前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示
  • ラネル酸ストロンチウム

    ラネル酸ストロンチウムから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ラネル酸ストロンチウム (Strontium ranelate)はラネル酸のストロンチウム塩であり、骨粗鬆症治療薬である。仏セルヴィエ社によってプロテロス (Protelos)、プロトス (Protos)等の名称で販売されている。現在のところ、骨形成の促進・骨吸収の阻害双方の作用を持つ薬剤(dual action bone agent, DABA)としてはほぼ唯一のものである。ラネル酸ストロンチウム フレッシュアイペディアより)

  • アナボリックステロイド

    アナボリックステロイドから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    アナボリックステロイドは医療用に処方されることがある。その蛋白同化作用を用いて、骨粗鬆症や慢性の腎疾患の治療、あるいは怪我や火傷による体力の消耗状態の改善などを目的に用いられている。 こうして医療用に処方されるアナボリックステロイドには、メスタノロン製剤とメテノロン製剤という2種類のそれがある。 前者は骨粗鬆症、下垂体性小人症、慢性腎疾患、悪性腫瘍、外傷/熱傷による著しい消耗状態などの治療に用いられ、ヘモグロビン量や赤血球数の増加などの造血作用をも示す後者は、これらに加えて再生不良性貧血による骨髄の消耗状態の治療に用いられている。 再生不良性貧血は骨髄中の造血幹細胞が何らかの原因で傷害されて生じる貧血である。一般に再生不良性貧血の治療は免疫抑制療法・骨髄移植・蛋白同化ステロイド療法などがある。そのうち蛋白同化ステロイドは軽傷例に使用する。蛋白同化ステロイドの疾患への効果のメカニズムとして、腎臓に作用してエリスロポエチン(赤血球産生を刺激するホルモン)を出させる働きと、造血幹細胞に直接作用して増殖を促す働きが考えられている。アナボリックステロイド フレッシュアイペディアより)

  • 有酸素運動

    有酸素運動から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    慢性疾患の発症率低下。特に、冠動脈疾患、高血圧、大腸がん、2型糖尿病、骨粗鬆症の発症率を低下させる。有酸素運動 フレッシュアイペディアより)

  • ステロイド系抗炎症薬

    ステロイド系抗炎症薬から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    PSLを長期にわたり5mg/day以上服用する場合は、骨粗鬆症予防のためビスフォスフォネート系薬剤を併用する。ステロイド系抗炎症薬 フレッシュアイペディアより)

  • ダイズ

    ダイズから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    さらに、大豆に含まれるゲニステイン (en)、ダイゼイン (en)、グリシテイン (en) などのイソフラボンは大豆イソフラボンと総称され、弱い女性ホルモン作用を示すことから骨粗鬆症や更年期障害の軽減が期待できる。これらの作用から、大豆製品の中には特定保健用食品に指定されている物もある。骨粗鬆症予防効果、更年期障害の緩和に加えて、抗動脈硬化作用の可能性もある。また、乳がんや前立腺がん等の予防にも効果があることが、疫学的な調査で明らかになってきており、特にイソフラボン配糖体のゲニステインという物質に、腫瘍の血管新生を抑える効果があり、それにより腫瘍の増殖を抑制することがわかってきた。ダイズ フレッシュアイペディアより)

  • 味噌

    味噌から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    さらに、大豆に含まれるゲニステイン(en)、ダイゼイン(en)、グリシテイン(en) などのイソフラボンは、大豆イソフラボンと総称され、弱い女性ホルモン作用を示すことから骨粗鬆症や更年期障害の軽減が期待できる。これらの作用から、大豆製品の中には特定保健用食品に指定されている物もある。骨粗鬆症予防効果、更年期障害の緩和に加えて、抗動脈硬化作用の可能性もある。また、乳がんや前立腺がん等の予防にも効果があることが、疫学的な調査で明らかになってきており、特にイソフラボン配糖体のゲニステインという物質に、腫瘍の血管新生を抑える効果があり、それにより腫瘍の増殖を抑制することがわかってきた。味噌 フレッシュアイペディアより)

