132件中 21 - 30件表示
  • 日本骨粗鬆症学会

    日本骨粗鬆症学会から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    日本骨粗鬆症学会(にほんこつそしょうしょうがっかい、英文名 Japan Osteoporosis Society)は、骨粗鬆症の基礎・臨床の諸問題とその社会的応用についての研究・進歩発展を目的に1999年に設立された学会。日本骨粗鬆症学会 フレッシュアイペディアより)

  • 椎骨

    椎骨から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    5個の椎骨からなり、それぞれ上からL1?L5と呼ぶ。上位の椎体よりもより重い体重を支えなければならないため、椎体は最も大きいが、骨粗鬆症における椎骨圧迫骨折などの障害も起こりやすい骨である。成人では一般に脊髄はL1とL2の椎間のあたりで終わり、それ以下の髄腔内には末梢神経の集合した馬尾が存在している。そのため、脳脊髄液の検査の際に実施する腰椎穿刺はこれ以下の椎間で行う必要がある。椎骨 フレッシュアイペディアより)

  • リン酸塩

    リン酸塩から見た骨粗しょう症骨粗鬆症

    リン酸塩を体内で過剰に摂取するとカルシウムの吸収が阻害され骨粗しょう症にもなりかねない事例がある。このようなことを受けて大手コンビニエンスストアのセブンイレブンでは、ハム・ソーセージを使った食品からリン酸塩を排除する取り組みを行っているリン酸塩 フレッシュアイペディアより)

  • 薬草

    薬草から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    例を挙げればきりが無いわけであるが、いくつか例を挙げるとすると、例えば、漢方製剤の牛車腎気丸は、痺れを中心とする糖尿病性神経障害の症状に有用であり、メコバラミンとの比較試験においても、痺れに対しては、メコバラミンより有意に改善率が大である事実は明らかになっている。当初は有効性のメカニズムの詳細が明らかではなかったが、その後、牛車腎気丸にアルドース還元酵素阻害作用がある事実が、女屋らによって発見されている。また、牛車腎気丸に、皮膚温上昇、血流改善作用があることや、血中過酸化脂質低下作用のあることも医学研究者らによって報告・指摘されており、骨粗鬆症にも有効であるとの客観的臨床成績が報告されている。牛車腎気丸の西洋医学的な薬理作用も解明されるに至っている。薬草 フレッシュアイペディアより)

  • 帝人ファーマ

    帝人ファーマから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症治療薬「ボナロン」帝人ファーマ フレッシュアイペディアより)

  • 乳酸塩

    乳酸塩から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    乳酸塩(にゅうさんえん、lactate)または2-ヒドロキシプロパン酸塩(α-ヒドロキシプロパン酸塩)は、乳酸イオン(CH3CH(OH)COO-、)を持つ塩である。乳酸は光学異性体を持つため、それぞれに対応する塩がある。食品添加物、医薬品に、乳酸カルシウムがカルシウム補給剤として、低カルシウム血症や骨粗鬆症の治療、妊婦や発育期の児童のカルシウム補給、スポーツドリンクなどの栄養剤、サプリメント、ベーキングパウダーの原料、また、虫歯予防として歯科でもよく使われている。乳酸ナトリウムは、電解質液として医薬品、食品安定剤、保水剤として化粧品などにもよく使われている。乳酸塩 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島勇

    鹿島勇から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    鹿島 勇(かしま いさむ、1947年10月7日 - )は、日本の歯科医師、歯学者。神奈川歯科大学理事長。デジタルX線画像情報や骨粗鬆症の研究で知られる。鹿島勇 フレッシュアイペディアより)

  • 炭酸飲料

    炭酸飲料から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症の診療ガイドラインの『骨粗鬆 診断・予防・治療ガイド』では、砂糖は「骨泥棒」とされる。砂糖の摂りすぎはカルシウムの排泄量を増やすため、尿路結石では摂取を控えるとの指導がある。コーラを定期的に摂取する人は、そうでない人より骨密度が低い。少女の骨折率は炭酸飲料を飲む場合3倍、コーラでは5倍であった。炭酸飲料 フレッシュアイペディアより)

  • カルシトニン

    カルシトニンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨パジェット病や骨粗鬆症、高カルシウム血症に対する治療薬として、ヒトカルシトニンより効果の強いサケカルシトニン、ブタカルシトニン、合成ウナギカルシトニン(エルカトニン)が用いられている。カルシトニン フレッシュアイペディアより)

  • プレドニゾロン

    プレドニゾロンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    他にプレドニゾロンが使用される疾患は急性炎症、慢性炎症、自己免疫疾患、アレルギー性疾患、ショック、痛風、メニエール病、突発性難聴、急性白血病、ネフローゼ症候群、移植片拒絶反応など枚挙にいとまがないほどである。しかし副作用も多彩で、免疫機能低下およびそれによる感染症、副腎皮質機能不全、クッシング症候群、胃潰瘍、神経症状、精神症状、骨粗鬆症、白内障、Na及び体液貯留(むくみ)、食欲増進、脂肪の異常沈着、ムーンフェイス(脂肪が付いて顔が丸くなる)、傷の治りが悪い、いらいら感、不眠その他枚挙にいとまがないほどである。プレドニゾロン フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード