500件中 71 - 80件表示
  • フィジーウォーター

    フィジーウォーターから見た骨

    水溶性のシリカは人体にも微妙ながら含まれており、毛髪・爪・血管・・関節・細胞壁などに含まれ、特に骨形成の細胞層に集中している。生体中には約29ppmが存在し、免疫力に影響を与えたり、肌の保湿、骨や髪、爪、コラーゲンの再生・構築・補強・維持を手助けしている。成人1日あたり10?40mgのシリカが消耗される。現在、1日あたりの摂取量は定められていない。通常はケイ素を多く含む食品(玄米、あわ、ひえ、バナナ、レーズンなど)を十分摂取することで補えるが、現代人はこれらの食材をあまり食べなくなったため、慢性的に不足している人が増えているともいわれ、シリカ(ケイ素)が豊富に含まれる水は注目を集めている。フィジーウォーター フレッシュアイペディアより)

  • 像

    から見た骨

    偶像 / 土の像(粘土細工、ほか) / 砂の像(サンドアートを含む) / 石像(大理石像、玉彫[玉製の彫刻]、水晶の像、ほか) / 金属製の像(銅像[青銅の像]、黄金像、ほか) / 陶磁器像 / 塑像 / 木像 / 草・藁・蔓(籐を含む)などの植物体を使って作った像(笹舟、藁で作られるタイプの昔ながらの案山子、藁人形、ユールゴート、ほか) / 紙の像など植物繊維の加工物を使って作った像(紙製の仮面、折り紙、人形[ひとがた]、ほか) / 布製の像(人形、ぬいぐるみ、着ぐるみ、ほか) / の像 / 角の像、牙の像(象牙の像、ほか) / ワックス彫像(wax sculpture。蝋人形が有名) / 雪像 / (主に氷彫刻) / 合成樹脂の像(合成樹脂製の仮面、マネキン人形、“フィギュア”、怪獣の着ぐるみ、風船の像、ほか) / 状態が表す像(あやとりで作る像など) / 光による影の像(影絵) / ほか フレッシュアイペディアより)

  • フゴッペ洞窟

    フゴッペ洞窟から見た骨

    洞窟には厚さ約7メートルの遺物包含層があり、薄手の土器(続縄文式土器)、石器、骨角器等が出土している。また、貝や動物のも見つかっており、それによれば現在、遺跡周辺に生息しているものとの違いはみられなかった。フゴッペ洞窟 フレッシュアイペディアより)

  • 糞石

    糞石から見た骨

    糞石研究は新大陸の考古学において発展した。酸性土壌の卓越する日本では有機物が残存しにくかったため研究が遅れていたが、近年では福井県若狭町の縄文時代前期(約5,500年前)の遺跡鳥浜貝塚において2,000点をこす糞石が出土しており、糞石研究の発展におおいに寄与した。その形態は国際基督教大学の千浦美智子によって「ハジメ」、「シボリ」、「バナナジョウ」、「コロ」、「チョクジョウ」などの愛称で分類されている。糞石を観察すると、肉眼でも魚骨・鱗・種子などがふくまれていることがあるが、薬品処理(三リン酸ナトリウム)によって元の色や匂いまで取り戻すことが可能な場合がある。その結果、食事内容・料理法・糞をした季節・病気など、食生活とその環境を中心として多くのデータを集めることができる。 鳥浜貝塚以外で糞石を出土した遺跡には、粟津湖底遺跡第3貝塚(滋賀県大津市、縄文時代中期)、唐古・鍵遺跡(奈良県田原本町、弥生時代中期)、青谷上寺地遺跡(鳥取県鳥取市、弥生時代)などがある。糞石 フレッシュアイペディアより)

  • 副甲状腺

    副甲状腺から見た骨

    PTHの標的臓器はと腎臓である。骨においてはPTHは破骨細胞を活性化、骨芽細胞を抑制することにより、骨吸収を促進し、その結果骨からカルシウムとリン酸が血漿に供給される。腎臓においてはPTHは尿細管に作用し、ビタミンDの活性化を促進する。さらにPTHは遠位尿細管に作用してカルシウムの再吸収を促進し、近位尿細管に対する効果によってリン酸の再吸収を抑制する。PTHは血液中のカルシウム濃度によってその分泌が調節される。すなわち、カルシウム濃度の減少はPTHの分泌を促進し、カルシウム濃度の増加はPTHの分泌を抑制する。副甲状腺 フレッシュアイペディアより)

  • 母指球筋

    母指球筋から見た骨

    母指(おやゆび)は他の指と比べて関節とがひとつ少ないが、運動性が高くさまざまな方向に動くので精妙な動きができる。母指の運動は屈曲と伸展、内転と外転、対立の3種類に分けることができるが、これらの動きをつかさどっているのが母指球筋である(ただし母指球筋以外で母指の運動に携わっている筋肉もある)。これらの支配神経は以下のとおりである。母指球筋 フレッシュアイペディアより)

  • 骨膜

    骨膜から見た骨

    骨膜(こつまく、)は、緻密骨の外側に存在する強靭な線維性の被膜。線維層と骨形成層から構成される。の成長期には骨形成層に存在する骨原性細胞が骨芽細胞に分化し、緻密骨の形成に関与する。成長が止まると骨膜は薄くなり、骨形成能は低下する。骨膜 フレッシュアイペディアより)

  • ボニー・J・ダンバー

    ボニー・J・ダンバーから見た骨

    1975年には、客員研究者としてオックスフォードのハーウェル研究所に招かれ、研究を行った。彼女の研究テーマは、固体基質上での液体の濡れ挙動に関するものであった。イギリスから帰国後は、カリフォルニア州ダウニーにあるロックウェル・インターナショナルの宇宙部門で研究を行った。この頃の彼女の研究は、スペースシャトルの熱保護システムの開発であった。ダーバーはテキサス州ヒューストンのヒューストン大学で博士課程を修了した。博士論文は材料科学と生理学に跨るもので、宇宙飛行シミュレーションがの強度や破壊靱性に対して与える影響についてであった。この結果は、ホルモンや代謝の変化と相関があるというものであった。その後ダーバンはヒューストン大学に機械工学の非常勤助手として勤めた。ボニー・J・ダンバー フレッシュアイペディアより)

  • 頬骨

    頬骨から見た骨

    頬骨(きょうこつ、ラテン語名:、英語名:zygomatic bone、cheekbone、malar bone)は、頭蓋骨の頬骨弓 (en) の構成要素である。頬を持つ脊椎動物がこれを具える。頬骨 フレッシュアイペディアより)

  • 西欧の服飾 (15世紀)

    西欧の服飾 (15世紀)から見た骨

    フランスでは、ボディスに鯨を入れて腰を締めあげる現在のコルセットの直接の先祖にあたる胴衣が登場している。西欧の服飾 (15世紀) フレッシュアイペディアより)

500件中 71 - 80件表示

「骨の健康」のニューストピックワード