  • シプロテロン

    シプロテロンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    は、また、胎児性的区別においてアンドロゲンの行動を調査するために、動物性の実験において使用されました。 さらに、シプロテロン酢酸塩は弱い黄体ホルモン物質を持っていますプロゲステロンの活動(例えば、それは黄体ホルモンそれのように作動します)および暑く同一平面のesを扱うために使われえます。 ある結合された経口避妊薬錠剤s(他の国の) (「UKの'」) (「および」'ダイアン35"'という'''Dianette)の一部として、それは尋常のにきびを減少させますにきびと多毛(男性パターン毛成長)。 酢酸プロテロンは17―ヒドロキシプロゲステロンの合成のデリバティブであり、アンドロゲン受容体受容器敵対者として作動します持つ弱い黄体ホルモン物質を敵対者プロゲステロンであることと糖質コルチコイド活動。 ある部分は加水分解のためシプロテロンと酢酸に新陳代謝します。 多くの他のステロイドエステルと違って、シプロテロン酢酸塩は広く加水分解されず、その薬学の活動の多くは、その酢酸塩フォームに帰されています。酢酸プロテロンは、シプロテロンの反アンドロゲンの活動の約3倍を持っています。酢酸プロテロンが21水酸化酵素ステロイド産生酵素を抑制することおよびより小さい範囲3beta-ヒドロキシステロイド脱水素酵素に コルチゾルを統合することが必要とされる両方 。封鎖が、アルドステロンの減らされた生産、主要鉱質コルチコイドのホルモンを結果として生じるかもしれません。 先天的な副腎過形成をエンコードしている 21ハイドロキシラーゼ欠損症のため遺伝子での変異従って、何人かの患者が他より多く影響されるかもしれないので、人の人口で21水酸化酵素がかなり一般的です。 シプロテロンはある糖質コルチコイド活動を持っているけれども、、これは、シプロテロン酢酸塩がコルチゾル生産を抑制し、糖質コルチコイド受容器で、コルチゾルの競合する抑制剤として代行できるという事実によりオフセットされます、 そのadrenosuppressive効果は通常公正に少ない。 しかし シプロテロン酢酸塩自身、ネット効果が、シプロテロン酢酸塩が新陳代謝するレートによって変わることができるというよりも糖質コルチコイド効果が代謝産物に起因しているようである 。プロゲステロンのと糖質コルチコイド効果のため、たとえ副腎21水酸化酵素の封鎖が、抗男性ホルモン取り扱いの効力を減らしてテストステロンに改宗できるアンドロゲン先駆者の蓄積をどのように結果として生じても、通常下のテストステロンレベルを結果として生じる性腺刺激ホルモンsの生産が減少します。 増大した副腎アンドロゲンの可能性のため、シプロテロン酢酸塩は時々5アルファ還元酵素抑制剤フィナステリドと結合されて、多毛取り扱いの研究により、シプロテロン酢酸塩の上のこの組み合わせの増大した効力が一人で示されます。 シプロテロンまたはシプロテロン酢酸塩が5アルファ還元酵素へのわずかな抑制している効果があるかもしれないことが示唆されました、たとえDHT生産のどの重要な縮小も「生体内の」とどのように認められなくても。酢酸プロテロンはCYP3A4酵素のため新陳代謝するけれども、プロゲステロンの活動を減らしました。 、CYP3A4を抑制する物質の組み合わせのシプロテロン酢酸塩の使用は、プロゲステロンの効果を増大できます。 酢酸プロテロンは、プレグナンx受容器を作動させてCYP3A4の生産を増大させます。最も重大な潜在的な副作用が肝臓毒性であり、患者は肝臓機能テストにおいて変化のために監視されるべきですもし特に高い一服のかかり肝酵素(200-300mg/日)。毒性は用量依存であり、産児制限錠剤(2mg)において使われた低用量は、重要なリスクを表しているようではありません。抑圧 および反応を副腎皮質刺激のホルモンに減らしましたACTHは報告されました。 低さコルチゾルのレベルは炭水化物代謝を害することができて、持つ糖尿病mellitusを患者は、インシュリン1回投薬量において調整を必要とするかもしれません。 低さアルドステロンのレベルは塩の損失と高カリウム血をもたらしているかもしれません(余分なカリウム)。 シプロテロンを取っている患者が、監視されたそれらのコルチゾルレベルと電解質sを持っているべきであることともし高カリウム血が発展するならば、高さカリウムの容量を持っている食物の消費を減らしてください。 一人で使われて、シプロテロン酢酸塩は、血凝結ファクターへの重要な効果が、どんなにエチニルエストラジオール(結合された経口避妊薬錠剤sの)プレゼントの組み合わせ 深い静脈血栓症の増大したリスク であるようではありません。 そこは矛盾しています シプロテロン酢酸塩対結合された経口避妊薬の他のタイプを含んでいる経口避妊薬の間の血栓症のリスクに重要な違いがあるかどうかへのリポート 。シプロテロンは臨床の不況と関連しました何人かの患者、たぶんアンドロゲン剥奪のため抑圧的な気分は変わります。 しかし、他は重要抗鬱病剤の効果を報告しました。 これは、同様な抗鬱病剤効果が他の副腎抑制剤で観察されたので、その副腎ホルモンへの効果に起因しているかもしれません メチラポンなど 。 酢酸プロテロンはその反生殖腺刺激性の効果のためエストロゲンの生産を抑制し、エストロゲン置換なしの長期の使用は骨粗鬆症を結果として生じるかもしれません。 その抗アンドロゲン行動に直接起因している人の副作用は、女性乳房(胸成長)、乳汁漏出(ミルク流出)、および勃起性の機能不全を含みます。 シプロテロン酢酸塩の急撤退は有害であるかもしれず、シェーリングAGからのパッケージ挿入により、50mgだけで毎日の一服が数週の間隔によって減らされるのが忠告されます。 主要な懸念は、シプロテロン酢酸塩が副腎に影響する方法です。 その糖質コルチコイド活動のため、シプロテロン酢酸塩のハイレベルはACTHを減らすことができて、もし突然やめられるならば、[[副腎シプロテロン フレッシュアイペディアより)

  • 鬆

    から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    一般にすとは呼ばないが、骨粗しょう症の「しょう」が「鬆」の字である。よって、意味は同じと考えてよい。 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗しょう症

    骨粗しょう症から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗しょう症 フレッシュアイペディアより)

  • MSD

    MSDから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    フォサマック® (ビスフォスフォネート:骨粗鬆症治療薬)MSD フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示