33件中 21 - 30件表示
  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た日本

    日本においては骨髄移植推進財団が主体となり、日本赤十字社(骨髄データセンター)および各都道府県等(保健所)の協力を得て、1991年12月より日本骨髄バンク(JMDP、Japan Marrow Donor Program)の運営を行っている。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見たリブ・フォー・ライフ美奈子基金

    本田美奈子. - 急性骨髄性白血病のため入院中に難病患者を支援するための活動として“LIVE FOR LIFE”を発案。彼女の逝去後は遺志を継ぐ関係者たちにより運営され、骨髄移植推進財団とパートナーシップを結んでいる。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見たドイツ

    骨髄バンクは世界各地に設置されており、特にアメリカ、ドイツ、イギリスなどにおいて活動が活発であると言われている。また、各バンクに登録されているHLA型のデータを集約している「世界骨髄バンクドナー集計システム(BMDW、英語: Bone Marrow Donors Worldwide)」には世界42か国で57バンクが参加し、各バンクに登録されたHLAデータ(さい帯血バンクのものも含む)の合計は2005年11月16日に1,000万件を突破した(BMDWに参加していない骨髄バンクも4バンク存在する)。日本骨髄バンクはアメリカ・台湾・韓国の骨髄バンクと提携していて、日本人の骨髄液が提携各国に提供されたり、提携国から日本人へ骨髄液が提供された事例もある。日本から韓国へ、あるいはアメリカから日本への提供件数は100件を超えている。数は少ないものの提携していない国に提供されることもある。2007年日本骨髄バンクは中国骨髄バンクとも提携を開始した。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た全身麻酔

    骨髄は、大量の骨髄があり採取しやすい腸骨(骨盤の一番大きな平たい左右一対の骨である)から採取する。腸骨の背中側のウエストより少し下の部分に、ボールペンの芯の太さ程度の採取針を穿刺して骨髄液を吸引し、全身麻酔下で行われる。採取する骨髄液の量は、レシピエントの体重キログラムあたり15ミリリットルが目標となる。一方でドナーから採取できる上限はドナーの体重およびヘモグロビン量などによって決定され、この上限を超えない範囲で出来るだけレシピエントの希望量に近くなるようにする。ヘモグロビンが十分ある場合、ドナーの体重1kgあたり20ml程度が上限となる。このためドナーの体重は、ある程度レシピエントより少くてもよいが、少なすぎる場合はレシピエントにとって骨髄液の量が不十分となる。ドナー候補が複数いたとして採取量を取るか適合性を取るかといったことはレシピエント側の判断であるが、いずれにせよ骨髄バンクを介した移植ではドナーの安全が最優先されるので上記の採取量上限を超えることはない。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た中枢神経系

    解説: 骨髄採取するのは腸骨からである。腸骨に中枢神経は存在しないので半身不随になる事は無い。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た後遺障害

    後遺障害の発生は確率的には低いもののゼロではない。骨髄提供後に血腫ができたり、知覚障害や痺れ・痛みが残存するなど手術後ドナーに後遺症が残るケースが報告されている。また、過去に海外で3件(血縁者間2例、非血縁者間1例)、日本で1件(血縁者間)のドナーの死亡事例が報告されている。ただし日本の1件は骨髄バンクを介さない血縁者間で行われたものであり、日本骨髄バンクが関与した13505件の移植の中に死亡事例は無い(2011年10月末現在)。移植医療全てにいえることであるが、ドナーの協力や家族などの理解が無ければ成り立たない医療であるのでドナーの安全は最優先に考慮されるが、医療行為である以上リスクがないとは言いきれない。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見たイギリス

    骨髄バンクは世界各地に設置されており、特にアメリカ、ドイツ、イギリスなどにおいて活動が活発であると言われている。また、各バンクに登録されているHLA型のデータを集約している「世界骨髄バンクドナー集計システム(BMDW、英語: Bone Marrow Donors Worldwide)」には世界42か国で57バンクが参加し、各バンクに登録されたHLAデータ(さい帯血バンクのものも含む)の合計は2005年11月16日に1,000万件を突破した(BMDWに参加していない骨髄バンクも4バンク存在する)。日本骨髄バンクはアメリカ・台湾・韓国の骨髄バンクと提携していて、日本人の骨髄液が提携各国に提供されたり、提携国から日本人へ骨髄液が提供された事例もある。日本から韓国へ、あるいはアメリカから日本への提供件数は100件を超えている。数は少ないものの提携していない国に提供されることもある。2007年日本骨髄バンクは中国骨髄バンクとも提携を開始した。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た気管内チューブ

    骨髄採取や麻酔に伴う合併症として、一過性のものとして発熱や吐き気、頭痛、気管チューブを抜いた後ののどの痛みや、尿道カテーテルを入れたことによる尿道の痛み、吐き気、37 - 38度程度の発熱や血圧低下や不整脈などが報告されている(いずれの場合も時間の経過と共に回復している)。採取部分の痛みは個人差があり1 - 7日残ったという提供者が多い。針を刺した部分の化膿や出血があることもある。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た血縁

    骨髄バンク(こつずいバンク、Marrow Donor Program)とは、白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「骨髄移植」)が必要な患者のために、血縁関係のない健康な人(非血縁者)から提供される「骨髄液」を患者に斡旋する仕組みおよびその業務を担う公的機関のこと。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た都道府県

    日本においては骨髄移植推進財団が主体となり、日本赤十字社(骨髄データセンター)および各都道府県等(保健所)の協力を得て、1991年12月より日本骨髄バンク(JMDP、Japan Marrow Donor Program)の運営を行っている。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示

「骨髄バンク」のニューストピックワード