573件中 31 - 40件表示
  • 腎実

    腎実から見た骨

    漢方医学では六臓のうち腎は五行思想で言う水を司る機能を指し、六腑で言えば膀胱、五官で言えば耳、五体で言えばや歯に相当するため腎の機能の亢進は(西欧医学で言う腎臓の機能障害とは異なる)神経過敏、ストレスを感じているなどがあらわれるとされる。漢方医学では腎に人間の精気のうち生殖能力に関わるものを貯めるとされているために腎の機能亢進すなわち腎実は広く精力過剰を指す言葉として用いられている。腎実 フレッシュアイペディアより)

  • 橈骨骨幹部骨折および尺骨骨幹部骨折

    橈骨骨幹部骨折および尺骨骨幹部骨折から見た骨

    橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)は前腕にある細長いで、ともに近位が肘関節、遠位が手関節を形成する。手関節では母指(親指)側にあるのが橈骨、小指側にあるのが尺骨である。肘関節では外側(色黒で毛の生えている方)にあるのが橈骨、内側(色白で毛の生えていない方)にあるのが尺骨である。橈骨と尺骨は前腕骨と呼ばれることがある。橈骨も尺骨も両端は膨大しており、それを除いた中間の細い部分を骨幹部と呼ぶ。橈骨骨幹部骨折および尺骨骨幹部骨折 フレッシュアイペディアより)

  • 遊離骨移植術

    遊離骨移植術から見た骨

    遊離骨移植術(ゆうりこついしょくじゅつ、)は、重度な吸収による骨欠損部にブロック状の自家骨を移植して骨再生を促す医療法である。遊離骨移植術 フレッシュアイペディアより)

  • 鋤骨

    鋤骨から見た骨

    ヒトの鋤骨は、前頭部に1つ存在し、篩骨とともに鼻中隔の後下部を形成し、鼻腔構造を支持するである。上縁には両側に開く鋤骨翼を有し、その鋤骨翼によって蝶形骨と共に口外骨鞘突管をなす。側面観は滑らかな平板状であり、後上方から前下方に向かい溝が走っている。鋤骨 フレッシュアイペディアより)

  • 副甲状腺

    副甲状腺から見た骨

    PTHの標的臓器はと腎臓である。骨においてはPTHは破骨細胞を活性化、骨芽細胞を抑制することにより、骨吸収を促進し、その結果骨からカルシウムとリン酸が血漿に供給される。腎臓においてはPTHは尿細管に作用し、ビタミンDの活性化を促進する。さらにPTHは遠位尿細管に作用してカルシウムの再吸収を促進し、近位尿細管に対する効果によってリン酸の再吸収を抑制する。PTHは血液中のカルシウム濃度によってその分泌が調節される。すなわち、カルシウム濃度の減少はPTHの分泌を促進し、カルシウム濃度の増加はPTHの分泌を抑制する。副甲状腺 フレッシュアイペディアより)

  • 剣山の大蛇

    剣山の大蛇から見た骨

    近隣の旧家に大蛇の頭蓋骨とされるが保存されているというエピソードは存在するものの、具体的な目撃例はこの一件のみである。剣山の大蛇 フレッシュアイペディアより)

  • 口蓋骨

    口蓋骨から見た骨

    口蓋骨(こうがいこつ、ラテン語名 Os palatinum)とは、口蓋部を構成するである。口蓋骨 フレッシュアイペディアより)

  • 上顎骨

    上顎骨から見た骨

    ヒトの上顎骨は、前顎骨(前上顎骨, 間顎骨)と癒合して顔面の中心において大部分をなし、左右対称に1対存在し、正中で縫合しているである。上顎骨は下顎骨を除いた顔面頭蓋骨の中で最も大きく、上顎の大部分を占める。上顎骨には上顎の歯牙が釘植されており、左右の頬骨と繋がり、硬口蓋前部と鼻腔側壁および鼻腔底、眼窩底を形づくるものである。上顎骨 フレッシュアイペディアより)

  • 舌骨

    舌骨から見た骨

    ヒトの舌骨は、下顎と咽頭の間に存在するU字形をしたである。他の骨と関節がない人間の首の骨で、首の筋肉によって支持され、舌根を支持する。蹄鉄型をしており、茎突舌骨靱帯によって、側頭骨の茎状突起の先端につるされている。舌骨 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶形骨

    蝶形骨から見た骨

    蝶形骨(ちょうけいこつ、sphenoid bone)は、頭部のの一つである。蝶形骨 フレッシュアイペディアより)

573件中 31 - 40件表示