骨粗しょう症 ニュース&Wiki etc.

骨粗鬆症(こつそしょうしょう、osteoporosis)とは、骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状をいう。背中が曲がることに現れる骨の変形、骨性の痛み、さらに骨折の原因となる。骨折は一般に強い外力が加わった場合に起こるが、骨粗鬆症においては、日常生活程度の負荷によって骨折を引き起こす。骨… (出典:Wikipedia)

「骨粗しょう症」最新ニュース

「骨粗しょう症」Q&A

  • Q&A

    原因不明の骨粗しょう症で第四腰椎を椎体骨折しまして1年経過しました。その節はアドバイ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月1日 22:05

  • Q&A

    介護保険の事業所に勤めています。 私の利用者さんが187段の階段の昇降の介助をヘルパ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月1日 17:29

  • Q&A

    日光に当たらないと骨粗しょう症や鬱などになりやすいと聞いたのですが、夜間勤務の為日光…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月1日 04:27

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「骨粗鬆症」のつながり調べ

  • 鹿島勇

    鹿島勇から見た骨粗鬆症

    鹿島 勇(かしま いさむ、1947年10月7日 - )は、日本の歯科医師、歯学者。神奈川歯科大学理事長。デジタルX線画像情報や骨粗鬆症の研究で知られる。(鹿島勇 フレッシュアイペディアより)

  • アナボリックステロイド

    アナボリックステロイドから見た骨粗鬆症

    アナボリックステロイドは医療用に処方されることがある。その蛋白同化作用を用いて、骨粗鬆症や慢性の腎疾患の治療、あるいは怪我や火傷による体力の消耗状態の改善などを目的に用いられている。 こうして医療用に処方されるアナボリックステロイドには、メスタノロン製剤とメテノロン製剤という2種類のそれがある。 前者は骨粗鬆症、下垂体性小人症、慢性腎疾患、悪性腫瘍、外傷/熱傷による著しい消耗状態などの治療に用いられ、ヘモグロビン量や赤血球数の増加などの造血作用をも示す後者は、これらに加えて再生不良性貧血による骨髄の消耗状態の治療に用いられている。 再生不良性貧血は骨髄中の造血幹細胞が何らかの原因で傷害されて生じる貧血である。一般に再生不良性貧血の治療は免疫抑制療法・骨髄移植・蛋白同化ステロイド療法などがある。そのうち蛋白同化ステロイドは軽傷例に使用する。蛋白同化ステロイドの疾患への効果のメカニズムとして、腎臓に作用してエリスロポエチン(赤血球産生を刺激するホルモン)を出させる働きと、造血幹細胞に直接作用して増殖を促す働きが考えられている。(アナボリックステロイド フレッシュアイペディアより)

「骨粗鬆症」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「骨粗しょう症」のニューストピックワード