79件中 21 - 30件表示
  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見たテリパラチド

    テリパラチド; 遺伝子組換えヒトPTH(1-34)骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見たビタミンD

    閉経や老化に伴い骨密度が低下するタイプのものであり、骨粗鬆症のほとんどは原発性である。エストロゲン低下が主な原因であるが、加齢に伴う腎機能の低下によって生じるビタミンDの産生低下も原因となる。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見たエストロゲン

    閉経や老化に伴い骨密度が低下するタイプのものであり、骨粗鬆症のほとんどは原発性である。エストロゲン低下が主な原因であるが、加齢に伴う腎機能の低下によって生じるビタミンDの産生低下も原因となる。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見たカルシウム

    人種、体型、運動、喫煙、食事、アルコール摂取などが要因として知られる。人種ではアフリカ系が骨粗鬆症を発症しにくい。運動の習慣がなくやせた体型、低い身長は危険因子の1つである。骨形成に欠かせないカルシウムを排出させる動物性たんぱく過多の食事、ビタミンDやビタミンKの不足した食事、カフェインの摂り過ぎ、過剰なアルコール摂取は、食事面における危険因子となる。喫煙は下記によって危険因子となる。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見たマイワシ

    日本人の平均カルシウム摂取量と平均ビタミンD摂取量は厚生労働省の食事摂取基準の推奨量にややかける実態があることから骨粗鬆症の患者にはカルシウムとビタミンDの補充を行うことがある。ビタミンD血中濃度測定はカルシジオール(25(OH)D)の濃度で評価し、15ng/ml(37.5nmol/l)以上であれば十分とされている。食事ではカルシウムは牛乳や乳製品、マイワシ、干しえび、シジミなどにビタミンDはマイワシなどの魚としいたけやきくらげなどのきのこ類に多く含まれている。またビタミンDは紫外線にあたると体内で合成されるため日光浴も重要である。一般的には冬期では1日あたり20分-2時間、夏期では5-10分くらい日光にあたるとよいとされている。しかし天候や緯度にもよるので一概には言えない。屋外で運動療法を行うことで自然に必要な量の紫外線を浴びてビタミンDを合成することが可能である。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た大腿骨

    大腿骨や椎体骨の骨折はいわゆる高齢者の寝たきりの原因となり生活の質 (QOL) を著しく低くする。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見たビスホスホネート

    日本骨代謝学会によるフローチャートによると、腰椎側面のX線撮影で病的骨折が認めなければ、骨塩定量を行なうこととなっている。若年成人平均値(YAM)を基準値として、70%未満であれば、どの部位であっても骨粗鬆症と診断する。測定部位は腰椎、大腿骨、橈骨、第二中手骨、踵骨いずれでもよいとされているが、もっとも望ましいのは腰椎とされている。70%-80%の範囲では骨量減少である。橈骨ではビスホスホネート(ビスフォスフォネート)の治療効果判定ができない。超音波を使用した骨密度定量は結果のばらつきが大きく、骨粗鬆症の診断に使用するのは適切ではないとして、適正な測定方法に含まれていない。高齢女性においては、二重エネルギーX線吸収法(DXA法)は骨折予測にあまり有用でないという報告もある。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た日本骨代謝学会

    骨粗鬆症の診療ガイドラインには日本の骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会が作成した『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版』(JCS2015)のほか、イギリスのNICEガイドラインとSIGNガイドライン、アメリカのICSI、NOF、USPSTFがある。また、ステロイド骨粗鬆症では日本骨代謝学会が『ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン2014年改訂版』を作成しており、アメリカには2010年に改訂された「米国リウマチ学会のステロイド骨粗鬆症の予防と治療の推奨」を発表している。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見たステロイド

    続発性骨粗鬆症とは何らかの疾患のバックグラウンドの上に成り立つタイプのものである。続発性骨粗鬆症の中にはさらに内分泌性、栄養性、薬物性(主にステロイドによる)、不動性、先天性という細分類がある。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た副甲状腺

    ヒト副甲状腺ホルモンのN末端1番から34番までのみを遺伝子組換えにより製剤化したものである。唯一の骨新生促進効果を持つ薬剤。皮下注射であるためコンプライアンスでは短所があるが、骨量増加作用は上記の薬剤と比較して最も高い。商品名フォルテオ・テリボン®の2剤が製品化されている。フォルテオは毎日1回の在宅自己注射(皮下注射)で、テリボンは週1回の通勤での皮下注射となる。骨折や骨壊死の治癒促進効果があるが、嘔気などの消化器症状が出やすい。JCS2015ではBPやSERMなどによる治療を行っても骨折を生じた例、高齢で複数の椎体骨折や大腿骨近位部骨折を生じた例、骨密度が著しい例ではテリパラチドの使用を推奨している。またステロイド骨粗鬆症で骨折を起こした場合には用いることもあるが投与期間は2年以上の効果は証明されていない。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード