1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示
  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た血腫

    後遺障害の発生は確率的には低いもののゼロではない。骨髄提供後に血腫ができたり、知覚障害や痺れ・痛みが残存するなど手術後ドナーに後遺症が残るケースが報告されている。また、過去に海外で3件(血縁者間2例、非血縁者間1例)、日本で1件(血縁者間)のドナーの死亡事例が報告されている。ただし日本の1件は骨髄バンクを介さない血縁者間で行われたものであり、日本骨髄バンクが関与した13505件の移植の中に死亡事例は無い(2011年10月末現在)。移植医療全てにいえることであるが、ドナーの協力や家族などの理解が無ければ成り立たない医療であるのでドナーの安全は最優先に考慮されるが、医療行為である以上リスクがないとは言いきれない。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見たヒト白血球抗原

    登録の際の採血では「HLA型(ヒト白血球抗原型)」を検査するのが主目的である。HLA型とは白血球のいわば血液型に当たるもので、その適合確率は兄弟姉妹間で4分の1、親子間ではまれ(数パーセント以下)であり、非血縁者間だと数百人 - 数万人に1人しか適合しないと言われている。そのため骨髄移植推進財団では、適合者が見つかりやすくなる水準として30万人のドナー登録者獲得を目指している(2006年6月末現在の登録者数は約25万人)。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見たヘモグロビン

    骨髄は、大量の骨髄があり採取しやすい腸骨(骨盤の一番大きな平たい左右一対の骨である)から採取する。腸骨の背中側のウエストより少し下の部分に、ボールペンの芯の太さ程度の採取針を穿刺して骨髄液を吸引し、全身麻酔下で行われる。採取する骨髄液の量は、レシピエントの体重キログラムあたり15ミリリットルが目標となる。一方でドナーから採取できる上限はドナーの体重およびヘモグロビン量などによって決定され、この上限を超えない範囲で出来るだけレシピエントの希望量に近くなるようにする。ヘモグロビンが十分ある場合、ドナーの体重1kgあたり20ml程度が上限となる。このためドナーの体重は、ある程度レシピエントより少くてもよいが、少なすぎる場合はレシピエントにとって骨髄液の量が不十分となる。ドナー候補が複数いたとして採取量を取るか適合性を取るかといったことはレシピエント側の判断であるが、いずれにせよ骨髄バンクを介した移植ではドナーの安全が最優先されるので上記の採取量上限を超えることはない。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示

「骨髄バンク」のニューストピックワード