106件中 31 - 40件表示
  • シクロスポリン

    シクロスポリンから見た骨髄移植骨髄移植

    右記の臓器移植における拒絶反応の抑制/腎移植・肝移植・心移植・肺移植・膵移植・小腸移植・骨髄移植シクロスポリン フレッシュアイペディアより)

  • カルムスチン

    カルムスチンから見た骨髄移植骨髄移植

    米国には静脈注射用製剤もあり、骨髄移植の一つ造血幹細胞移植で患者(被移植側)の白血球数を減らすためにも用いられる。この場合通常は、フルダラビンおよびメルファランが併用される。カルムスチン フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2012年10月

    訃報 2012年10月から見た骨髄移植骨髄移植

    10月20日 - エドワード・ドナル・トーマス、アメリカ合衆国の内科医、骨髄移植の開発者、1990年ノーベル生理学・医学賞受賞者(* 1920年)訃報 2012年10月 フレッシュアイペディアより)

  • フルダラビン

    フルダラビンから見た骨髄移植骨髄移植

    フルダラビンは慢性リンパ性白血病への奏効率が高く、クロラムブシル等のアルキル化剤単剤より有効である。フルダラビンは低悪性度非ホジキンリンパ腫の治療でシクロホスファミド、ミトキサントロン、デキサメタゾン、リツキシマブ等の様々な抗悪性腫瘍薬と併用される。海外ではFLAG療法(Fludarabine、Ara-C、G-CSF)の一部として急性骨髄性白血病の治療に用いられる。日本では、FLAGにミトキサントロンを加えたFLAGM療法が検討された事がある。免疫抑制作用のため、フルダラビンは骨髄移植時の前処置に用いられることがある。フルダラビン フレッシュアイペディアより)

  • みぽりんのえくぼ

    みぽりんのえくぼから見た骨髄移植骨髄移植

    中学生になったばかりの、えくぼのカワイイ女の子「みぽりん」こと岡崎美穂(木村真那月)。みぽりんは、しっかり者の母・理子(広末涼子)、凝り性でちょっぴりお茶目な父・照生(長瀬智也)、勉強のできる姉・美波(福田麻由子)と幸せに暮らしていた。しかし、中学生の入学式の日、みぽりんは入学式後の教室で突然体の不調を訴える。病院に運ばれた美穂の症状は治まり、血液検査の結果にも異常はなかった。実は美穂は2歳のとき、白血病を患って入院し、骨髄移植を受けた結果奇跡的に完治した経験を持っていた。かけつけた理子はホッとしたものの、本当に異常がなかったかどうか心配になる。そして、CTスキャン検査にて脳腫瘍が見つかった……。みぽりんのえくぼ フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄バンク

    骨髄バンクから見た骨髄移植骨髄移植

    骨髄バンク(こつずいバンク、Marrow Donor Program)とは、白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「骨髄移植」)が必要な患者のために、血縁関係のない健康な人(非血縁者)から提供される骨髄液や末梢血幹細胞を患者にあっせんする仕組み、およびその業務を担う公的機関。骨髄バンク フレッシュアイペディアより)

  • スローモーション・アポカリプス

    スローモーション・アポカリプスから見た骨髄移植骨髄移植

    翌2010年10月、ニコラス・ミラネーゼが骨髄移植を受け退院し、自宅療養を行っていることが発表された。しかしながら、これ以降、公式Facebookや公式MySpaceの更新は停止しており、現状は不明である。スローモーション・アポカリプス フレッシュアイペディアより)

  • ネメシス/S.T.X

    ネメシス/S.T.Xから見た骨髄移植骨髄移植

    しかしシンゾンは、B-4を利用して艦隊の機密を盗み、さらに、シンゾンの乗艦シミターを訪れていたピカードとデータを拉致した。ピカードらはなんとか脱出し、B-4は停止させられた。また、シンゾンの目的が、己の病気の治療のためピカードから骨髄移植を受けることと、シミターに搭載した超巨大セラロン放射線発射装置を使って地球の全生物を滅ぼすことだと明らかになる。ネメシス/S.T.X フレッシュアイペディアより)

  • デザイナーベイビー (小説)

    デザイナーベイビー (小説)から見た骨髄移植骨髄移植

    赤ちゃんをすりかえたのは城南大学付属病院の院長、峠縁郎の息子、峠則孝であった。勉強をしないために父親に山に閉じ込められるなどされた上で出来損ないと言われ続け、就職先でもうまくいかず、会社の金を横領して監査が入る前に身代金で補填しようとしていた。則孝は「トータルケアプロジェクト」をネタに縁郎と病院を強請り、廃工場へ縁郎に身代金を持ってこさせるも、縁郎をつけていた速水と土橋が物音を立ててしまったことで彼らに気づき、縁郎が警察に自分を売ったと勘違いし自暴自棄になり、警察に追い詰められて奥多摩の渓流に泣き声がするおくるみを投げ捨てた。その場に居合わせた近森夫妻は狂乱する。実はこのおくるみはダミーでノゾミは共犯者の病院長秘書の有吉に託されていた。速水は病院へ戻る車中で峠縁郎から病院が日本では禁じられている卵子の核移植を行っていたことを聞かされる。与那国は自分と警察の保身のために、公開捜査を訴える速水を退け事件の非公開を続け、赤ん坊を保護してDNA鑑定を行うまで近森夫婦にノゾミが生きている事を伏せる事を決める。峠縁郎は病院長を引責辞任し、須佐見が院長代行となる。須佐見は「トータルケアプロジェクト」の凍結を決定し、崎山はその研究室の後片付けをしていたところ、プロジェクトの中核である皆本のデスクからプロジェクトや彼には必要ない遺伝子切断に使う制限酵素の伝票を発見。さらにノゾミに関する不審な資料も発見されたところに崎山へ有吉から電話が掛かる。有吉は赤ん坊の処遇を崎山に電話で相談し、崎山は誰にも知られないように自ら指定した乳児院でノゾミを回収することに成功したが、まもなく、病院の研究室からノゾミを奪われ自殺に見せかけて転落させられた。ノゾミを引き取りに慌てて病院から出かける際、崎山は出会い頭に会って自分を詰問した須佐見に「病院に爆弾が仕掛けられている」と語っていた。一方、近森夫妻は息子の新(アラタ)の白血病の容態が急変したことで、更なる焦りを覚える。実はノゾミは新とHLAを完全一致させて生み出された「救世主兄弟」だった。新は急性前骨髄球性白血病で、施せる治療をほぼ全てやりつくした上での再発だったため施せる治療法が骨髄移植しかなく、ノゾミを出産した時の臍帯血の造血細胞が足りないことが判明したため、須佐見から2日以内に適合するドナーの骨髄を必要とする状況になった、と伝えられる。ノゾミをドナーにした場合、ノゾミの命の保障はないが、優子は「そのためにノゾミを生んだ」と引き下がらない。与那国に無断で捜査を続行した速水は崎山の研究室で須佐見とともにノゾミが新の救世主兄弟であるという資料を発見する。その後、独りになった速水は製薬会社から崎山に掛かってきた電話で崎山が制限酵素について調べていた事を知り、それが何に使うものかを須佐見に訊ねてゲノム編集のための遺伝子切断という回答を得る。その後、土橋が速水にノゾミの話をしていたのを偶然博に聞かれてしまい、ノゾミが生きている事が近森夫妻にバレてしまう。夫妻は「もう警察を信じない」と捜査陣を非難し、優子はノゾミと新の事情を説明して「2日以内にノゾミを返して」と与那国に言うが、与那国はそれは無理と語る。この時点では犯人に繋がる情報は何も無かった。優子は博の伝を使いネット生放送で「2日以内にノゾミを見つけないといけない」と事件を暴露。それを阻止するように与那国に命令された速水だったが、犯人を動かすためにわざと命令違反をしたため与那国から事件から外され帰宅を命じられる。この放送で警察は事件を公開捜査にせざるを得なくなった。来る情報はどれもガゼばかりだった。皆本はこの放送を利用して自らが行っていたゲノム編集を公開し、近森夫妻の子供たちの話で同情を得て世間にこれを認めさせようと高らかに山原に語る。下地の喫茶店に戻った速水の携帯電話に須佐見から呼び出しがかかる。杖を突く博を疑問に思って調べたところ、彼は50%の確率で遺伝する遺伝性進行性神経変性疾患を発症しており、ノゾミの着床前診断を希望するも、30歳までは普通に生活できる病気だからという理由で却下されていたというのだ。そこへ崎山の容態が急変し、二人の目の前で崎山は死亡する。脳に出来た血栓を溶かすためのヘパリン注射が怪しいとにらんだ須佐見が薬剤の在庫情報を調べるとプロタミンが1瓶紛失しており、薬剤保管庫の入退室記録を閲覧すると山原が怪しいということになった。しかし山原には崎山を殺す動機が無い。その頃、山原は皆本からノゾミの居場所がプロジェクトの元患者であることを聞きだす。そこへ赴くと赤ちゃんと、研究室から皆本が運び出した山原の卵子が入った凍結タンクがあった。山原は自分が胚培養して生まれた子供と暮らす母親からこれらを皆本から押し付けられた事を「協力するとは言ったが、これじゃ脅迫じゃないですか」と言われる。山原は凍結タンクの中を破棄し、赤ちゃんを連れ去り逃亡。後からやってきた皆本は山原の反乱に嘲り笑う。全ての罪を山原に着せようとゲノム編集の話を警察にした皆本を速水は怪しむが、与那国は山原とノゾミの確保が最優先と言って皆本を放っておく。その夜、ホテルの宴会場で記者会見を開いた近森夫妻。会見前に博は速水から彼女が須佐見から聞いた博の事情を話し、「奥さんの思いと違っても自分の思いを語って欲しい」と言われ、会見で博は「私はノゾミに戻ってきて欲しくない。なぜならその後のことが怖いから」と、ノゾミが新のドナーとなるべく生まれた救世主兄弟であることを暴露。会場の速水や取材陣からの「母親なら子供を好きにしてもいいのか!?」という非難に対し優子は「そのためにノゾミを産んだ」と博を残して会場を去る。デザイナーベイビー (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ニューロパチー

    ニューロパチーから見た骨髄移植骨髄移植

    ガラクトセレブロシターゼ欠損により中枢、末梢のミエリン形成細胞が障害をうけ、脱髄を引き起こす常染色体劣性遺伝疾患である。ガラクトセレブロシターゼの主要な基質であるガラクトセレブロシドではなくサイコシンの蓄積が脱髄の原因と考えられている。幼児期発症型は異染性白質ジストロフィーに類似する。頭部MRIではびまん性の大脳皮質脱髄像が得られる。末梢神経伝導速度は著明に低下する。確定診断は末梢白血球のガラクトセレブロシターゼ欠損の証明である。通常2歳までに死亡する。成人Krabbe病は10?40代に歩行障害、四肢筋力低下で発症する。凹足と脱髄性多発ニューロパチーがみられ、構音障害、失調、認知症、視神経萎縮を高率に伴う。頭部MRIでは錐体路と脳室周囲にT2高信号が認められる。骨髄移植や造血幹細胞移植で中枢神経障害が停止するだけではなく改善する。これは骨髄由来のミクログリアがドナー由来になるためと考えられている。ニューロパチー フレッシュアイペディアより)

106件中 31 - 40件表示

「骨髄移植」のニューストピックワード