132件中 61 - 70件表示
  • 経皮吸収パッチ

    経皮吸収パッチから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    経皮吸収パッチは多くの種類の薬物を伝達するのに使われる。 経皮吸収パッチが最初でアメリカ食品医薬品局の承認を受けて常用化されるようになったのは1979年12月以来で、吐き気に対処するためにスコポラミンを伝達するパッチである。最近になって一番よく知られたパッチは、禁煙を助けるためのニコチンパッチである。その他に閉経後に骨粗鬆症を防止するためにエストロゲンを伝達するパッチなどがある。経皮吸収パッチ フレッシュアイペディアより)

  • セシル・シャミナード

    セシル・シャミナードから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    1908年に初めて訪米し、数え切れない数の崇拝者から熱烈な歓迎を受ける。ホワイトハウスでセオドア・ルーズヴェルトに御前演奏を行なった。1913年に女性作曲家として初めてレジオン・ドヌール勲章を授与された。夫と母親を喪ってから、1910年を前後する4年間に、降霊術やオカルトに熱中して音楽活動を顧みず、また1918年から菜食主義による無謀なダイエットが原因で骨粗鬆症を来たして歩行困難となり、後に左足を失う結果となった。セシル・シャミナード フレッシュアイペディアより)

  • 円形脱毛症

    円形脱毛症から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    なお、長期にわたるステロイドの内服は胃潰瘍、骨粗鬆症など全身的な副作用のリスクがあるため、定期的な検査を行い、副作用の程度を確認する必要がある。また少量に留めることが多い。円形脱毛症 フレッシュアイペディアより)

  • 廃用症候群

    廃用症候群から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    廃用性骨萎縮(骨粗鬆症廃用症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 在宅健康診断

    在宅健康診断から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症 (採尿後、検体を返送)在宅健康診断 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    2004年4月☆ - イーライリリー・アンド・カンパニー社と1999年締結した提携に基づき、日本初の選択的エストロゲン受容体調整薬(骨粗鬆症治療薬)「エビスタ」、日本イーライ・リリー社と共同発売。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    主に心臓の活動が上がって頻脈になる、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、多飲多尿、発汗、高血糖などやめまい、抜け毛、鬱、不安感、イライラ、震え、暑さに耐えられない、などの症状がある。そのほかの症状として、動悸、不整脈(心房細動)、息切れ、性欲不振、吐き気、嘔吐、下痢を伴うこともある。治療をせずに長期間放置していると骨粗鬆症の原因となることもある。また、高齢者の場合はこういった症状が見られないこともある。低カリウム血症を来たした結果、周期性四肢麻痺を来たすこともある。爪甲剥離症を認めることがある。甲状腺機能亢進症 フレッシュアイペディアより)

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患から見た骨粗しょう症骨粗鬆症

    COPDは肺のみならず、全身性の炎症や筋力低下、骨粗しょう症、体重減少、虚血性心疾患、その他の種々の全身併存症が認められる。慢性閉塞性肺疾患 フレッシュアイペディアより)

  • 胃切除術

    胃切除術から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    カルシウムの吸収障害が起き、それを補うために骨からカルシウムが溶け出す。そのため骨塩量の低下をきたし骨粗鬆症につながる。カルシウムの吸収は主に十二指腸と上部空腸で行われるため、ビルロート II法、ルーワイ法で骨障害が起こりやすいと考えられるが相反する報告も見られる。胃切除術 フレッシュアイペディアより)

  • 顕微鏡的多発血管炎

    顕微鏡的多発血管炎から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    糖質コルチコイドの副作用と共に、腎機能低下による骨ミネラル代謝異常による。ステロイド性骨粗鬆症予防ガイドラインなどにより、積極的な治療を早期から開始する必要がある。顕微鏡的多発血管炎 フレッシュアイペディアより)

132件中 61 - 70件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード