176件中 41 - 50件表示
  • ナーイフ・ビン・アブドゥルアズィーズ

    ナーイフ・ビン・アブドゥルアズィーズから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ナーイフは白血病・骨粗鬆症・糖尿病などの病気を患っていたとされ、2012年3月に「休暇」の名目でモロッコに向かい治療を受け、アルジェリアに滞在した後、4月に帰国した。5月26日、治療のためスイス・ジュネーブに向かい、療養中の6月16日に死去した。ナーイフ・ビン・アブドゥルアズィーズ フレッシュアイペディアより)

  • アゴニスト

    アゴニストから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ラロキシフェン(エビスタ)はエストロゲン受容体に対するパーシャルアゴニストである。骨代謝ではエストロゲンアゴニスト、骨外ではアンタゴニストとして作用するため、副作用の少ない骨粗鬆症の治療薬として用いられている。アゴニスト フレッシュアイペディアより)

  • 圧迫骨折

    圧迫骨折から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    圧迫骨折(あっぱくこっせつ)とは、外傷や椎骨の弱まりによる椎骨の崩壊のこと。椎骨の弱まりは骨粗鬆症や骨形成不全の患者、原発もしくは転移性骨腫瘍、感染による。健康な人の場合は射出座席のような垂直的な圧力がかかった場合におこる。X線撮影では、くさび形に変形して見える。高齢者におこる圧迫骨折のほとんどが骨粗鬆症に起因しており、胸椎と腰椎の移行部の椎体に生じやすく、くしゃみや腰をひねっただけ、尻もちなどの軽微な外力によって生じる。圧迫骨折 フレッシュアイペディアより)

  • 骨多孔症

    骨多孔症から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨多孔症 フレッシュアイペディアより)

  • ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル

    ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症をチョコレートバーに例える事の妥当性ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル フレッシュアイペディアより)

  • 山形大学医学部附属病院

    山形大学医学部附属病院から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    四肢関節、脊髄、骨粗鬆症、スポーツ、リハビリ、外傷、整形外科一般山形大学医学部附属病院 フレッシュアイペディアより)

  • おばあさん仮説

    おばあさん仮説から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    仮説に反対する他の人々は、祖母自身が若い世代が利用できる資源を利用していると主張する。また卵巣の活動低下による有害な影響、たとえば骨粗鬆症、関節炎、アルツハイマー症などを説明することができない。おばあさん仮説 フレッシュアイペディアより)

  • ポールハイム

    ポールハイムから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    本市最大のスポーツクラブが、会員数1800人の TV07 ヴァッツェンボルン=シュタインベルクである。部門としては、エアロビクス、潜水、体操、テニスからクロスカントリースキーや骨粗鬆症体操まである。数多くのレジャースポーツの他に、高度に専門的なスポーツ(特に体操と水泳)も推奨されている。ポールハイム フレッシュアイペディアより)

  • ブラックコホシュ

    ブラックコホシュから見た骨粗しょう症骨粗鬆症

    ブラックコホシュは、ネイティブアメリカンの間で古くから、婦人病や咽頭炎等に用いられていたという歴史があり、その後ヨーロッパからアメリカにやってきた入植者達に伝わり、今も使用されている。1830年の米国薬局方(United States Pharmacopeia: USP)にその名が掲載されている。現代においてはサプリメントとして広く使用されており、特に、月経前症候群(PMS)と更年期障害の緩和・改善や骨粗しょう症予防に用いられている。ブラックコホシュ フレッシュアイペディアより)

  • 濾胞傍細胞

    濾胞傍細胞から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨吸収を抑制し、カルシウムの血中濃度を低下させるホルモンであるカルシトニンを分泌する。カルシトニンは種によってアミノ酸配列に違いがあり、効果も異なる。ヒトでは甲状腺を全摘した後も血清カルシウム濃度は正常範囲内に保たれ、カルシトニンはそれほど重要な役割を果たしていないことが示唆される。一方サケのカルシトニンはヒトの約10倍のカルシウム濃度低下作用があり、骨パジェット病や骨粗鬆症の治療に使われている。他に合成ウナギカルシトニン(エルカトニン)も開発・臨床応用されている。濾胞傍細胞 フレッシュアイペディアより)

176件中 41 - 50件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード