前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 東ちづる

    東ちづるから見た骨髄バンク骨髄バンク

    骨髄バンクを支援し、ボランティアで講演を行っている。戦争で傷ついた子ども達のリハビリを行う「ドイツ国際平和村」を支援している。東ちづる フレッシュアイペディアより)

  • 本田美奈子.

    本田美奈子.から見た骨髄バンク骨髄バンク

    その後、2度に渡る化学療法を受けるも、寛解(癌細胞が十分に減った状態)は得られなかった。急性骨髄性白血病の中でも極めてまれな予後不良の治療抵抗性の白血病であったという。治療として骨髄移植が考慮されたものの、骨髄バンクでドナーが見つかるまでの猶予すらない病状であったことから、同年5月、臍帯血移植を受けた。同7月末には一時退院したが病気の再発が認められ、同年9月8日に再入院し、輸入新薬による抗癌剤治療を受けた。翌月には再度一時退院、その間には白血病患者支援のためのNPO法人『Live for Life』が設立されたが、同月末には再入院となった。その後肺への合併症から容態が急変し、同年11月6日午前4時38分、家族らの見守るなか、死去した。。本田美奈子. フレッシュアイペディアより)

  • 全国骨髄バンク推進連絡協議会

    全国骨髄バンク推進連絡協議会から見た骨髄バンク骨髄バンク

    特定非営利活動法人全国骨髄バンク推進連絡協議会(ぜんこくこつずいバンクすいしんれんらくきょうぎかい、略称・全国協議会、英文名称JAPAN MARROW DONOR REGISTRY PROMOTION CONFERENCE.)は、都道府県単位で骨髄バンク推進活動を行うボランティア団体をサポートする特定非営利活動法人。会長は、仲田順和、理事長は、野村正満。全国骨髄バンク推進連絡協議会 フレッシュアイペディアより)

  • ノブ・ハヤシ

    ノブ・ハヤシから見た骨髄バンク骨髄バンク

    2015年3月15日、大阪市立 市民交流センターひがしすみよしにてドージョーチャクリキ・ジャパンの主催大会である「CHAKURIKI 1」を開催。ボブ・サップ、天田ヒロミ、鈴木秀樹と多彩な選手が参戦した。自身は鈴木秀樹と初の異種格闘技戦を闘い両陣営のセコンド介入で没収試合となる。また、ノブ・ハヤシの強い希望により大会収益の一部は公益財団法人日本骨髄バンクに寄付された。ノブ・ハヤシ フレッシュアイペディアより)

  • 幸いってん

    幸いってんから見た骨髄バンク骨髄バンク

    現在では、同じよう白血病を患い、知人を通じて交流を持った十二代目市川團十郎の骨髄バンク活動への貢献を知り、NPO法人「関西骨髄バンク推進協会」に協力し骨髄バンクへの啓蒙を含めた浪曲公演を行っている。幸いってん フレッシュアイペディアより)

  • 種まく子供たち 小児ガンを体験した七人の物語

    種まく子供たち 小児ガンを体験した七人の物語から見た骨髄バンク骨髄バンク

    鳥取県鳥取市の鳥取県立図書館では、医療従事者30人が集う「健康情報棚プロジェクト」のもと、「病とどう向き合って生きるかという『生き方情報』」を提供するための図書のうちの1冊として紹介されている。2001年10月には、テレビドラマ『3年B組金八先生』第6シリーズで、主人公の坂本金八が重病の息子を励ますための書籍として登場したことで、本書は全国的な話題となった。2002年(平成14年)には、骨髄バンクのドナー登録の奨励のために上演されたミュージカル『サンキュー・命をありがとう』において、本書に登場する子供たちが劇中の役として登場し、本書から抜粋した日記や家族の手記を紹介し、小児がんなどの病気への理解や命の大切さを訴えた。種まく子供たち 小児ガンを体験した七人の物語 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク支援基金事業団

    骨髄バンク支援基金事業団から見た骨髄バンク骨髄バンク

    骨髄バンク支援基金事業団(こつずいバンクしえんききんじぎょうだん)は、骨髄バンクの普及啓発活動を推進する特定非営利活動法人。、ドナーの休業補償や保育料の補償の実現化に向けて取り組む。機関紙「バンク支援」を発刊しており、著名人の寄稿なども受ける。骨髄バンク支援基金事業団 フレッシュアイペディアより)

  • 刀根麻理子

    刀根麻理子から見た骨髄バンク骨髄バンク

    近年は、骨髄バンクを推進する福祉・ボランティア活動にも取り組んでいる。刀根麻理子 フレッシュアイペディアより)

  • 中溝裕子

    中溝裕子から見た骨髄バンク骨髄バンク

    滋賀県彦根市出身。中学2年のころ森口祐子のゴルフプレイを見てプロを目指すことを決意する。滋賀県立能登川高等学校卒業後の1983年井上清次に師事し23歳でプロゴルフテストに合格。1991年に骨髄異形成症候群を発症し試合には闘病をおして出場していたが、1995年を最後に公式戦には出場していない。1997年12月に妹から骨髄移植を受け手術をするが、移植の影響で血液型がAB型からB型に変化した。入院中にはおばのすすめで絵手紙を始め、現在も彼女のライフワークとなっている。2000年8月に退院してからも2003年まで自宅で点滴療養した。快復後は講演やコラムなどの執筆を手掛けており、ゴルフもチャリティーコンペ等には積極的に参加している。自らの闘病経験を生かして公益財団法人日本骨髄バンクの評議委員も務めている。中溝裕子 フレッシュアイペディアより)

  • 豊島晋作

    豊島晋作から見た骨髄バンク骨髄バンク

    骨髄バンクに登録しており、ドナーに選ばれたため、骨髄液を提供している。豊島晋作 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「骨髄バンク」のニューストピックワード