176件中 61 - 70件表示
  • ハトシェプスト

    ハトシェプストから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    しかし、ハトシェプストの名が刻まれたカノプス壺(別の場所で1881年に発掘)に入っていた臼歯とミイラの歯茎の穴をCTスキャンしたものが一致し、また既に確定しているハトシェプストの親族のミイラとの間のDNAの類似性が認められたことにより、KV60に葬られたミイラがハトシェプストと判明した。身長165センチ、太り気味で腰骨まで侵食した悪性腫瘍、歯周炎、関節炎、骨粗鬆症、糖尿病等を患っていた。歯周炎による抜歯のため感染した菌が全身を蝕み、約50歳で亡くなったという。ハトシェプスト フレッシュアイペディアより)

  • 老化

    老化から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    例えばヒト(哺乳類)の老化では加齢とともに胸腺の萎縮の他、様々な変化、機能低下が見られる。老年疾患・老人病には、骨粗鬆症、認知症、動脈硬化性疾患などがある。多くの動物ではいくら環境条件などを整えてもこのような生理機能の低下が起き(老化し)誕生以来一定期間以内に死に至る寿命が存在する。老化 フレッシュアイペディアより)

  • 無重量状態

    無重量状態から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    長い間、無重力状態(微少重力環境)に晒されていると、骨が脆くなる。これは、骨が圧力を受けるほど太くなり、逆に負荷が減ると細くなってゆくという性質を持つためである。さらに、骨が細くなる過程で浸出するカルシウムが尿に含まれるようになるので、腎臓結石のリスクも高まる。また、カルシウムが不足すれば骨粗鬆症にもなりやすくなる。無重力状態では1ヶ月に約1パーセントの割合で骨の質量が減少するので、10ヶ月も過ごせば地上で30歳から75歳まで年を取った分に相当する骨の無機成分が失われる。無重量状態 フレッシュアイペディアより)

  • 水道水フッ化物添加

    水道水フッ化物添加から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    水道水フッ化物添加は、時折議論となる。水道水フッ化物添加の支持者らは、水道水フッ化物添加は食塩をヨウ素で強化すること、牛乳にビタミンDを添加すること、そしてオレンジジュースにビタミンCを添加することと同様のことであり、また虫歯を予防し、生涯にわたり口腔保健を向上する、効果的方法であると主張している。これに反対するグループは、水道水フッ化物添加は健康に歯のフッ素症、骨肉腫、骨粗鬆症といった害をもたらし、これらによる害は意図している恩恵より大きいと主張している。またある反対派は、フッ化物を上水道に添加することは、個人の摂取する物質の選択を奪う集団投薬であると主張している。水道水フッ化物添加 フレッシュアイペディアより)

  • ソマチット

    ソマチットから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    また、ある貝の化石中に古代ソマチットを発見したとして、これが骨粗鬆症の治癒に有効であると主張する者もいる。ソマチット フレッシュアイペディアより)

  • ホモシスチン尿症

    ホモシスチン尿症から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    1歳を過ぎたころから症状が出始め、3歳ごろからは骨格異常による高身長・四肢指伸長・続発性の骨粗鬆症、水晶体偏位による視力低下・緑内障などを引き起こす。ホモシスチン尿症 フレッシュアイペディアより)

  • フクロモモンガ

    フクロモモンガから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    たとえばフクロモモンガが好んで食べる昆虫類は総じてリン分が多すぎる傾向にあり、与えすぎるとカルシウム欠乏に陥り、骨粗鬆症などを発症する場合がある。また、ビタミン不足からくる脚気なども患いやすい。フクロモモンガ フレッシュアイペディアより)

  • オステオカルシン

    オステオカルシンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    オステオカルシンは骨芽細胞によって分泌されることから、しばしば骨形成過程のマーカーとして利用される。また、血清中のオステオカルシン濃度は骨粗鬆症に対するテリパラチドのような薬物治療時の骨密度改善と比較的よく正の相関を示すことが知られている。多くの研究において、オステオカルシンは骨形成に対する薬物の効果を示す予備的なマーカーとして利用されている。オステオカルシン フレッシュアイペディアより)

  • ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群

    ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    症状が進むと、皮膚の老化、高コレステロール血症、動脈硬化の亢進、糖尿病、骨粗鬆症、老年性の白内障、網膜の萎縮、白髪、脱毛、などの早老変性が顕著となる。特に動脈硬化による血管障害の進行が早いため、心機能障害や脳血管障害などの重大な循環器系疾患が極めて発しやすく、平均寿命が著しく低下する。老化の進行は、本症患者の1年間の老化が、健常者の10年間以上に相当するといわれている。ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 廃用症候群

    廃用症候群から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    廃用性骨萎縮(骨粗鬆症廃用症候群 フレッシュアイペディアより)

176件中 61 - 70件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード