573件中 41 - 50件表示
  • ガブリエレ・ファロッピオ

    ガブリエレ・ファロッピオから見た骨

    ファロッピオ自身の研究は主に頭部の解剖についてなされた。彼は内耳に関してそれまでの知見に多くを加え、鼓室とそれを含む骨の輪との関係について詳細に記述した。また彼は正円窓・卵円窓とそれらの前庭・蝸牛との交通についても細かく記述している。乳突蜂巣と中耳のつながりについてはじめて指摘したのもファロピウスだった。眼の涙管についての記述は先人を超え、篩骨と鼻の細胞についての詳細な説明も行っている。ファロピウスはと筋の解剖についても価値ある貢献を行っている。特に筋の分野で彼はヴェサリウスの研究を訂正している。また男女の生殖器についての研究も行っており、卵巣と子宮をつなぐ卵管は今日彼の名前を冠してファロピウス管とも呼ばれる。側頭骨内にある顔面神経が通る管(顔面神経管)もまた、彼にちなんでファロッピオ管と呼ばれる。ガブリエレ・ファロッピオ フレッシュアイペディアより)

  • 蹄骨

    蹄骨から見た骨

    蹄骨(ていこつ、または)は、前肢・後肢の末端に蹄を持つ哺乳動物の骨格を構成するのひとつ。四肢の最も体重の掛かる部分にある骨で、蹄の内側に内包されている。蹄骨 フレッシュアイペディアより)

  • 長骨

    長骨から見た骨

    長骨(ちょうこつ)は、脊椎動物ののうち、長大な形状を持つもの。四肢を構成する上腕骨や大腿骨が代表的な長骨である。中央部の骨幹と両端部の骨端から構成されている。骨幹の内部は中空で管状になるため、別名管状骨。この空洞は通常骨髄で満たされ、髄腔(ずいこう)と呼ばれる。長骨 フレッシュアイペディアより)

  • ギロドゥス

    ギロドゥスから見た骨

    全長1.2メートル。縦長の体をしており、側面から見るとほぼ円形であった。網上の細いの組織が体を内側から支え、厚い長方形のウロコが体を守っていた。また、顎には丸い歯がところせましと並んでおり、サンゴや貝を噛み砕いて食べていたと考えられている。ギロドゥス フレッシュアイペディアより)

  • グルコセレブロシド

    グルコセレブロシドから見た骨

    グルコセレブロシダーゼはグルコセレブロシドからグルコースを切り離す酵素である。ゴーシェ病患者ではグルコセレブロシダーゼの欠落のため、神経や臓器やなどの組織内で蓄積が認められる。グルコセレブロシド フレッシュアイペディアより)

  • 骨部

    骨部から見た骨

    「骨」字は動物の肉を取り去った部分にあるを意味する。その字形は骨を表す字に「肉」を加えた会意文字である。その骨の象形は牛の肩胛骨とも、頸骨とも、頭蓋骨とも言われる。また「骨」字は支えるものとして人の気概や風格を意味する。骨部 フレッシュアイペディアより)

  • 腹腔内出血

    腹腔内出血から見た骨

    血管損傷はほとんどの場合、血管外傷(、)として発生する。血管外傷は交通事故、労働災害、喧嘩などによる発生が多く見られ、他にカテーテルなど医原性のものとして起こることもある。血管外傷には刃物、強い鈍力などによる開放性損傷と、鈍力、などによる非開放性損傷がある。特に胸腔、腹腔における損傷は血胸、腹腔内出血によるショックを招く恐れがあり、十分な検査が必要である。腹腔内出血 フレッシュアイペディアより)

  • 膝蓋骨

    膝蓋骨から見た骨

    膝蓋骨(しつがいこつ、)は、三角形ので、大腿骨に繋がっており、膝の前面を保護している。人体の中では最も大きな種子骨である。その形状から、膝の皿とも呼ばれる。膝蓋骨 フレッシュアイペディアより)

  • 骨膜炎

    骨膜炎から見た骨

    骨膜炎(こつまくえん、)は、の周囲に存在する骨膜に炎症が起こった病気。主な原因は細菌感染や骨への過重負荷などである。骨膜炎 フレッシュアイペディアより)

  • コブハクジラ

    コブハクジラから見た骨

    雄の外観は非常に特徴的であり、他のオウギハクジラ類と同様に下顎の一部が上顎からはみ出してフェンス状になっている。そのフェンス状のはみ出し部分は、下顎の付け根のあたりから口吻の中ほどあたりまで延びている。またそのはみ出し部分にはフジツボが付着していることもある。更に別の大きな特徴として、口吻を構成するの密度が非常に高い点が挙げられ、これは種小名 densirostris の由来でもある。おそらく同種の雄同士で争う際の防御の意味があると考えられている。コブハクジラ フレッシュアイペディアより)

573件中 41 - 50件表示

「骨の健康」のニューストピックワード