573件中 51 - 60件表示
  • 骨膜

    骨膜から見た骨

    骨膜(こつまく、)は、緻密骨の外側に存在する強靭な線維性の被膜。線維層と骨形成層から構成される。の成長期には骨形成層に存在する骨原性細胞が骨芽細胞に分化し、緻密骨の形成に関与する。成長が止まると骨膜は薄くなり、骨形成能は低下する。骨膜 フレッシュアイペディアより)

  • イデユウシノシタ

    イデユウシノシタから見た骨

    熱水噴出孔への生理学・生化学的適応が見られ、硫酸などによる2以下のpH・溶融硫黄の高温・重金属曝露などに耐えることができる。特に、高い硫化水素濃度に耐えるため、ヘモグロビンと酸素との親和性が高くなっている。骨格では、未発達の鰭条や融合したが見られ、これも熱水噴出孔の環境に起因すると考えられる。イデユウシノシタ フレッシュアイペディアより)

  • コッドマンの三角

    コッドマンの三角から見た骨

    コッドマンの三角(コッドマンのさんかく、)とは主に腫瘍による損傷により形成される骨膜化骨においてから離れて骨膜が形成される三角野領域を示す用語。コッドマンの三角 フレッシュアイペディアより)

  • ノルゾアンタミン

    ノルゾアンタミンから見た骨

    ノルゾアンタミンはコラーゲン繊維に結合し、その二次構造を安定化する。このことでに存在するコラーゲンにヒドロキシアパタイトが沈着し、骨形成が起こると考えられている。また、ノルゾアンタミンはエラスチン・血清アルブミンなどの細胞外マトリックスとも相互作用する。ノルゾアンタミン フレッシュアイペディアより)

  • 内骨格

    内骨格から見た骨

    内骨格(ないこっかく)は骨格構造の一つ。外骨格の対義語として使われ、格を体内にもつ構造をさす。典型的な内骨格は、支持や運動性の面で外骨格より優れているので、主に大型動物がこの構造をとる。また、イカなど、平滑筋が運動器官を構成するものも、体を作る基礎として内骨格を持つ場合もある。内骨格 フレッシュアイペディアより)

  • ボーンズ

    ボーンズから見た骨

    本来はで作られたため、この名がある。肋骨(または肋骨形の木、金属など)を2つ組み合わせ、打ち鳴らして音を出す。片手で指の間に挟んで持ち、一度に数回連続して打ち鳴らすことが多い。ボーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 筋学

    筋学から見た骨

    筋学(きんがく、、)は、解剖学のうち、運動器系における能動運動器である筋肉について系統的叙述を行う学問である。ただし、支配神経については神経解剖学、栄養血管については脈管学、受動運動器であるについては骨学、靱帯については靱帯学に於いてそれぞれ述べられる。主に骨に付着する筋肉を扱っており、内臓の筋肉については内臓学、感覚器の筋肉については感覚器学で述べられる。関節については骨学と重複することもある。筋学 フレッシュアイペディアより)

  • 内頸静脈

    内頸静脈から見た骨

    内頸静脈は比較的浅側にあり、や軟骨といった組織に保護されていない。これによりダメージを受けやすい。大量の血液が流れるため、内頸静脈の損傷はすぐに出血性ショックを引き起こし、適切な処置が行わなければ死亡する。内頸静脈 フレッシュアイペディアより)

  • 肋骨雲

    肋骨雲から見た骨

    肋骨雲(ろっこつうん、ろっこつぐも, vertebratus)とは、太い帯状の雲を中心に、その側方に毛のような雲が伸びているもの。肋骨や魚の、鳥の羽根などに形容されることが多い。あばら雲、羽根雲ともいう。雲形分類では、「雲塊の配列による分類」にあたる変種の1つ。巻雲のみに現れる。肋骨雲 フレッシュアイペディアより)

  • 悪性線維性組織球腫

    悪性線維性組織球腫から見た骨

    遠隔転移は肺(90%)、(8%)、肝(1%)で多くみられる。遠隔転移の頻度は組織型によって変わる。悪性線維性組織球腫 フレッシュアイペディアより)

573件中 51 - 60件表示

「骨の健康」のニューストピックワード