176件中 91 - 100件表示
  • レミギウス・モリカビュチス

    レミギウス・モリカビュチスから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    幼い頃に当時のリトアニアの不安定な政治情勢(リトアニア独立革命)の影響により、両親の元をやむなく離れ、祖母に預けられて育った。現在祖母は、老人性骨粗鬆症にかかり、杖無しでは歩くことが困難な状況にある。闘病中の祖母の治療費を捻出するためにレミギウスは闘い続けた。レミギウスは2016年12月21日、リトアニア第2の都市カウナスで射殺された。レミギウス・モリカビュチス フレッシュアイペディアより)

  • メチルプレドニゾロン

    メチルプレドニゾロンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    長期にわたって服用すると、体重の増加、緑内障、骨粗鬆症、精神病といった重篤な副作用があり、特に過剰摂取した場合に顕著である。最も重い副作用は副腎が自然にコルチゾンを生産するのを止めたあとに起こるが、これはメチルプレドニゾロンが人体が作り出すコルチゾンと置き換わってしまうためである。この状態になったあと急に服用をやめるとアジソン病発作と呼ばれる症状があらわれ、非常に危険である。これを避けるため、通常処方量は徐々に減らすように調整される。あらかじめ処方を渡す場合には、6日間以上の定められた期間にわたって服用する錠剤の数が細かく指示される。メチルプレドニゾロン フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    プラリア - デノスマブ: 抗RANKL抗体, 骨粗鬆症治療薬第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 整体

    整体から見た骨粗しょう症骨粗鬆症

    厚生労働省は、カイロプラクティック療法が対象とすることが適当でない疾患として、厚生労働省通達において、「一般には腫瘍性、出血性、感染性疾患、リュウマチ、筋萎縮性疾患、心疾患等とされているが、このほか徒手調整の手技によって症状を悪化しうる頻度の高い疾患、例えば、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、環軸椎亜脱臼、不安定脊椎、側彎症、二分脊椎症、脊椎すべり症などと明確な診断がなされているものについては、カイロプラクティック療法の対象とすることは適当ではないこと。」と述べている。また「カイロプラクティック療法の手技には様々なものがあり、中には危険な手技が含まれているが、とりわけ頚椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要があること。」と述べてる。以上の通達が整体に当てはまるかどうかは不明である。整体 フレッシュアイペディアより)

  • 骨折

    骨折から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    老人の場合、潜在的が骨塩量の低下による骨の脆弱化(骨粗鬆症)や筋力の衰えによる歩行不安定から、転倒などによって以下のような骨折を起こしやすい。骨折 フレッシュアイペディアより)

  • ホウ素

    ホウ素から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    1989年以降、ホウ素が人間を含む動物にとって栄養素として生物学的な役割を持つのではないかという議論が起こった。アメリカ合衆国農務省が閉経後の女性に対して1日3 mgのホウ素を投与する実験を行った結果、ホウ素の補給がカルシウムの排出を44%抑え、エストロゲンおよびビタミンDを活性化させるという結果が示され、骨粗鬆症を抑制する可能性が示唆された。しかし、これらの影響が栄養素としての効果なのか医薬品としての効果なのかということは判別できなかった。アメリカ合衆国国立衛生研究所は「正常なヒトの食事におけるホウ素の1日当たりの総摂取量の範囲は2.1から4.3 mgである」と述べた。ホウ素 フレッシュアイペディアより)

  • レボチロキシン

    レボチロキシンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    TSHが長期間抑制されていると、しばしば心臓系の副作用を起こし、また骨密度を減少させる。低TSH血症は骨粗鬆症の原因となる。レボチロキシン フレッシュアイペディアより)

  • 重症急性呼吸器症候群

    重症急性呼吸器症候群から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    SARSからの回復者について中国で出された報告書では、重症の後遺症が長時間続くことが示されている。最も典型的な症状は、肺線維症、骨粗鬆症、で、どれも就業や自己介護の妨げとなり得る症状である。SARSでは間質性肺炎に引き続く肺線維症が報告されているが、これを防ぐため、ステロイド系抗炎症薬の投与が行われた。骨粗鬆症や骨壊死は、このステロイド剤の副作用として知られるものでもある。隔離収容の結果、SARSからの回復後に心的外傷後ストレス障害 (PTSD) や大うつ病性障害を発症した例も報告されている。重症急性呼吸器症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ニューハーフ

    ニューハーフから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    去勢、または長期的なホルモン投与により男性機能が不可逆になってしまった場合は、ほぼ永年に渡りホルモン投与を必要とする。それを怠っても生きる事はできるが早い段階で骨粗鬆症を患ったり更年期障害を迎える可能性が高まる。ニューハーフ フレッシュアイペディアより)

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    治療をせずに長期間放置していると骨粗鬆症の原因となることもある。また、高齢者の場合はこういった症状が見られないこともある。低カリウム血症を来たした結果、周期性四肢麻痺を来たすこともある。爪甲剥離症を認めることがある。甲状腺機能亢進症 フレッシュアイペディアより)

176件中 91 - 100件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード