前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
176件中 1 - 10件表示
  • ラロキシフェン

    ラロキシフェンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ラロキシフェン(Raloxifene)は、(SERM)であり、骨でエストロゲン作用を、子宮および乳房で抗エストロゲン作用を示す。閉経後の女性の骨粗鬆症予防に用いられる。商品名エビスタ。ラロキシフェン フレッシュアイペディアより)

  • ステロイド系抗炎症薬

    ステロイド系抗炎症薬から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    PSLを長期にわたり5mg/day以上服用する場合は、骨粗鬆症予防のためビスフォスフォネート系薬剤を併用する。ステロイド系抗炎症薬 フレッシュアイペディアより)

  • ラネル酸ストロンチウム

    ラネル酸ストロンチウムから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ラネル酸ストロンチウム (Strontium ranelate)はラネル酸のストロンチウム塩であり、骨粗鬆症治療薬である。仏セルヴィエ社によってプロテロス (Protelos)、プロトス (Protos)等の名称で販売されている。膝の骨関節炎に有効であるとの研究もある。現在のところ、骨形成の促進・骨吸収の阻害双方の作用を持つ薬剤(dual action bone agent, DABA)としてはほぼ唯一のものである。2013年、無作為化臨床試験で心筋梗塞のリスク上昇が見られたと発表された。同発表では、ラネル酸ストロンチウムは閉経後女性の重度の骨粗鬆症についてのみ使用すべきとされた。欧州ファーマコビジランス評価委員会(PRAC)は、心筋梗塞リスクを踏まえた危険便益評価を実施してから用いるべきであるとした。2014年2月には、欧州EMAは心疾患を持つ患者へのラネル酸ストロンチウムの使用を制限するとした。ラネル酸ストロンチウム フレッシュアイペディアより)

  • セリアック病

    セリアック病から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    鉄欠乏性貧血、骨粗鬆症、1型糖尿病、小脳失調症、不妊症、セリアック病 フレッシュアイペディアより)

  • 骨ページェット病

    骨ページェット病から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症治療薬であるビスホスホネート系製剤が使用(内服・静脈投与)される。ビスホスホネート系製剤は骨に沈着し、それを貪食した破骨細胞の活動を低下させ、疼痛や高カルシウム血症、骨破壊を抑制する。ビスホスホネート系製剤の骨ページェット病に対する効果は、反復使用で低下してくる。ゾレドロン酸などの長期作用型のビスホスホネート製剤が、骨ページェット病進行抑制により有効とされる。骨ページェット病 フレッシュアイペディアより)

  • アムジェン

    アムジェンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    2013年5月29日、国内第2位の製薬メーカーであるアステラス製薬との合弁会社を設立し日本に本格的に再参入することが発表された。(バイオ薬の巨人再上陸―米アムジェン、日本に攻勢)共同出資の新会社、アステラス・アムジェン・バイオファーマは2013年10月に業務を開始し、脂質異常症や胃癌、骨粗鬆症の治療薬の新薬候補の臨床試験(治験)に取り組む。アムジェンが単独で手がけてきた開発を、アステラスが支援し開発期間の短縮を目指すと同時に、共同商業化も行う。また、同社は2020年を目標にアムジェンの完全子会社として独立する予定となっている。アムジェン フレッシュアイペディアより)

  • アナボリックステロイド

    アナボリックステロイドから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    アナボリックステロイドは医療用に処方されることがある。その蛋白同化作用を用いて、骨粗鬆症や慢性の腎疾患の治療、あるいは怪我や火傷による体力の消耗状態の改善などを目的に用いられている。 こうして医療用に処方されるアナボリックステロイドには、メスタノロン製剤とメテノロン製剤という2種類のそれがある。 前者は骨粗鬆症、下垂体性小人症、慢性腎疾患、悪性腫瘍、外傷/熱傷による著しい消耗状態などの治療に用いられ、ヘモグロビン量や赤血球数の増加などの造血作用をも示す後者は、これらに加えて再生不良性貧血による骨髄の消耗状態の治療に用いられている。 再生不良性貧血は骨髄中の造血幹細胞が何らかの原因で傷害されて生じる貧血である。一般に再生不良性貧血の治療は免疫抑制療法・骨髄移植・蛋白同化ステロイド療法などがある。そのうち蛋白同化ステロイドは軽傷例に使用する。蛋白同化ステロイドの疾患への効果のメカニズムとして、腎臓に作用してエリスロポエチン(赤血球産生を刺激するホルモン)を出させる働きと、造血幹細胞に直接作用して増殖を促す働きが考えられている。アナボリックステロイド フレッシュアイペディアより)

  • X線撮影

    X線撮影から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    レントゲンは骨病変の診断に最も有効であり、現在でも骨折の診断には最も有用な検査方法の一つである。特に頭部・頚部や四肢の骨折で有用性が高い。また骨粗鬆症の骨塩定量にも用いられる。X線撮影 フレッシュアイペディアより)

  • ゾレドロン酸

    ゾレドロン酸から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ゾレドロン酸(Zoledronic acid)またはゾレドロネート(Zoledronate)は、ビスホスホネート系製剤の1つであり白色の結晶性化合物。経静脈投与で使用される。骨粗鬆症や、悪性腫瘍の合併症としての高カルシウム血症等の治療に用いられる。日本での商品はリクラストまたはゾメタ。 ゾレドロン酸 フレッシュアイペディアより)

  • LOH症候群

    LOH症候群から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    発症時期が一定しないが、概ね40歳以降、加齢などによりテストステロンが低下することにより発生する。実態は低テストステロン症候群であり、生殖能力の低下のみならず精神症状を含めた全身的な症状が認められる。インスリン感受性が悪化しメタボリック症候群を発現しやすくなる。2型糖尿病患者に高頻度で見られ骨粗鬆症、心血管疾患、内臓脂肪の増加、耐糖能異常、高脂血症のリスクが増加することが知られている。特に20代から40代でテストステロンが低い場合は、2型糖尿病、メタボリック症候群のリスクが増大する。LOH症候群 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
176件中 1 - 10件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード