26件中 11 - 20件表示
  • 骨

    から見た骨髄

    骨は骨膜、骨質、および骨髄からなる。骨の大きさや形状は多種多様であり、縦に長い形状の「長骨」、立方体の形状の「短骨」、平たい形状の「扁平骨」、上記以外の特殊な形状を持つ「不整骨」に大別できる。 フレッシュアイペディアより)

  • 骨

    から見た大腿骨

    ヒトの大人の体には、大小約206の骨があり(幼児で約270個)、それぞれに固有の名称が与えられている。ちなみにヒトの体で最も大きな骨は大腿骨である。 フレッシュアイペディアより)

  • 骨

    から見た

    またこの意味の他にも、口語的には骨格そのものを指し示す場合もあり、生物に留まらず広く用いられる(例:の骨)。 フレッシュアイペディアより)

  • 骨

    から見た骨折

    正常な骨は常に新陳代謝を行い、破骨細胞と骨芽細胞の働きによって活発に吸収と再構築が行われ、一定の量が保たれている。骨折が治癒するのも骨の再生によるものである。骨の再生産、カルシウムの保持または放出は、副甲状腺ホルモン (PTH) 等によって制御される。 フレッシュアイペディアより)

  • 骨

    から見た骨膜

    骨は骨膜、骨質、および骨髄からなる。骨の大きさや形状は多種多様であり、縦に長い形状の「長骨」、立方体の形状の「短骨」、平たい形状の「扁平骨」、上記以外の特殊な形状を持つ「不整骨」に大別できる。 フレッシュアイペディアより)

  • 骨

    から見た脊椎動物

    骨(ほね, 英:bone)とは、脊椎動物において骨格を構成する、リン酸カルシウムを多分に含んだ硬い組織。 フレッシュアイペディアより)

  • 骨

    から見た新陳代謝

    正常な骨は常に新陳代謝を行い、破骨細胞と骨芽細胞の働きによって活発に吸収と再構築が行われ、一定の量が保たれている。骨折が治癒するのも骨の再生によるものである。骨の再生産、カルシウムの保持または放出は、副甲状腺ホルモン (PTH) 等によって制御される。 フレッシュアイペディアより)

  • 骨

    から見た口語

    またこの意味の他にも、口語的には骨格そのものを指し示す場合もあり、生物に留まらず広く用いられる(例:傘の骨)。 フレッシュアイペディアより)

  • 骨

    から見たリン

    貯蔵:骨質には無機物、骨髄腔には脂肪が貯蔵されている。進化の過程ではまずカルシウム調節器官として発達してきたものと考えられている。主成分はリン酸カルシウムである。そのため、骨形成にはカルシウム、リン、ビタミンDの摂取が不可欠である。 フレッシュアイペディアより)

  • 骨

    から見たカルシウム

    貯蔵:骨質には無機物、骨髄腔には脂肪が貯蔵されている。進化の過程ではまずカルシウム調節器官として発達してきたものと考えられている。主成分はリン酸カルシウムである。そのため、骨形成にはカルシウム、リン、ビタミンDの摂取が不可欠である。 フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「骨の健康」のニューストピックワード

  • いい厄祓いといい神社調べ尽くした

  • 顔の腫れもそんなになく、脚の付け根の打撲も柔らぎ、歩けるようになりました

  • ポスティングシステム