52件中 41 - 50件表示
  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た骨髄バンク骨髄バンク

    東北大学医学部付属病院を受診したところ、「くすぶり型」ATLであると診断され、通院による経過観察を受けていたが、2009年5月には、病態が「急性期」に進行する。治療のため、自身の病気を公表、同年6月に東京大学医科学研究所に入院し、多剤併用の化学療法を受けた。通常の治療では治癒が望めなかったことから骨髄移植を受けることとなり、骨髄バンクを通してドナーを得た。同年10月、国立がんセンターに転院し、担当医・田野崎隆二のもと、「ミニ移植」と呼ばれる骨髄移植を受けた。体調が安定したため2010年2月3日に同院を退院、以後は自宅で療養する。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 移植 (医療)

    移植 (医療)から見た骨髄バンク骨髄バンク

    1964年に生体腎移植、1989年に生体部分肝移植が初めて行われた。1992年には骨髄バンク、1999年には臍帯血バンクが生まれ、骨髄移植、造血幹細胞移植の仕組みが整備されている。移植 (医療) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木麻里子

    鈴木麻里子から見た骨髄バンク骨髄バンク

    声優仲間で青二塾東京校14期の同期でもある友人の米本、豊嶋とピザ屋へ食事に行った時、店内で突然吐血し、暫く入院した時期がある。元々献血などの医療奉仕活動には積極的に協力しており、骨髄バンクにドナー登録をしようと思ったが前述の吐血による入院時に輸血経験があるため、ドナー登録できないことを惜しんでいる。故に、SGガールズのメンバーに冗談半分で献血を勧める発言をしている。鈴木麻里子 フレッシュアイペディアより)

  • 清水透 (歴史学者)

    清水透 (歴史学者)から見た骨髄バンク骨髄バンク

    1993年、当時大学生で21歳だった娘清水真帆の白血病発病を機に、骨髄バンク普及啓発のための大学・市民ネットワーク「Maho-NET21」を立ち上げ、2005年までその活動を続けた。真帆は日本骨髄バンクを通じた骨髄移植を受けることができたが、惜しくも再発により1995年2月に逝去。真帆の没後も清水は骨髄バンクのためのボランティアを続け、骨髄移植推進財団の普及広報委員長を勤めたこともある。1997年には骨髄バンク宣伝の四国一周自転車ラリー「ツール・ド・空海」に一選手として参加し、完走した。この経緯は秦野純一(三土修平のペンネーム)著『椿の咲く日まで - 骨髄バンクと土佐清水の仲間たち』(日本評論社、2002年)に紹介されている。清水透 (歴史学者) フレッシュアイペディアより)

  • 井原正巳

    井原正巳から見た骨髄バンク骨髄バンク

    公共広告機構(現:ACジャパン)・骨髄バンクドナー登録キャンペーン。自らも骨髄バンクに登録している。井原正巳 フレッシュアイペディアより)

  • hide

    hideから見た骨髄バンク骨髄バンク

    難病であるライソゾーム病を患ったファンである少女、貴志真由子の「hideに会いたい」という願いを、支援団体のメイク・ア・ウィッシュを通じて受けたhideは1995年12月31日、Xの東京ドームライブで少女と会い、ライブの打ち上げにも招待して少女を友達だと紹介し、少女から不自由な手で2か月かけて編んだマフラーをhideにプレゼントされた(このマフラーはhideの死後、形見として少女の手に戻った)。その後も手紙を送ったり、お見舞いに訪れたりという交流を持ち、少女を励ますことになった。少女への手紙には「昔の事とか初めてのドームの事とか忘れていた色々な絵が見えてきて、かなり感動したんだ。おかげで、思い出さなきゃいけなかったいくつかの事が頭にやきついた」と感謝の言葉を残している。1996年3月28日に少女は治療のために骨髄移植手術を受けたが、手術後の1996年4月1日に拒絶反応のため心臓に水が溜まり危篤状態となり、彼女の母親から「hideさんの声だけでも良いから聞かせたい」と電話を受けた時にはその日の予定を全てキャンセルし、病院へ駆けつけて数時間の間励まし続けた。結果、その晩に危篤状態を抜け出し徐々に病状は良くなって数ヵ月後には退院する事もできた。その後にhideは「できることをするだけ」とあくまで個人的に骨髄バンクに登録をしたが、その際に所属事務所が独断で急遽記者会見をセッティングしてしまい、実弟でありhideのパーソナルマネージャーを務めていた松本裕士は、そのことを一切知らなかったと後に出版した追憶本「兄弟」の中で明かしている。記者会見自体は行われたが、会見終了後にhideは「これじゃあ売名行為じゃねえか!!もしそんな風にマスコミに書かれてその娘が傷ついたらどうすんだ!!」と言って彼を殴り飛ばした(hide自身ももちろんその事は知らなかった)。慈善活動をひけらかすような行動を嫌っての事であったが、結果的にはこの報道が骨髄バンクの認知度向上に大きく貢献する事となり、以後もボランティア活動を続けていた。その貴志真由子は、hideが他界した11年後の2009年9月30日に、和歌山市内の病院で、肺出血による呼吸困難により28歳で他界した。hide フレッシュアイペディアより)

  • 上原浩治

    上原浩治から見た骨髄バンク骨髄バンク

    この年から、巨人の財団法人骨髄移植推進財団への支援開始をきっかけに、自身も骨髄バンクへの登録を呼びかける活動を始める。6月に自らも骨髄バンクに登録し、試合前のイベントなどで登録を呼びかける。また、シーズンオフには東海大学医学部付属病院へ訪問し病気の子供達にクリスマスプレゼントを渡している。上原浩治 フレッシュアイペディアより)

  • 志田未来

    志田未来から見た骨髄バンク骨髄バンク

    日本骨髄バンクニュース(2008年12月、骨髄移植推進財団)(表紙)志田未来 フレッシュアイペディアより)

  • 白血病

    白血病から見た骨髄バンク骨髄バンク

    成人の白血病の治療費は高額になるが日本の健康保険では高額療養費支給制度を利用できる。移植が必要な患者には骨髄バンクや各地に設けられた臍帯血バンクなどの準公的な組織が患者の移植の支援のために活動している。2011年末時点では骨髄バンクでは約40万人のドナー登録があり、臍帯血バンクでは3万本のストックがある。白血病患者が日本骨髄バンクを利用する際の患者負担金については前年度の所得税額が一定額以下の場合には一部もしくは全額が免除される仕組みもある。日本人は民族的に遺伝学的な均一性が高く、そのために日本人同士でHLA型が一致する確率が高く、2004年の数字では世界で750万人の骨髄ドナーがいる中で日本人の骨髄ドナーは18万6千人と少数であったにもかかわらず、2004年時点で移植の総件数でも、人口当たりの移植数でも日本は世界第2位であった(1位はアメリカである)。しかし、登録ドナーが40万人を超えた2012年現在でもすべての患者にドナーが見つかるわけではない。白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 大江麻理子

    大江麻理子から見た骨髄バンク骨髄バンク

    2007年10月7日、骨髄バンクに登録した。大学時代の友人が白血病で倒れ、その闘病を間近に見たことをきっかけにしたもの。大江麻理子 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「骨髄バンク」のニューストピックワード