132件中 31 - 40件表示
  • 腫瘍壊死因子

    腫瘍壊死因子から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨では常に破骨細胞による骨吸収と骨芽細胞による骨形成が行われており、正常な状態ではこれらのバランスが保たれていることから見かけ上では骨の大きさは変化していない。しかし骨代謝に異常が生じ、この平衡が骨吸収側に傾くと骨量が減少し、骨粗鬆症に陥る。TNF-αは骨吸収を促進するサイトカインの一つとして知られており、間質細胞やT細胞、B細胞、内皮細胞などに作用してRANKLと呼ばれる分子の産生を促進する。RANKLはTNF-αファミリーに属する細胞表面に発現する分子であり、RANKLに対する受容体として働くRANKに結合(RANKL/RANK系)することにより骨髄細胞から破骨細胞への分化誘導に関与している。また、破骨細胞の形成にはRANKL非依存的な経路が存在することも示唆されている。腫瘍壊死因子 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晴郎

    水野晴郎から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    晩年の2000年代前半には体重の増加で肝臓が悪くなっており、骨粗鬆症にもなっていた。2006年1月には吐血して意識不明にもなっている。2007年6月29日、映画の試写室で階段踏み外しによる転倒で背骨を圧迫骨折して全治3ヶ月の重傷を負った(2004年にも映画の撮影中に同じ個所を骨折している)。2007年10月にクランクインするはずだった「シベ超」シリーズ最終作の撮影も延期されていた。周囲が心配していた矢先、同年12月13日に自宅で転倒、肋骨を骨折し動けずにいたところを所属事務所関係者に発見され、12月17日までに入院した。2008年4月ごろにはペンすら持てなくなったが、それでもなお口述筆記で製作活動を続けていたほか、長年の夢であった「水野晴郎映画塾」を立ち上げた。水野晴郎 フレッシュアイペディアより)

  • ノルゾアンタミン

    ノルゾアンタミンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ノルゾアンタミンは、マウスにおいて骨重量および強度の損失を抑制することが示されていることから、骨粗鬆症治療薬の開発につながる可能性がある。ノルゾアンタミンの誘導体の一部は、白血病細胞株の増殖やヒト血小板凝集を抑制する。ノルゾアンタミン フレッシュアイペディアより)

  • ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群

    ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    症状が進むと、皮膚の老化、高コレステロール血症、動脈硬化の亢進、糖尿病、骨粗鬆症、老年性の白内障、網膜の萎縮、白髪、脱毛、などの早老変性が顕著となる。特に動脈硬化による血管障害の進行が早いため、心機能障害や脳血管障害などの重大な循環器系疾患が極めて発しやすく、平均寿命が著しく低下する。老化の進行は、本症患者の1年間の老化が、健常者の10年間以上に相当するといわれている。ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ガドリニウムの同位体

    ガドリニウムの同位体から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    153Gdは、240.4±10日の半減期で41KeVと102KeVに強いピークを持ったガンマ線を放出しながらガンマ崩壊する。これは、X線吸光光度分析法や骨粗鬆症のための骨密度測定等のX線源として用いられる。ガドリニウムの同位体 フレッシュアイペディアより)

  • ソマチット

    ソマチットから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    また、ある貝の化石中に古代ソマチットを発見したとして、これが骨粗鬆症の治癒に有効であると主張する者もいる。1ソマチット フレッシュアイペディアより)

  • 運動療法

    運動療法から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    加齢や運動不足による筋萎縮や骨粗鬆症の予防に有効である。運動療法 フレッシュアイペディアより)

  • ハトシェプスト

    ハトシェプストから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    しかし、ハトシェプストの名が刻まれたカノプス壺(別の場所で1881年に発掘)に入っていた臼歯とミイラの歯茎の穴をCTスキャンしたものが一致し、また既に確定しているハトシェプストの親族のミイラとの間のDNAの類似性が認められたことにより、KV60に葬られたミイラがハトシェプストと判明した。身長165センチ、太り気味で腰骨まで侵食した悪性腫瘍、歯周炎、関節炎、骨粗鬆症、糖尿病等を患っていた。歯周炎による抜歯のため感染した菌が全身を蝕み、約50歳で亡くなったという。ハトシェプスト フレッシュアイペディアより)

  • 無重量状態

    無重量状態から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    長い間、無重力状態(微少重力環境)に晒されていると、骨が脆くなる。これは、骨が圧力を受けるほど太くなり、逆に負荷が減ると細くなってゆくという性質を持つためである。さらに、骨が細くなる過程で浸出するカルシウムが尿に含まれるようになるので、腎臓結石のリスクも高まる。また、カルシウムが不足すれば骨粗鬆症にもなりやすくなる。無重力状態では1ヶ月に約1パーセントの割合で骨の質量が減少するので、10ヶ月も過ごせば地上で30歳から75歳まで年を取った分に相当する骨の無機成分が失われる。無重量状態 フレッシュアイペディアより)

  • 天うらら

    天うららから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    うららの祖母、木場の工務店「大滝組」女将。骨粗鬆症により寝たきりの危機に陥るが、不屈の精神でリハビリに励む。もう1人の主人公的存在。天うらら フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード