前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示
  • 第7染色体異常 (血液)

    第7染色体異常 (血液)から見た骨髄移植骨髄移植

    一般に7番染色体異常は予後不良因子とされ、適切なドナーがいれば造血幹細胞移植(骨髄移植や臍帯血移植)が推奨されることが多い。第7染色体異常 (血液) フレッシュアイペディアより)

  • ムコ多糖症

    ムコ多糖症から見た骨髄移植骨髄移植

    MPS IIIは中枢神経系の症状が主徴であるため骨髄移植等の効果が期待し難く、その治療は対症療法に限られている。ムコ多糖症 フレッシュアイペディアより)

  • タクロリムス

    タクロリムスから見た骨髄移植骨髄移植

    タクロリムス (tacrolimus) は、23員環マクロライド・マクロラクタム構造を持つ免疫抑制剤の一種で、臓器移植または骨髄移植を行った患者の拒絶反応を抑制する薬剤である。また、アトピー性皮膚炎に対する塗布剤、関節リウマチ治療薬としても用いられる。タクロリムス フレッシュアイペディアより)

  • 白血病

    白血病から見た骨髄移植骨髄移植

    白血病(はっけつびょう、Leukemia)は、「血液のがん」ともいわれ、遺伝子変異を起こした造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖して正常な造血を阻害し、多くは骨髄のみにとどまらず血液中にも白血病細胞があふれ出てくる血液疾患。白血病細胞が造血の場である骨髄を占拠するために造血が阻害されて正常な血液細胞が減るため感染症や貧血、出血症状などの症状が出やすくなり、あるいは骨髄から血液中にあふれ出た白血病細胞がさまざまな臓器に浸潤(侵入)して障害することもある。治療は抗がん剤を中心とした化学療法と輸血や感染症対策などの支持療法に加え、難治例では骨髄移植や臍帯血移植などの造血幹細胞移植治療も行われる。大きくは急性骨髄性白血病 (AML)、急性リンパ性白血病 (ALL)、慢性骨髄性白血病 (CML)、慢性リンパ性白血病 (CLL) の4つに分けられる。白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 嗤う淑女

    嗤う淑女から見た骨髄移植骨髄移植

    平成4年。貧血で休みがちになってからクラスでいじめられていた野々宮恭子の運命は、母方の従姉妹・蒲生美智留が転校してきたことによって変わる。美智留は恭子に代わって自らがターゲットとなり、艶然と笑いながら陰でいじめの首謀者を見事にやりこめたのだ。さらに美智留は、再生不良性貧血で倒れた恭子の骨髄移植ドナーを自ら申し出る。そして移植は成功し、感謝と尊敬の念で美智留から片時も離れなくなった恭子はある日、美智留に自宅に招待され、美智留が実父の典雄から暴力と性的虐待を受けていることを知る。助けを求められた恭子は美智留と共謀し、自殺に見せかけて典雄を殺害する。嗤う淑女 フレッシュアイペディアより)

  • 髄芽腫

    髄芽腫から見た骨髄移植骨髄移植

    このような治療法は、数十年にわたって行われてきた小児白血病などの骨髄移植治療、近年になって広く行われるようになった神経芽腫や横紋筋肉腫などの小児固形腫瘍における大量化学療法などについて深い知識と経験を有する小児血液腫瘍内科医でなければ行えるものではなく、経験のない脳外科では、たとえ側面からの小児科のアドバイスがあったとしても、決して単独で治療を実施することはできない。髄芽腫 フレッシュアイペディアより)

  • 吉井 怜

    吉井怜から見た骨髄移植骨髄移植

    2000年、奄美大島でのグラビア・カレンダーの撮影時に急性骨髄性白血病を発症した。病名は両親にだけ伝えられ、骨髄不全症から来る再生不良性貧血で3か月の入院が必要と告げられた。医師から治療(抗がん剤投与)の副作用から髪の毛が抜け落ちると告げられ、芸能生活がおしまいだと絶望感を味わったが、当時の専務の「待っているから」という言葉にはげまされた。治療では無菌室に入り、1回目の抗がん剤の投与で髪の毛が抜け落ち爪も黒くなった。入院から一か月後に白血病であると知らされた。抗がん剤の投与は4回行われ、退院まで5か月がかかった。医師は彼女に寛解維持療法と骨髄移植の2つの方法があり、母親とHLAが一致することから骨髄移植を勧めたが、彼女は芸能界復帰がかなわなくなることを恐れ寛解維持療法を選んだ。自宅に戻ったがすぐに芸能界には復帰できず、兄の「生きてなかったら、仕事もできない」という言葉で骨髄移植を受ける決意をした。2001年7月11日、母親からの骨髄提供により骨髄移植を受けた。移植後は移植片対宿主病(GVHD)も加わり、10日間ほどの記憶を無くしている。血液型がA型からO型に変わった。吉井怜 フレッシュアイペディアより)

  • 大井健司

    大井健司から見た骨髄移植骨髄移植

    1987年、オールスター競輪に出場。また当時競輪の最高ランクであるS級1班昇進がかかっていたが、兄の栄治の骨髄移植のドナーとなった影響もあり、昇進を果たせなかった。大井健司 フレッシュアイペディアより)

  • LAST KISS

    LAST KISSから見た骨髄移植骨髄移植

    幼い頃に両親が死亡し、井崎家に養子としてやって来た。そのため、骨髄移植をするにも、HLAが適合する者がおらず、病に侵され続けながら生きている。LAST KISS フレッシュアイペディアより)

  • 100歳の少年と12通の手紙

    100歳の少年と12通の手紙から見た骨髄移植骨髄移植

    ところが、オスカーへの骨髄移植が失敗し、余命が残りわずかしかないことを主治医のデュッセルドルフから知らされた両親が、ショックのあまりオスカーに会うことを拒む姿を盗み見てしまったオスカーは、大人への不信感を一層募らせ、心を閉ざす。誰とも話をしようとしないオスカーにデュッセルドルフが誰となら話がしたいか尋ねると、オスカーはローズとなら話してもいいと答える。100歳の少年と12通の手紙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示

「骨髄移植」のニューストピックワード