500件中 41 - 50件表示
  • レイ (ハワイ)

    レイ (ハワイ)から見た骨

    レイの材料として、初期は貝殻、イノシシの牙、犬の歯、、鳥の羽根、髪の毛などが用いられていたが、近年は草花、木の実、海草など植物を用いたものが主流となっている他、新しい素材として紙やセロファンを用いたものもある。さまざまなシーンにおいて、感謝の気持ちや敬愛の念を籠めて、さまざまな種類のレイが贈られる。これは自然を通してマナを得るという、ハワイ古来の自然崇拝信仰から来ているもので、レイを贈る時のいろいろな気持ちを総括してハワイ語でアロハと呼ぶ。レイ (ハワイ) フレッシュアイペディアより)

  • じゃっぱ汁

    じゃっぱ汁から見た骨

    「じゃっぱ」とは、共通語で言う「雑把」の意味であり、通常は魚を三枚におろしてのこった頭や内臓、身の付いたを総称して指し示す津軽弁である。共通語では内臓以外の部分も含めた広義の「粗(あら)」に対応する。じゃっぱ汁 フレッシュアイペディアより)

  • 中里貝塚

    中里貝塚から見た骨

    遺構では、貝を加工したと考えられている皿状窪地が発見されている。砂の層を30センチメートルほどタライのようにほりこみ、底部に粘土を塗布し木の皮や枝を敷き、周囲を枝で覆ったもので、底部からは貝殻や焼礫、炭化草木が検出されており、穴で貝を茹でたと考えられている。焼石で肉や魚を蒸し焼きにした「集石土抗」と呼ばれる施設によく似ている。この施設は、大きなカキの殻を開けるのに使ったと推測されている。また、海中でカキをつけるために立てたと思われる杭列や、たき火跡なども検出されている。通常の貝塚は生活遺物が出土するが中里貝塚には見られず、また、カキとハマグリしか見られず、その貝殻の大きさは大きなもので12センチあまりもあり、カキも10センチ以上の大型のものばかりであり、集落から離れ内陸部へ干貝を供給する加工場に特化していたと考えられている。貝層の一番下から自然のままのヤマトシジミの貝層が出てきた。このことから中里貝塚は浜に立地していたことが分かった。「ハマ貝塚」である。土器では、下位の貝層から中期中頃、上位の貝層から中期後半、最上位貝層から後期初頭の土器片が石器とともにわずかに出土しただけで、魚のや獣骨は見つかっていない。中里貝塚 フレッシュアイペディアより)

  • 管

    から見た骨

    その他の管:菌糸や糸状藻類の細胞壁・花粉管・鳥類や哺乳類の(一部)・竹やヨシなどの茎・ネギなどの単面葉・ゴカイなどの棲管・蜂の巣・微小管・毛 フレッシュアイペディアより)

  • 車大工

    車大工から見た骨

    欧米では、荷車や荷馬車の車輪を作る wheelwright と、その上の構造物を造る cartwright がいた。車輪はまず車軸やスポークや外輪といった部品を造り、それらを内から外へと組み立てていった。車輪は主に木材で作ったが、装飾としてや角を材料に使うこともある。19世紀中頃、それまで外輪に鉄板を巻いていたが、鍛冶屋が全体が鉄製の外輪を作るようになった。これを当時はタイヤと呼んでいた。19世紀後半、鉄製の車軸に工場生産した木製、鉄製、ゴム製の部品を組み合わせるようになり、車大工の仕事は徐々に廃れていった。車大工 フレッシュアイペディアより)

  • 米糠発酵物

    米糠発酵物から見た骨

    米糠発酵液には、放射性核種(セシウム、ヨウ素、ストロンチウム等)を特異的に吸着・排出させる成分は含まれておらず、それぞれが蓄積される部位(セシウム:筋肉、ヨウ素:甲状腺、ストロンチウム:)は、とぎ汁発酵液や、それに含まれる菌類が通過する腸管からは隔絶されており、吸収された各物質を吸着することはできず、それらを排出・無効化させる効果はない。米糠発酵物 フレッシュアイペディアより)

  • 細胞融合

    細胞融合から見た骨

    細胞融合は、筋肉、および栄養膜細胞の分化、胚発生および形態形成の期間に起こる重要な細胞過程である。これは、生体の成長において、細胞の機能を維持するために必須である。また、受精時の生殖細胞や溶解ウィルス感染においてよく観察される。これには形態変化、液胞形成、および合胞体形成のための細胞融合も含む。細胞融合 フレッシュアイペディアより)

  • 電解質代謝

    電解質代謝から見た骨

    ナトリウム sodium, Na;Na+ は生体に不可欠な無機質の一種で、細胞外液の主な構成イオンである。成人の体内に約100g存在し、その約50%が細胞外液に、約40%が炭酸塩、リン酸塩としてに存在し、他は細胞内液に含まれる。主な機能に体液浸透圧の保持、体液pHの維持、神経の電気的活動作用、水やブドウ糖の吸収などがあり、筋肉、神経の興奮抑制、骨形成などに関与する。塩化ナトリウム(食塩)としての摂取目標は10g/日以下とされ、過剰摂取は高血圧症の危険因子となる。ナトリウム代謝では主にアルドステロン、バソプレシン、腎糸球体濾過量、食塩摂取量などが調節因子となる。電解質代謝 フレッシュアイペディアより)

  • 鵝鑾鼻

    鵝鑾鼻から見た骨

    日本統治下に鵝鑾鼻灯台の隣にあった神社で、第二次世界大戦の空襲により鵝鑾鼻灯台と共に破壊消失した。大国魂命、大己貴命、少彦名命、能久親王、大物主命、崇徳天皇を祭神としていた。日本には通称、鯨神社と呼ばれる神社は多数存在するが、鯨骨の鳥居を持つ神社は世界でも5ヶ所(現存しないものを含む)しかなく、鵝鑾鼻神社は日本統治下において、鵝鑾鼻にある香蕉湾が捕鯨基地であったことの縁から、鳥居が鯨の顎ので作られた鯨神社の一つである。その他の鯨骨の鳥居を持つ神社については鯨骨及び捕鯨文化を参照。鵝鑾鼻 フレッシュアイペディアより)

  • 肉骨粉

    肉骨粉から見た骨

    牛・豚・鶏から食肉を除いたあとの屑肉、脳、脊髄、、内臓、血液を加熱処理の上、油脂を除いて乾燥、細かく砕いて粉末としたもの。豚・鶏の飼料、農作物の肥料、ペットフードの原料となる。安価で、蛋白質、カルシウム、リン酸質が豊富で高い栄養価を誇るため、BSEの問題が起こる前まではよく用いられていた。加熱処理が施されており、通常の寄生虫、細菌類は死滅し、衛生上も問題がない。肉骨粉 フレッシュアイペディアより)

500件中 41 - 50件表示

「骨の健康」のニューストピックワード