132件中 91 - 100件表示
  • イソフラボン

    イソフラボンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    エストロゲン様の活性を持つがゆえ、乳癌や子宮体癌などのリスクを増すとも減らすとも考えられている。大豆イソフラボンは、更年期障害や2型糖尿病の改善に効果があるといわれ、また骨粗鬆症に対しては特定保健用食品として「骨の健康維持に役立つ」という表示が許可されたものがある。大豆あるいは大豆食品そのものの安全性は問題視されていない。また、大豆イソフラボンの長期摂取と骨密度の相関を調べた、米Miami Veterans Affairs Healthcare SystemのSilvina Levis氏らによる単一施設での二重盲検・無作為化試験データによれば、1日のイソフラボン摂取総量を体重1kg当たり2.05mgから4.50mgとし、2年間実施したがイソフラボン群(122人)と偽薬群(126人)の骨密度に有意な差はなかった。また、日本で2001年に20名の被験者を対象とした試験が行われたが、摂取量と骨密度の有意な関係を示唆するデータは得られなかった。イソフラボン フレッシュアイペディアより)

  • コマツナ

    コマツナから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    貧血 / 肌あれ / 風邪予防 / 高血圧予防 / 骨粗鬆症の予防 / ガン予防コマツナ フレッシュアイペディアより)

  • 牛乳

    牛乳から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    特に高齢者においては、飲用によって血中カルシウム濃度が高まると、体内のカルシウムも排出されてしまい、逆に骨粗鬆症を引き起こす可能性が高い(外山(2001)参照)。牛乳 フレッシュアイペディアより)

  • ビタミン

    ビタミンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ビタミンDの成人の所要量は日本では2.5μgであり、アメリカでは5.0μgで骨粗鬆症予防を目的としている。日本の所要量は少なくないか。ビタミン フレッシュアイペディアより)

  • 銅

    から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    膜輸送体が鉄を細胞に取り込むためには銅による還元が必要であるため銅の欠乏によって鉄の吸収量が低下し、貧血のような症状や、骨の異常、、成長障害、感染症の発病率増加、骨粗鬆症、甲状腺機能亢進症、ブドウ糖とコレステロールの代謝異常などがもたらされる。しかし、銅は要求量がそれほど多くなく、食品中に豊富に存在するためそのようなことはまれである。ただし、特に反芻動物は銅に対して敏感な性質を持つため、家畜などにおいては銅の不足により神経障害や貧血、下痢などが発生することがある。これは飼料に銅を含んだミネラル分を添加することで改善される。また、亜鉛の過剰摂取は小腸細胞において金属結合性タンパク質であるメタロチオネインが誘導され、銅がこのタンパク質にトラップされる結果、銅の摂取が阻害される。例えば、ウサギの健康な成長の為に必要な最低限の銅摂取量は、少なくともエサ中に3 ppmは必要であることが報告されている。 フレッシュアイペディアより)

  • カルシウム

    カルシウムから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    いくつかの症状に対し、医薬品として処方されることがある。定番となっている胃の制酸薬以外にも、カルシウム欠乏による筋肉の痙攣、くる病、骨軟化症、低カルシウム血症、骨粗鬆症の治療に、主に経口摂取で用いるほか、血液中のリン酸濃度を抑制したい場合に用いる。また、栄養補助食品も広く販売されており、病気治療で食事制限中だったり、重度の骨粗鬆症で大量摂取したいとき、食事量が落ちた高齢者などで効果が期待できる。カルシウム フレッシュアイペディアより)

  • モリブデン

    モリブデンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    モリブデンの欠乏症はまれであるが、欠乏すると亜硫酸毒性がみられ、頻脈、頻呼吸、頭痛、悪心、嘔吐、昏睡の症状が見られたとの記録がある。過剰摂取による中毒は「モリブデノーシス」(molybdenosis) といい、コロラド州のモリブデンを多く含む土地の草を食べた牛が中毒した例がある。症状は、体重の低下・食欲減退・貧血・授乳不良・不妊・骨粗鬆症などである。モリブデン フレッシュアイペディアより)

  • ガドリニウム

    ガドリニウムから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    153Gd は、X線吸光光度分析法や骨粗鬆症のための骨密度測定等のX線源として用いられる。ガドリニウム フレッシュアイペディアより)

  • ネグロイド

    ネグロイドから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨密度が高く、骨粗鬆症に成り難い。ネグロイド フレッシュアイペディアより)

  • 性同一性障害

    性同一性障害から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    FtM では子宮卵巣摘出、MtF では精巣摘出によって、生殖能力(子供をつくる能力)は永久的に失われる。これは不可逆で、もとに戻すことはできない。男性または女性としての新たな生殖能力も得られない。また、骨粗鬆症などの可能性から、ホルモン療法は生涯にわたって継続すべきものとなる。性同一性障害 フレッシュアイペディアより)

132件中 91 - 100件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード