79件中 41 - 50件表示
  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た浮腫

    これらSERM(selective estrogen receptor modulator)は、エストロゲン受容体に対するパーシャルアゴニストであり、骨代謝ではエストロゲンアゴニスト、骨外ではアンタゴニストとして作用するため、高脂血症、乳癌のリスクも低下させる。商品名はそれぞれエビスタとビビアントである。エストロゲンのように乳癌や子宮癌のリスクを増やさない。骨密度は投与開始から3%程度の改善があり、その後はプラトーとなる。ビスフォスフォネート系薬剤にはない骨質改善効果があるとされる。浮腫をきたしやすいという欠点がある。また下肢静脈血栓症のリスクを上げるために寝たきり患者などの臥床者には使用できない。SERMの特徴としては椎体骨折以外の骨折を減らしたというエビデンスがないことがあげられる。SERMは骨粗鬆症の治療で第一選択にはならないが、BPが使用できない場合、BPを5年ほど使用し中止した場合、BPを使用しても椎体骨折を繰り返している女性で内服による血栓症のリスク増加を許容できるくらいADLが良い場合に使用が検討される。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た橈骨

    日本骨代謝学会によるフローチャートによると、腰椎側面のX線撮影で病的骨折が認めなければ、骨塩定量を行なうこととなっている。若年成人平均値(YAM)を基準値として、70%未満であれば、どの部位であっても骨粗鬆症と診断する。測定部位は腰椎、大腿骨、橈骨、第二中手骨、踵骨いずれでもよいとされているが、もっとも望ましいのは腰椎とされている。70%-80%の範囲では骨量減少である。橈骨ではビスホスホネート(ビスフォスフォネート)の治療効果判定ができない。超音波を使用した骨密度定量は結果のばらつきが大きく、骨粗鬆症の診断に使用するのは適切ではないとして、適正な測定方法に含まれていない。高齢女性においては、二重エネルギーX線吸収法(DXA法)は骨折予測にあまり有用でないという報告もある。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見たループ利尿薬

    ループ利尿薬 - 心不全・慢性腎臓病で用いられる骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見たアンタゴニスト

    これらSERM(selective estrogen receptor modulator)は、エストロゲン受容体に対するパーシャルアゴニストであり、骨代謝ではエストロゲンアゴニスト、骨外ではアンタゴニストとして作用するため、高脂血症、乳癌のリスクも低下させる。商品名はそれぞれエビスタとビビアントである。エストロゲンのように乳癌や子宮癌のリスクを増やさない。骨密度は投与開始から3%程度の改善があり、その後はプラトーとなる。ビスフォスフォネート系薬剤にはない骨質改善効果があるとされる。浮腫をきたしやすいという欠点がある。また下肢静脈血栓症のリスクを上げるために寝たきり患者などの臥床者には使用できない。SERMの特徴としては椎体骨折以外の骨折を減らしたというエビデンスがないことがあげられる。SERMは骨粗鬆症の治療で第一選択にはならないが、BPが使用できない場合、BPを5年ほど使用し中止した場合、BPを使用しても椎体骨折を繰り返している女性で内服による血栓症のリスク増加を許容できるくらいADLが良い場合に使用が検討される。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た牛乳

    日本人の平均カルシウム摂取量と平均ビタミンD摂取量は厚生労働省の食事摂取基準の推奨量にややかける実態があることから骨粗鬆症の患者にはカルシウムとビタミンDの補充を行うことがある。ビタミンD血中濃度測定はカルシジオール(25(OH)D)の濃度で評価し、15ng/ml(37.5nmol/l)以上であれば十分とされている。食事ではカルシウムは牛乳や乳製品、マイワシ、干しえび、シジミなどにビタミンDはマイワシなどの魚としいたけやきくらげなどのきのこ類に多く含まれている。またビタミンDは紫外線にあたると体内で合成されるため日光浴も重要である。一般的には冬期では1日あたり20分-2時間、夏期では5-10分くらい日光にあたるとよいとされている。しかし天候や緯度にもよるので一概には言えない。屋外で運動療法を行うことで自然に必要な量の紫外線を浴びてビタミンDを合成することが可能である。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た降圧薬

    転倒予防では多因子介入を行う。向精神薬(特にベンゾジアゼピン系薬)、降圧薬、糖尿病治療薬、薬剤性パーキンソン症候群を起こすような薬剤など、ふらつき・転倒の原因となっている薬剤の減量や中止を検討してポリファーマシーを解消する。転倒の原因となる白内障や緑内障を積極的に検索する。夜間の排尿も転倒のリスクになるため排尿障害も積極的に検索する。筋力トレーニングやバランス強化トレーニング、耐久性訓練などを組み合わせた運動療法は転倒率を20%程度抑制しQOLを改善させるという報告もある。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た炭酸カルシウム

    カルチコールやアスパラCAが知られている。炭酸カルシウムや乳酸カルシウム。骨粗鬆症で利用できるカルシウム製剤はリン酸水素カルシウムとL-アスパラギン酸カルシウム(アスパラCA)の2種類がある。リン酸水素カルシウムは散剤で1日3g摂取すればカルシウムを699mg摂取できるがL-アスパラギン酸カルシウムは錠剤で1日1.2g摂取してもカルシウムは134.4mgしか摂取ができない。サプリメントが多数市販されており、サプリメントやカルシウム製剤で1日500mg以上を摂取しないのが目安で、食事と合わせても1日2000mgを超えないように摂取する。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た窒素

    ビスホスホネート(BP)は骨組織に付着することで破骨細胞に取り込まれる。BPを取り込んだ破骨細胞はアポトーシスに至り骨吸収が抑制される。その結果骨密度が上昇し、骨折の予防につながる。側鎖に窒素を含まない第一世代のエチドロン酸(商品名ダイドロネル)、側鎖に窒素を含むが環状構造を有さない第二世代のアレンドロン酸(商品名ボナロン、フォサマック)、イバンドロン酸(商品名ボンビバ)、側鎖に窒素を含み環状構造を有する第三世代のリセドロン酸(商品名アクトネル、ベネット)、ミノドロン酸(ボノテオ、リカルボン)がある。第二、第三世代のBPは第一世代と異なる機序で骨吸収を抑制するため、1000倍から10000倍も効果が高いといわれている。BPにはゾレドロン酸(商品名ゾメタ)という点滴薬があるが悪性腫瘍による高カルシウム血症で用いられる。日本では骨粗鬆症と指摘された場合、脆弱性骨折を起こした場合、他疾患でステロイド全身投与を導入され、骨粗鬆症予防が必要とされた場合にBPは投与される。日本のガイドラインでは骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た皮下注射

    ヒト副甲状腺ホルモンのN末端1番から34番までのみを遺伝子組換えにより製剤化したものである。唯一の骨新生促進効果を持つ薬剤。皮下注射であるためコンプライアンスでは短所があるが、骨量増加作用は上記の薬剤と比較して最も高い。商品名フォルテオ・テリボン®の2剤が製品化されている。フォルテオは毎日1回の在宅自己注射(皮下注射)で、テリボンは週1回の通勤での皮下注射となる。骨折や骨壊死の治癒促進効果があるが、嘔気などの消化器症状が出やすい。JCS2015ではBPやSERMなどによる治療を行っても骨折を生じた例、高齢で複数の椎体骨折や大腿骨近位部骨折を生じた例、骨密度が著しい例ではテリパラチドの使用を推奨している。またステロイド骨粗鬆症で骨折を起こした場合には用いることもあるが投与期間は2年以上の効果は証明されていない。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症から見た宇宙飛行士

    骨粗鬆症を予防するには、これらの要因を除去する事、具体的には発症前の運動と食物の内容が重要である。この他に、宇宙飛行士が当該症状が起こりやすい。無重力が関係しているといわれており、宇宙空間に6ヶ月滞在する事により、骨密度は10%失われる。宇宙食や運動や投薬で防ぐ研究が行われている。骨粗鬆症 フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示

「骨粗しょう症」のニューストピックワード