を出す。片手で指の間に挟んで持ち、一度に数回連続して打ち鳴らすことが多い。ボーンズ フレッシュアイペディアより)

  • オトガイ下動脈

    オトガイ下動脈から見た骨

    深枝は筋肉との間を走行し、口唇に栄養を供給し、下唇動脈や下歯槽動脈の枝であるオトガイ動脈と吻合する。オトガイ下動脈 フレッシュアイペディアより)

  • オッセオインテグレーション

    オッセオインテグレーションから見た骨

    オッセオインテグレーション()とは、チタンとが光学顕微鏡のレベルで直接的に一体化した状態の事。ラテン語で骨を表すosと英語で統合を表すintegrationからの造語。近年主流のデンタルインプラントにおける重要な治療概念である。オッセオインテグレーション フレッシュアイペディアより)

  • 管玉

    管玉から見た骨

    装身具として利用するために紐を通すための孔(あな)をあける必要がある。そのための穿孔具としては、竹、鳥類の、極細の石製のドリル(石錐)や鉄製ドリルなどがあった。竹・鳥骨はじかに素材玉にあてて穿孔したが、ドリルの場合は細長い管の先に取り付けられて回転させることによって穿孔する。管玉 フレッシュアイペディアより)

  • 冷兵器

    冷兵器から見た骨

    大部分は、機械による工程を経ない原始的な構造によって作られてるために、火器を使用する戦争が主流になる前は、兵器といえばもっぱら冷兵器を指していた。冷兵器は木、石、等、自然界に存在する単純な素材によって作られており、はるか紀元前に金属加工の技術が発見された後は、銅、鉄、といった金属によって作られるのが主流となっている。冷兵器 フレッシュアイペディアより)

500件中 31 - 40件表示

「骨の健康」のニューストピックワード