500件中 61 - 70件表示
  • 出刃包丁

    出刃包丁から見た骨

    この包丁は魚の首を落として切り身にするために設計されている。魚のを切るために他の包丁と比べて重くなっている。出刃包丁 フレッシュアイペディアより)

  • 腰帯

    腰帯から見た骨

    腰帯は基本的に以下の3種のから形成される。これらは全て内骨格性骨格である。腰帯 フレッシュアイペディアより)

  • 内裏塚古墳

    内裏塚古墳から見た骨

    北側にあった人は、胸の前で腕を折り曲げるように埋葬さた形で、整然と仰向けに埋葬されていた。内裏塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 富士フイルムRIファーマ

    富士フイルムRIファーマから見た骨

    脳、心、悪性腫瘍・副腎、、肺、肝、腎の各イメージング剤富士フイルムRIファーマ フレッシュアイペディアより)

  • 浜北人

    浜北人から見た骨

    脳頭蓋、下顎智歯、脛骨片、鎖骨、上腕骨、尺骨、腸骨の骨片からなる20代女性のものと推測される同一個体の化石が鈴木尚、高井冬二、長谷川善和らの手により発見された。これらは洪積世後期のものと推定され、の形態から新人に属するという。縄文人と類似した形質から、その祖形と推測される。このほかにもトラなどの動物が発見され発掘された。浜北人 フレッシュアイペディアより)

  • 風洞の字名

    風洞の字名から見た骨

    将軍が退治した大蛇のは百駄あり、この骨を埋めて長泉寺が建立された。よって寺の境内を骨畑と呼び、百駄あった骨にちなんで山号を百駄山と呼ぶようになった。大蛇の住家の風の吹き出た洞穴は埋められ、この地に神を祀って、次来地名を風洞と呼ぶようになったが、その昔は単に洞(あな)と呼んでいたとされる。風洞の字名 フレッシュアイペディアより)

  • 粗

    から見た骨

    粗(あら)は、魚の下ろし身を取ったあとに残る頭部、、エラ、ヒレやそれらに付着した肉である。通常は、「魚のアラ」と呼ばれる。 フレッシュアイペディアより)

  • カービング

    カービングから見た骨

    こちらも掘る対象が異なれば呼称は異なっていく。素材が木材の場合、木目の細かく柔らかいものが使われる(他に、岩、石、、象牙、氷などが素材として挙げられる)。木片に下書きをしてそのまま掘っていく手法と、あらかじめ粘土などでモデリングをしてから彫る手法があり、彩色にはアクリル絵具が良く使われ、その際、筆、エアブラシなどが使われる。道具は一般的な彫刻刀のほかグラインダーなどの電動工具も使用される。カービング フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸カドミウム

    酢酸カドミウムから見た骨

    日本の毒劇法では劇物に指定されている。不燃性であるが、加熱により分解し、酸化カドミウムを含む有毒ガスを生じる。ラットに経口投与した場合の半数致死量は333mg/kgで、長期的には腎臓やに影響を及ぼす。酢酸カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • 聖地中津からあげ

    聖地中津からあげから見た骨

    部位によって、もも肉、胸肉、前者を組み合わせたミックス、手羽先、手羽元、 砂ずりなどがあり、付きと骨なしを分けていることが多い。部位や骨の有無によって価格が異なる。聖地中津からあげ フレッシュアイペディアより)

500件中 61 - 70件表示

「骨の健康」のニューストピックワード