33件中 11 - 20件表示
  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た脳脊髄液

    解説: 骨髄バンクに関するいくつかの誤解は、脳脊髄液(髄液)と骨髄液とを混同した事から発生している。 骨髄液は骨盤の腸骨からのみ採取するので背骨(脊椎や腰椎)に針を刺す事は無い。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た保健所

    日本においては骨髄移植推進財団が主体となり、日本赤十字社(骨髄データセンター)および各都道府県等(保健所)の協力を得て、1991年12月より日本骨髄バンク(JMDP、Japan Marrow Donor Program)の運営を行っている。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見たさい帯血バンク

    骨髄バンクは世界各地に設置されており、特にアメリカ、ドイツ、イギリスなどにおいて活動が活発であると言われている。また、各バンクに登録されているHLA型のデータを集約している「世界骨髄バンクドナー集計システム(BMDW、英語: Bone Marrow Donors Worldwide)」には世界42か国で57バンクが参加し、各バンクに登録されたHLAデータ(さい帯血バンクのものも含む)の合計は2005年11月16日に1,000万件を突破した(BMDWに参加していない骨髄バンクも4バンク存在する)。日本骨髄バンクはアメリカ・台湾・韓国の骨髄バンクと提携していて、日本人の骨髄液が提携各国に提供されたり、提携国から日本人へ骨髄液が提供された事例もある。日本から韓国へ、あるいはアメリカから日本への提供件数は100件を超えている。数は少ないものの提携していない国に提供されることもある。2007年日本骨髄バンクは中国骨髄バンクとも提携を開始した。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見たアメリカ合衆国

    骨髄バンクは世界各地に設置されており、特にアメリカ、ドイツ、イギリスなどにおいて活動が活発であると言われている。また、各バンクに登録されているHLA型のデータを集約している「世界骨髄バンクドナー集計システム(BMDW、英語: Bone Marrow Donors Worldwide)」には世界42か国で57バンクが参加し、各バンクに登録されたHLAデータ(さい帯血バンクのものも含む)の合計は2005年11月16日に1,000万件を突破した(BMDWに参加していない骨髄バンクも4バンク存在する)。日本骨髄バンクはアメリカ・台湾・韓国の骨髄バンクと提携していて、日本人の骨髄液が提携各国に提供されたり、提携国から日本人へ骨髄液が提供された事例もある。日本から韓国へ、あるいはアメリカから日本への提供件数は100件を超えている。数は少ないものの提携していない国に提供されることもある。2007年日本骨髄バンクは中国骨髄バンクとも提携を開始した。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た尿道カテーテル

    骨髄採取や麻酔に伴う合併症として、一過性のものとして発熱や吐き気、頭痛、気管チューブを抜いた後ののどの痛みや、尿道カテーテルを入れたことによる尿道の痛み、吐き気、37 - 38度程度の発熱や血圧低下や不整脈などが報告されている(いずれの場合も時間の経過と共に回復している)。採取部分の痛みは個人差があり1 - 7日残ったという提供者が多い。針を刺した部分の化膿や出血があることもある。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た骨髄

    骨髄バンク(こつずいバンク、Marrow Donor Program)とは、白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「骨髄移植」)が必要な患者のために、血縁関係のない健康な人(非血縁者)から提供される「骨髄液」を患者に斡旋する仕組みおよびその業務を担う公的機関のこと。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見たC型肝炎

    日本骨髄バンクが関与した約1万2000件の移植の中で、骨髄バンク団体障害保険の適用事例(C型肝炎、神経障害、骨膜損傷、ヘルニア、咽頭肉芽腫、腎炎、骨膜障害等々)は109件(2010年3月末現在)あるが、時間の経過とともにほとんどの事例が回復している。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見たヒト白血球型抗原

    骨髄バンクは世界各地に設置されており、特にアメリカ、ドイツ、イギリスなどにおいて活動が活発であると言われている。また、各バンクに登録されているHLA型のデータを集約している「世界骨髄バンクドナー集計システム(BMDW、英語: Bone Marrow Donors Worldwide)」には世界42か国で57バンクが参加し、各バンクに登録されたHLAデータ(さい帯血バンクのものも含む)の合計は2005年11月16日に1,000万件を突破した(BMDWに参加していない骨髄バンクも4バンク存在する)。日本骨髄バンクはアメリカ・台湾・韓国の骨髄バンクと提携していて、日本人の骨髄液が提携各国に提供されたり、提携国から日本人へ骨髄液が提供された事例もある。日本から韓国へ、あるいはアメリカから日本への提供件数は100件を超えている。数は少ないものの提携していない国に提供されることもある。2007年日本骨髄バンクは中国骨髄バンクとも提携を開始した。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た患者

    骨髄バンク(こつずいバンク、Marrow Donor Program)とは、白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「骨髄移植」)が必要な患者のために、血縁関係のない健康な人(非血縁者)から提供される「骨髄液」を患者に斡旋する仕組みおよびその業務を担う公的機関のこと。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た骨髄移植

    骨髄バンク(こつずいバンク、Marrow Donor Program)とは、白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「骨髄移植」)が必要な患者のために、血縁関係のない健康な人(非血縁者)から提供される「骨髄液」を患者に斡旋する仕組みおよびその業務を担う公的機関のこと。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示

「骨髄バンク」のニューストピックワード