132件中 81 - 90件表示
  • ホモシスチン尿症

    ホモシスチン尿症から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    1歳過ぎから知能障害が出始め、3歳ごろからは骨格異常による高身長・四肢指伸長・続発性の骨粗鬆症、水晶体偏位による視力低下・緑内障などを引き起こす。ホモシスチン尿症 フレッシュアイペディアより)

  • 複合性局所疼痛症候群

    複合性局所疼痛症候群から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    また、感覚過敏・アロディニア・代謝異常・浮腫・腫脹・皮膚温異常・局所的骨粗鬆症など様々な症状が観察されることが多い。最も多発する部位は手であり、その場合は同側肩関節の運動制限を伴うことが多い。この病気は、難病指定はされていない。複合性局所疼痛症候群 フレッシュアイペディアより)

  • カルシウム・パラドックス

    カルシウム・パラドックスから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

     カルシウムの摂取量が多い国に骨の疾患が多いという現象をカルシウム・パラドックスと呼ぶことがある。骨の材料となっているカルシウムを摂取しているにもかかわらず、骨折や骨粗鬆症が多いという、逆説的なことが起こっていることから、このように呼ばれている。カルシウム・パラドックス フレッシュアイペディアより)

  • ステロイド系抗炎症薬の副作用

    ステロイド系抗炎症薬の副作用から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ステロイド系抗炎症薬の副作用(ステロイドけいこうえんしょうやくのふくさよう)では、医療現場で一般的に使用されるステロイド系抗炎症薬によって生じる副作用について解説する。副作用として過剰な免疫抑制作用が発現することによる感染症、クッシング症候群、ネガティブフィードバックとして副腎皮質機能不全、糖新生の促進による糖尿病、骨量の減少に伴う骨粗鬆症、消化管粘膜におけるプロスタグランジン産生抑制による消化性潰瘍などが知られている。しかし、気管支喘息においてステロイドを吸入で用いた場合にはステロイド剤は呼吸器系の組織に局所的に作用し、血中移行する量が少ないため副作用が少ない。ステロイド系抗炎症薬の副作用 フレッシュアイペディアより)

  • コーヒー

    コーヒーから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    リスク上昇の報告あるが論争中:関節リウマチ・高血圧・死産リスク・骨粗鬆症・膀胱がんコーヒー フレッシュアイペディアより)

  • ホルモン療法

    ホルモン療法から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ホルモン補充療法(hormone replacement therapy:HRT)は、更年期の急激な女性ホルモン減少による更年期障害の緩和として行う経過措置である。また、ホルモン低下による骨粗鬆症の予防にも役立つ。閉経前・後の年数など、状況に応じて様々な投与方法がある。性同一性障害の当事者に対する生物学的性別と反対と性ホルモンと投与もまた、ホルモン補充療法とみされている。(詳細については性同一性障害の項目を参照)ホルモン療法 フレッシュアイペディアより)

  • ビオチン

    ビオチンから見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    腸内細菌叢で産生しているビタミンは種々あるが、食物から摂取しにくいビタミンはビオチンに限らずビタミンK2(Menaquinone)なども腸内バクテリアが産生している、このビタミンK2は食物ではチーズにはMK-9、納豆にはMK-7が主に含まれている、MK-7はバクテリア以外には産生しないため、抗生物質などの内服により、腸内細菌叢の構成の変化により欠乏症をおこしたばあい、骨粗鬆症などの発症原因になるといわれている。ビオチン フレッシュアイペディアより)

  • 経皮的椎体形成術

    経皮的椎体形成術から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    骨粗鬆症や転移性骨腫瘍などを原因とした高齢者に多い圧迫骨折は従来はコルセットなどの保存的療法が主であった。保存的療法では数か月?数年強い痛みが残る場合もあった。経皮的椎体形成術はセメントを注入することにより椎骨を整形する治療法である。1984年にフランスで始まり、1990年代にはアメリカで普及が始まり、日本では1997年に導入された。アメリカでは2003年に7万人、2004年には10万人の患者がこの治療を受けている。 特に除痛効果が高いとされ、著明な痛みの軽減は1ヶ月以内に患者の80%?90%以上にみられる。最も除痛効果が出現しやすいのは発症後3ヵ月以内の急性期のものと言われているが、近年発症後6ヵ月以上経過した慢性症例にも緩和効果が認められるとの報告がなされ適応は拡大傾向にある。治療時間は一椎骨あたり30分程度。経皮的椎体形成術 フレッシュアイペディアより)

  • 圧迫骨折

    圧迫骨折から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    圧迫骨折(あっぱくこっせつ)とは、外傷や椎骨の弱まりによる椎骨の崩壊のこと。椎骨の弱まりは骨粗鬆症や骨形成不全の患者、原発もしくは転移性骨腫瘍、感染による。健康な人の場合は射出座席のような垂直的な圧力がかかった場合におこる。X線撮影では、くさび形に変形して見える。高齢者におこる圧迫骨折のほとんどが骨粗鬆症に起因しており、胸椎と腰椎の移行部の椎体に生じやすく、くしゃみや腰をひねっただけ、尻もちなどの軽微な外力によって生じる。圧迫骨折 フレッシュアイペディアより)

  • 指圧

    指圧から見た骨粗鬆症骨粗鬆症

    ジャーナリストのサイモン・シンは、指圧には他のマッサージと同じように患者にリラックスをもたらしてくれるが原因があきらかな疾病の治療を保障するものではない、とし、患者の骨の強度も個々により異なり、中高年で骨粗鬆症に罹患している患者が施術により骨折するなどの事例が出ている、と言う。他に、首や頭部への指圧マッサージが原因の網膜と大脳の塞栓症の報告も存在する。指圧 フレッシュアイペディアより)

132件中 81 - 90件表示