前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 東 ちづる

    東ちづるから見た骨髄バンク骨髄バンク

    因島の高校生が白血病となり、その妹から骨髄バンクを支援してほしいと頼まれた。骨髄バンク啓発のポスターのモデルになる。他にもボランティアでシンポジウムで講演を行っている(本人もドナー登録もしている)東ちづる フレッシュアイペディアより)

  • 本田美奈子.

    本田美奈子.から見た骨髄バンク骨髄バンク

    その後、2度に渡る化学療法を受けるも、寛解(癌細胞が十分に減った状態)は得られなかった。急性骨髄性白血病の中でも極めてまれな予後不良の治療抵抗性の白血病であったという。治療として骨髄移植が考慮されたものの、骨髄バンクでドナーが見つかるまでの猶予すらない病状であったことから、同年5月、臍帯血移植を受けた。同7月末には一時退院したが病気の再発が認められ、同年9月8日に再入院し、輸入新薬による抗癌剤治療を受けた。翌月には再度一時退院、その間には白血病患者支援のためのNPO法人 『Live for Life 』が設立されたが、同月末には再入院となった。その後肺への合併症から容態が急変し、同年11月6日午前4時38分、家族らの見守るなか、死去した。38歳没。本田美奈子. フレッシュアイペディアより)

  • 全国骨髄バンク推進連絡協議会

    全国骨髄バンク推進連絡協議会から見た骨髄バンク骨髄バンク

    特定非営利活動法人・全国骨髄バンク推進連絡協議会(ぜんこくこつずいバンクすいしんれんらくきょうぎかい、略称・全国協議会、英文名称JAPAN MARROW DONOR REGISTRY PROMOTION CONFERENCE.)は、都道府県単位で骨髄バンク推進活動を行うボランティア団体をサポートする特定非営利活動法人。全国骨髄バンク推進連絡協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 唐沢寿明

    唐沢寿明から見た骨髄バンク骨髄バンク

    2001年に新聞の記事で骨髄バンクの財政窮地を知った唐沢が所属事務所のタレントたちに呼びかけて発起人となりチャリティーオークションを続けている。落札金額は全額を骨髄バンクに寄付している。唐沢寿明 フレッシュアイペディアより)

  • 長島慎治

    長島慎治から見た骨髄バンク骨髄バンク

    ゴールドジム主催骨髄バンクチャリティーイベント(2008年)長島慎治 フレッシュアイペディアより)

  • 永沼友由輝

    永沼友由輝から見た骨髄バンク骨髄バンク

    ゴールドジム主催骨髄バンクチャリティーイベント(2008年)永沼友由輝 フレッシュアイペディアより)

  • 神山清子

    神山清子から見た骨髄バンク骨髄バンク

    長男が27歳のときに白血病を発症し、ドナー探しのために奔走し日本における骨髄バンク設立のきっかけを使った。現在は滋賀骨髄献血の和を広げる会代表をつとめている。神山清子 フレッシュアイペディアより)

  • リブ・フォー・ライフ美奈子基金

    リブ・フォー・ライフ美奈子基金から見た骨髄バンク骨髄バンク

    11月6日に本田が亡くなると、遺族や生前の友人、関係者により運営が引き継がれた。具体的には全国各地での本田の追悼イベントや公式サイトでオリジナルグッズの販売や募金の受け付けなどを行っている。2006年(平成18年)6月1日には骨髄移植推進財団と正式にパートナーシップを結び、骨髄バンクの普及啓発活動を支援することになった。2007年(平成19年)6月22日に東京都によって特定非営利活動法人として認証された。2010年(平成22年)2月1日には国税庁から認定特定非営利活動法人の認定を受けた(期間は2015年(平成27年)1月31日まで)。リブ・フォー・ライフ美奈子基金 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク支援基金事業団

    骨髄バンク支援基金事業団から見た骨髄バンク骨髄バンク

    骨髄バンク支援基金事業団(こつずいバンクしえんききんじぎょうだん)は、骨髄バンクの普及啓発活動を推進する特定非営利活動法人。、ドナーの休業補償や保育料の補償の実現化に向けて取り組む。機関紙「バンク支援」を発刊しており、著名人の寄稿なども受ける。骨髄バンク支援基金事業団 フレッシュアイペディアより)

  • アイボリー・ゲート

    アイボリー・ゲートから見た骨髄バンク骨髄バンク

    1979年に英国から帰国したギターのロミーが中心となり、ハリケーンのベースとアイボリー・ゲートを結成。バンド名はギリシャ神話の象牙の門 (アイボリー・ゲート) を由来としており、一般的には真実の門といわれている角の門を煩悩に支配される現実とし、これに対する象牙の門を理想を追い求め夢へと続く門とする独自の解釈をベースとしている。1981年にドラムのレオが参加し、ギターのロミー、ボーカルのジェイ、ベースのロッキーの4名でRVCレコード(BMG JAPANの前身、1987年解散)と契約。ファースト・シングル『Live A Midnite Sun/Time In Your Life』をリリース。初回プレス即完売。1980年代前半に東京や全国のライブハウスでライブ活動を行い、各地のライブハウスの動員記録を塗り替え、インディーズ・バンドのライブハウスツアーの先駆けとなる。1980年代後半はメンバーチェンジなどがあり、バンドは一時解散するものの、1993年にロミーが参加した骨髄バンク登録推進キャンペーンイベント『Human Love Aid』を機に再結成の準備をすすめる。2001年にベースのティーティーが参加し、ギター兼ボーカルのロミー、ドラムのレオとの3名でアイボリー・ゲートの活動を再開する。アイボリー・ゲート フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「骨髄バンク」のニューストピックワード