176件中 21 - 30件表示
  • 経皮的椎体形成術

    経皮的椎体形成術から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症や転移性骨腫瘍などを原因とした高齢者に多い圧迫骨折は従来はコルセットなどの保存的療法が主であった。保存的療法では数か月?数年強い痛みが残る場合もあった。経皮的椎体形成術はセメントを注入することにより椎骨を整形する治療法である。1984年にフランスで始まり、1990年代にはアメリカで普及が始まり、日本では1997年に導入された。アメリカでは2003年に7万人、2004年には10万人の患者がこの治療を受けている。 特に除痛効果が高いとされ、著明な痛みの軽減は1ヶ月以内に患者の80%?90%以上にみられる。最も除痛効果が出現しやすいのは発症後3ヵ月以内の急性期のものと言われているが、近年発症後6ヵ月以上経過した慢性症例にも緩和効果が認められるとの報告がなされ適応は拡大傾向にある。治療時間は一椎骨あたり30分程度。経皮的椎体形成術 フレッシュアイペディアより)

  • ガドリニウムの同位体

    ガドリニウムの同位体から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    153Gdは、240.4±10日の半減期で41KeVと102KeVに強いピークを持ったガンマ線を放出しながらガンマ崩壊する。これは、X線吸光光度分析法や骨粗鬆症のための骨密度測定等のX線源として用いられる。ガドリニウムの同位体 フレッシュアイペディアより)

  • 子宮内膜症

    子宮内膜症から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ダナゾール療法とGnRH療法の2種類ある。低エストロゲン状態により骨量の低下が起こり、骨粗鬆症の危険があるので注意が必要。子宮内膜症 フレッシュアイペディアより)

  • 在宅健康診断

    在宅健康診断から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症 (採尿後、検体を返送)在宅健康診断 フレッシュアイペディアより)

  • マデレイン・レングル

    マデレイン・レングルから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    晩年、レングルは骨粗鬆症のためあまり動けなくなった。2002年の脳内出血以降には更に動けなくなり、講演や講義といった活動からは手を引かざるを得なくなった。2001年以降は、未発表だった旧作を刊行する以外には作品の発表を行なわなくなった。マデレイン・レングル フレッシュアイペディアより)

  • 心臓移植

    心臓移植から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    活動期の消化性潰瘍や感染症、重症糖尿病、重度の肥満および重症の骨粗鬆症のある場合心臓移植 フレッシュアイペディアより)

  • 破骨細胞

    破骨細胞から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症では、骨芽細胞による骨形成と、破骨細胞による骨融解のバランスが崩れ、骨量の低下が出現する。破骨細胞を抑制する薬剤にはビスフォスフォネートや抗RANKL抗体などがある。破骨細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 溶血性貧血

    溶血性貧血から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    アレルギーが原因の場合、免疫反応を抑えるプレドニゾロンと呼ばれるステロイド剤を経口服用する。ただし大量かつ長期にわたるステロイド剤の服用は、免疫力を低下させ日和見感染などを引き起こす、骨粗鬆症・糖尿病・高血圧の誘因となるため注意を要する。溶血性貧血 フレッシュアイペディアより)

  • ウェルナー症候群

    ウェルナー症候群から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    患者は低身長、低体重、白髪、両側性白内障、皮膚の硬化・萎縮、嗄(さ)声などの外観を呈し、臨床像として耐糖能低下、骨粗鬆症、性腺機能低下、尿中ヒアルロン酸量の増加が顕著である。多くの場合、平均40-50歳で動脈硬化もしくは悪性腫瘍が原因となる疾患によって死亡する。ウェルナー症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 顕微鏡的多発血管炎

    顕微鏡的多発血管炎から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    糖質コルチコイドの副作用と共に、腎機能低下による骨ミネラル代謝異常による。ステロイド性骨粗鬆症予防ガイドラインなどにより、積極的な治療を早期から開始する必要がある。顕微鏡的多発血管炎 フレッシュアイペディアより)

176件中 21 - 30件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード