132件中 71 - 80件表示
  • 溶血性貧血

    溶血性貧血から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    アレルギーが原因の場合、免疫反応を抑えるプレドニゾロンと呼ばれるステロイド剤を経口服用する。但し大量かつ長期にわたる服用は、免疫力を低下させ日和見感染などを引き起こす、骨粗鬆症・糖尿病・高血圧の誘因となるため注意を要する。溶血性貧血 フレッシュアイペディアより)

  • 子宮内膜症

    子宮内膜症から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ダナゾール療法とGnRH療法の2種類ある。低エストロゲン状態により骨量の低下が起こり、骨粗鬆症の危険があるので注意が必要。子宮内膜症 フレッシュアイペディアより)

  • 腰部脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症から見た骨粗しょう症骨粗鬆症

    通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もある。腰部脊柱管狭窄症 フレッシュアイペディアより)

  • ラクトフェリン

    ラクトフェリンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ラクトフェリンは、骨芽細胞の増殖や分化を促進するとともに、破骨細胞による骨吸収を抑制することで骨形成を促進する。骨粗鬆症のモデルラットにラクトフェリンを経口投与すると骨密度が上昇する。これが骨芽細胞や破骨細胞に対するラクトフェリンの直接的な作用によるものかは不明である。ラクトフェリン フレッシュアイペディアより)

  • ガラクトース血症

    ガラクトース血症から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ガラクトース血症患者は、常染色体劣性遺伝によって、ガラクトースを代謝するために必要な酵素が非常に少ないか、もしくは全く欠いてしまっている。これにより血中のガラクトース量が危険な水準まで高まることで様々な症状が発生する。しばしば、ガラクトース血症は乳糖不耐症と混同される場合があるが、症状はより深刻である。酵素ラクターゼの欠損による乳糖不耐性は、乳製品の摂取により引き起こされる腹痛などがあるが、どれも発症は長期的ではない。それに対しガラクトース血症が引き起こす疾患は身体にダメージを与えるもので、細胞破損による肝硬変、毛細血管損傷による腎不全、水晶体に浸透圧損傷を起こし発生する白内障、敗血症、髄膜炎などを引き起こし、言語障害、失調、測定障害、骨粗鬆症、早発閉経などの合併症を伴う場合がある。適切な治療が施されない場合、ガラクトース血症を発症した幼児の死亡率は75%に至る。ガラクトース血症 フレッシュアイペディアより)

  • 食生活指針

    食生活指針から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    2003年、世界保健機関(WHO)と国連食糧農業機関(FAO)は「食事、栄養と生活習慣病の予防 」(Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases) を報告している。これは、主に肥満、2型糖尿病、心臓病、がん、歯科疾患、骨粗鬆症と食事との関連についての調査である。砂糖業界によるロビー活動は目新しいものではないが、このガイドラインに対しても砂糖を10%未満にするという記述を撤回するよう圧力があった。食生活指針 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    イタイイタイ病の患者の認定は環境省より委託されて富山県が行っている。認定条件は環境庁(現:環境省)の「公害に係る健康被害の救済に関する特別措置法によるイタイイタイ病の認定について」(1972年6月に制定)に定められている。内容とすれば「(1)イタイイタイ病農耕汚染地域に在住し、カドミウムに対する曝露暦があること。(2)先天性のものではなく、成年期以降に発現したこと。(3)尿細管障害が認められること。(4)骨粗鬆症を伴う骨軟化症の所見が見られること。」である。これらの条件を全て満たせばイタイイタイ病と認定される。(4)の条件を欠く場合、将来イタイイタイ病に発展する可能性を否定できないので要観察者と認定される。2008年10月現在で認定患者は192人に上っている。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • 肋間神経痛

    肋間神経痛から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    姿勢を変えた時や呼吸するとき、物を持ち上げる時に痛みが現れるのが特徴で、発症している時に咳やくしゃみ等の生理現象から、ちょっとした外部からの力を加えられることで肋骨を骨折する危険性がある。特に骨粗鬆症の症状が表面化しやすい中年女性に多く認められる。肋間神経痛 フレッシュアイペディアより)

  • 光井 愛佳

    光井愛佳から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症が若い女性でも起こり得ると指摘する記事で、光井の疲労骨折が一例として取り上げられた。。光井愛佳 フレッシュアイペディアより)

  • ビスホスホネート

    ビスホスホネートから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ビスホスホネート(bisphosphonate;BP ビスフォスフォネートとも)は、破骨細胞の活動を阻害し、骨の吸収を防ぐ医薬品。骨粗鬆症、変形性骨炎(骨ページェット病)、腫瘍(高カルシウム血症の有無にかかわらず)の骨転移、多発性骨髄腫、骨形成不全症、その他骨の脆弱症を特徴とする疾患の予防と治療に用いられる。ビスホスホネート フレッシュアイペディアより)

132件中 71 - 80件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード