176件中 51 - 60件表示
  • 運動療法

    運動療法から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    加齢や運動不足による筋萎縮や骨粗鬆症の予防に有効である。運動療法 フレッシュアイペディアより)

  • Tricorder X Prize

    Tricorder X Prizeから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    診断項目は貧血、脳梗塞、結核、肺炎、耳炎等の主要疾患と高血圧、百日咳、伝染性単核球症、帯状疱疹、悪性黒色腫、骨粗鬆症、ヒト免疫不全ウイルス等の選択疾患から3項目を選択して迅速に正確に診断できるチームが高得点を得られる。診断のみで治療は含まれない。2016年12月には台湾のDynamical Biomarkersとアメリカ合衆国のFinal Frontier Medical Devicesの上位2チームが確定した。Tricorder X Prize フレッシュアイペディアより)

  • テリパラチド

    テリパラチドから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    テリパラチド(Teriparatide))はパラトルモンである。 効果的な骨同化(骨成長)剤であり骨粗鬆症の治療に用いられる。適応外使用で骨折の治癒促進に用いられる場合もある。商品名フォルテオ、テリボン。テリパラチドはヒトパラトルモン(PTH)のN末端から34個のアミノ酸を切り出したポリペプチドであり、間歇的投与により破骨細胞よりも骨芽細胞を活性化させ、その結果骨量を増加させる。テリパラチド フレッシュアイペディアより)

  • オメプラゾール

    オメプラゾールから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    1991年のレビューでは、1%以上に見られる副作用として、頭痛(7%)、眩暈(2%)、(2%)、咳嗽(1%)、腹痛(5%)、下痢(4%)、嘔気(4%)、嘔吐(3%)、酸逆流(2%)、便秘(2%)、背部痛(1%)、脱力感(1%)、発疹(2%)が挙げられている。そのほか、Clostridium difficile 腸炎(偽膜性大腸炎)に伴う下痢の再発、骨密度減少に続発する骨折、が発生する可能性もある。オメプラゾール フレッシュアイペディアより)

  • プレドニゾン

    プレドニゾンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    長期投与時の副作用として挙げられる物は、クッシング症候群、認知症様症状、中心性肥満、骨粗鬆症、緑内障、白内障、2型糖尿病等である。急な減量または中止は抑うつ症状を誘発し得る。プレドニゾン フレッシュアイペディアより)

  • デノスマブ

    デノスマブから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症(製品名: プラリア)デノスマブ フレッシュアイペディアより)

  • エチドロン酸

    エチドロン酸から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    エチドロネート(ダイドロネル)はビスホスホネート製剤で、骨粗鬆症、骨ページェット病の治療、骨の強化に用いられる。エチドロン酸 フレッシュアイペディアより)

  • デデ・コサワ

    デデ・コサワから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    瘤に覆われた手は病気で変形し、手術の際にCTスキャンで手の内部を調べたところ骨粗鬆症で骨がもろくなり指の骨がボロボロに崩れ、指に骨がない状態になっていたことが判明し、医師の見解ではこの疣を除去した場合、二度と手を使うことはできないとのことであった。しかしその後の検査で、1本の指の一部には、かろうじて骨が残っていることが判り、整形外科医は、わずかに残っている骨が回復することを期待して、抗骨粗鬆症剤とカルシウムを処方することになった。デデ・コサワ フレッシュアイペディアより)

  • 骨密度測定

    骨密度測定から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    DXAまたはDEXAとよばれる骨密度測定法は2種類の異なるX線を骨にあてて、骨とほかの組織におけるX線の吸収率の差から骨密度を測定する方法である。骨密度の測定方法には他にもMD法、pQCT法、QUS法などいくつか知られているが、DXAは正確に骨密度を測定できる方法としてWHOの基準に組み込まれており、2017年現在、骨粗鬆症の標準的な診断方法となっている。骨密度測定 フレッシュアイペディアより)

  • ホスホン酸

    ホスホン酸から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    グリホサート、グルホシナートなどのホスホン酸構造を有するアミノ酸誘導体は除草剤として用いられる。また2個のホスホン酸構造を有するビスホスホネート(ビスホスホン酸化合物)は骨粗鬆症などの治療薬として用いられる。ホスホン酸 フレッシュアイペディアより)

176件中 51 - 60件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード