106件中 21 - 30件表示
  • 僕の島/彼女のサンゴ

    僕の島/彼女のサンゴから見た骨髄移植骨髄移植

    東京で暮らしている詩織は、沖縄の海で4年前に見たサンゴ礁の美しさに魅せられていた。再度見てみたいと願うものの、骨髄移植以外に治療法のない特発性再生不良性貧血を患って入院する日々を過ごしている。ある日、パソコンのコミュニティサイトで知り合い石垣島で家業の民宿を手伝う孝太から「島へ遊びに来ないか」と誘われる。詩織の父である哲司は願いを叶えるため、医師の反対を押し切って、2人で沖縄へと向かう。僕の島/彼女のサンゴ フレッシュアイペディアより)

  • 明日への扉 (ミュージカル)

    明日への扉 (ミュージカル)から見た骨髄移植骨髄移植

    明日への扉(あすへのとびら)は骨髄移植推進キャンペーンミュージカルである。明日への扉 (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • 移植片対宿主病

    移植片対宿主病から見た骨髄移植骨髄移植

    GVHDは様々な他家臓器移植の後に発生するが、特に免疫組織を直接移植する、造血幹細胞移植(骨髄移植)後や輸血後のものが知られている(GVHDの分類と診断)。移植片対宿主病 フレッシュアイペディアより)

  • 四分の一の絆

    四分の一の絆から見た骨髄移植骨髄移植

    一方、美咲は化学療法を受けたものの完治には骨髄移植が必要だという。骨髄移植にはHLA型が合うドナーが必要だが、赤の他人だと数万分の一しか一致しないHLA型が、実の兄弟であれば四分の一の確率で一致すると主治医から聞かされる。高岡夫妻は美咲の実の兄である直也にHLA型の検査を受けさせるため、直也を探し出して匿うことを決意する。指名手配犯を匿うなど許される行為ではなく懲戒免職になるのは確実だが、夫妻は美咲のために何でもしようと思いをひとつにする。四分の一の絆 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た骨髄移植骨髄移植

    1939年にOsgoodが骨髄液を再生不良性貧血の患者に輸注した報告があるが、これは後述する前処置を伴わないものであった。現在の治療法に準じる、抗がん剤と全身放射線照射を前処置としては、1957年にトーマスによって白血病の治療に骨髄移植が行われたのが嚆矢と言える。1958年には、同年発生したユーゴスラビアでの原子炉事故の被爆者6名に対して骨髄移植が行われ5名の一時的救命に成功した。これに続いて1968年までに203例の骨髄移植が施行されたが、生着例はわずか11例であった(全体の5.4%)。当時はまだヒト白血球型抗原(HLA)適合性が考慮されず、また生着不全や移植片対宿主病(GVHD)対策に有効な免疫抑制剤が無かったためである。この成功例の少なさから、骨髄移植の実施はいったん減少する。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄異形成症候群

    骨髄異形成症候群から見た骨髄移植骨髄移植

    予後不良である。予後良好の不応性貧血で生存年数は約5年、予後不良のタイプでは1年程度である。骨髄移植実施例での長期生存率は不応性貧血では40?60%、RAEBでは20?30%程度である。骨髄異形成症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンゲリス・モラス

    ヴァンゲリス・モラスから見た骨髄移植骨髄移植

    2014年、白血病患者の実兄ディミトリス・モラスに自身の骨髄を移植したことを公表。ディミトリスは2015年7月に亡くなり、直後に行われたエラス・ヴェローナとズュートティロールの親善試合では喪章が着用された。ヴァンゲリス・モラス フレッシュアイペディアより)

  • キャメル (バンド)

    キャメル (バンド)から見た骨髄移植骨髄移植

    2007年5月、ラティマーが1992年以降、骨髄線維症になっていた事を、妻のスーザン・フーヴァーが「キャメル・プロダクション」のウェブサイトで公表し、病気の進行状況の悪化により予定していたツアーを中止。同年後半に骨髄移植を受けた。キャメル (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄線維症

    骨髄線維症から見た骨髄移植骨髄移植

    根本的な治療は骨髄移植などの同種造血幹細胞移植であるが、本症患者の平均年齢は高く、同種造血幹細胞移植の適応になりうる患者は少ない。また、若い患者であっても予後不良因子の少ない患者には適応しない(予後不良因子については次節を参照のこと)。そのため、治療は合併症の管理が主体となる。骨髄線維症 フレッシュアイペディアより)

  • ゲムツズマブ オゾガマイシン

    ゲムツズマブ オゾガマイシンから見た骨髄移植骨髄移植

    承認後の最初の年に、FDAはゲムツズマブに黒枠警告を設置させた。その内容は、骨髄移植しない場合の静脈閉塞性疾患(VOD)のリスク増加であった。その後骨髄移植をした場合でもVODリスクが増加することが示された。2008年のJAMA誌上で生物学的製剤の製造販売後調査の不備について議論された際に取り上げられた。ゲムツズマブ オゾガマイシン フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「骨髄移植」のニューストピックワード