70件中 21 - 30件表示
  • アメイジング・グレイス (本田美奈子.のアルバム)

    アメイジング・グレイス (本田美奈子.のアルバム)から見た骨髄バンク骨髄バンク

    本田は入院中、路上で転倒し同じ病院に入院してきた恩師の岩谷時子を励ますため、病室でア・カペラで歌を歌い、ボイスレコーダーに録音して岩谷の病室に届けていたが、その時に最初に歌ったのが「アメイジング・グレイス」だった。その録音は2006年7月から1年間放送された公共広告機構(現:ACジャパン)の骨髄バンク支援キャンペーンのテレビコマーシャルや、没後に放送された追悼番組などで流されたほか、2008年3月24日には配信限定でリリースされた。38歳の誕生日の前日に一時退院を許された際にも、世話になった医師や看護師のためにナースステーションでこの歌を歌った。2006年8月22日に放送された日本テレビ系のドラマ『ひめゆり隊と同じ戦火を生きた少女の記録 最後のナイチンゲール』では本田の(スタジオ録音の)「アメイジング・グレイス」が主題歌に採用された。アメイジング・グレイス (本田美奈子.のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • アイボリー・ゲート

    アイボリー・ゲートから見た骨髄バンク骨髄バンク

    1979年に英国から帰国したギターのロミーが中心となり、ハリケーンのベースとアイボリー・ゲートを結成。バンド名はギリシャ神話の象牙の門 (アイボリー・ゲート) を由来としており、一般的には真実の門といわれている角の門を煩悩に支配される現実とし、これに対する象牙の門を理想を追い求め夢へと続く門とする独自の解釈をベースとしている。1981年にドラムのレオが参加し、ギターのロミー、ボーカルのジェイ、ベースのロッキーの4名でRVCレコード(BMG JAPANの前身、1987年解散)と契約。ファースト・シングル『Live A Midnite Sun/Time In Your Life』をリリース。初回プレス即完売。1980年代前半に東京や全国のライブハウスでライブ活動を行い、各地のライブハウスの動員記録を塗り替え、インディーズ・バンドのライブハウスツアーの先駆けとなる。1980年代後半はメンバーチェンジなどがあり、バンドは一時解散するものの、1993年にロミーが参加した骨髄バンク登録推進キャンペーンイベント『Human Love Aid』を機に再結成の準備をすすめる。2001年にベースのティーティーが参加し、ギター兼ボーカルのロミー、ドラムのレオとの3名でアイボリー・ゲートの活動を再開する。アイボリー・ゲート フレッシュアイペディアより)

  • 白血病

    白血病から見た骨髄バンク骨髄バンク

    成人の白血病の治療費は高額になるが日本の健康保険では高額療養費支給制度を利用できる。移植が必要な患者には骨髄バンクや各地に設けられた臍帯血バンクなどの準公的な組織が患者の移植の支援のために活動している。2011年末時点では骨髄バンクでは約40万人のドナー登録があり、臍帯血バンクでは3万本のストックがある。白血病患者が日本骨髄バンクを利用する際の患者負担金については前年度の所得税額が一定額以下の場合には一部もしくは全額が免除される仕組みもある。日本人は民族的に遺伝学的な均一性が高く、そのために日本人同士でHLA型が一致する確率が高く、2004年の数字では世界で750万人の骨髄ドナーがいる中で日本人の骨髄ドナーは18万6千人と少数であったにもかかわらず、2004年時点で移植の総件数でも、人口当たりの移植数でも日本は世界第2位であった(1位はアメリカである)。しかし、登録ドナーが40万人を超えた2012年現在でもすべての患者にドナーが見つかるわけではない。白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 永沼友由輝

    永沼友由輝から見た骨髄バンク骨髄バンク

    ゴールドジム主催骨髄バンクチャリティーイベント(2008年)永沼友由輝 フレッシュアイペディアより)

  • 森尾理奈

    森尾理奈から見た骨髄バンク骨髄バンク

    白血病と宣告され、骨髄バンク設立に奔走した大谷貴子の物語。森尾理奈 フレッシュアイペディアより)

  • ギインズ

    ギインズから見た骨髄バンク骨髄バンク

    若者の気を引くために音楽という手段を選んだとされ、自らが作詞作曲した歌を通じて政策課題を訴えている。チャリティーコンサートなどによる収益は支援金として用いられており、骨髄移植推進財団への寄付(骨髄バンクの支援)を行っているほか、コソボ紛争による難民やスマトラ島沖地震による大津波・御嶽山噴火の被災地への援助なども行っている。ギインズ フレッシュアイペディアより)

  • 神山清子

    神山清子から見た骨髄バンク骨髄バンク

    長男が27歳のときに白血病を発症し、ドナー探しのために奔走し日本における骨髄バンク設立のきっかけを使った。現在は滋賀骨髄献血の和を広げる会代表をつとめている。神山清子 フレッシュアイペディアより)

  • Dual Dream

    Dual Dreamから見た骨髄バンク骨髄バンク

    9月5日 新潟骨髄バンクイベントDual Dream フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩貴

    山本浩貴から見た骨髄バンク骨髄バンク

    ゴールドジム主催骨髄バンクチャリティーイベント脚本・演出(2008年)山本浩貴 フレッシュアイペディアより)

  • 長島慎治

    長島慎治から見た骨髄バンク骨髄バンク

    ゴールドジム主催骨髄バンクチャリティーイベント(2008年)長島慎治 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「骨髄バンク」のニューストピックワード