573件中 71 - 80件表示
  • トルコ鞍

    トルコ鞍から見た骨

    脳下垂体は頭蓋底部のが発生する以前に、神経性部分と口腔由来上皮性部分が合体して形成される。脳下垂体の形成後、間もなく直下に蝶形骨(前方)と後頭骨(後方)が縫合して骨の土台ができる。この骨性部は乗馬に用いられる鞍と同様に、前端がやや高く、中央部は平坦かやや凹み、後端は相当高い形状を取る。"sella turcica"(トルコ椅子、Turkey Chairの意)と表したのはイギリスの医師トーマス・ウィリス(Thomas Willis )が解剖学著書“Cerebri anatome”(1664年)においてとされる。トルコ人に用いられた鞍が、特に脳下垂体を収める骨土台に類似していたのかどうか不明であるが、広くこの名称で呼ばれている。トルコ鞍 フレッシュアイペディアより)

  • リンの同位体

    リンの同位体から見た骨

    32Pは14.3日の半減期でベータ崩壊を起こす(1.71MeV)。主に同位体標識したDNA、RNAプローブとして、ノーザンブロッティングやサザンブロッティング等の分子生物学実験に用いられる。高エネルギーのベータ線が皮膚や角膜を透過し、また摂取、吸入、吸収された32Pはや核酸に取り込まれるため、欧州労働安全衛生機構は、実験で 32P を取り扱う際には白衣、使い捨て手袋、ゴーグルを着用するように求めている。さらにβ線のエネルギーが高いため、鉛等の密度の高い物質で遮蔽しようとすると、制動放射という現象によって二次X線が放出される。そのため、アクリル樹脂、プラスチック、木、水等の密度の低い物質によって遮蔽が行われる。リンの同位体 フレッシュアイペディアより)

  • 腓骨

    腓骨から見た骨

    腓骨(ひこつ、ラテン語:、英語:)は、四肢動物の後肢を構成するである。脛骨とともに膝から足首までを構成し、脛骨に対して外側背面を通っている。腓骨 フレッシュアイペディアより)

  • セレブロシド

    セレブロシドから見た骨

    グルコセレブロシドが肝臓、脾臓、などに蓄積されることでゴーシェ病を引き起こす。本疾患は、先天性の遺伝子疾患であるグルコセレブロシダーゼ酵素の欠損もしくは低活性により、グルコセレブロシドをセラミドへ代謝できないことで生じる。セレブロシド フレッシュアイペディアより)

  • 粉

    から見た骨

    他にも、砂糖、鰹節、粉末スープなどの調味料の粉、粉、さなぎ粉など肥料、飼料の粉、カーボンブラック、二酸化チタンなどの顔料の粉、染料の粉、医薬品の粉、金属の粉など、多くの物質が粉となりうる。これらについては粉末(ふんまつ)と呼ばれることが多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 軟骨細胞

    軟骨細胞から見た骨

    あるいは軟骨を参照にすると、間充織幹細胞(MSC)は単独では培地によって軟骨細胞あるいは骨芽細胞に分化するため、一般に軟骨系の細胞として知られている。In vivoでの間葉細胞は血管新生領域では骨芽細胞に分化し、非血管新生領域では軟骨細胞に分化する。軟骨細胞は軟骨内骨化において肥大し、最終的な分化を果たす。この最終段階において細胞の表現型の変化により特性が決定される。軟骨細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 指骨

    指骨から見た骨

    指骨(しこつ、または)は、四肢動物の前肢・後肢の先端部にある、手および足の指を構成するの集合。指骨 フレッシュアイペディアより)

  • 間充ゲル

    間充ゲルから見た骨

    間充ゲル(かんじゅうゲル、Mesoglea)は半透明で不活性なゼリー状の物質で、クラゲ、有櫛動物や、刺胞動物に属する一部の原始的な海洋性生物に見られる。陸上生物におけるや軟骨などと同様に、水中における生物の構造支持の役目を果たすが、間充ゲルは含水率が高いため、陸上では崩れてしまいがちである。間充ゲル フレッシュアイペディアより)

  • 軟部組織

    軟部組織から見た骨

    軟部組織(なんぶそしき、soft tissue)とは、生体における骨格以外の支持組織のことである。軟組織 (なんそしき) とも呼ぶ。軟部組織 フレッシュアイペディアより)

  • 重脚目

    重脚目から見た骨

    角質(ケラチン)でできているサイのそれとは異なり、彼らの角は骨質であった。重脚目 フレッシュアイペディアより)

573件中 71 - 80件表示

「骨の健康」のニューストピックワード