78件中 41 - 50件表示
  • 骨髄異形成症候群

    骨髄異形成症候群から見た骨髄移植骨髄移植

    予後は不良である。予後良好の不応性貧血で生存年数は約5年、予後不良のタイプでは1年程度である。骨髄移植実施例での長期生存率は不応性貧血では40〜60%、RAEBでは20〜30%程度である。骨髄異形成症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 骨盤

    骨盤から見た骨髄移植骨髄移植

    腸骨・坐骨の骨髄は、頭蓋骨のそれとともに、成人においても造血を行う。骨髄移植の際はこれらの骨から骨髄液を採取する。骨盤 フレッシュアイペディアより)

  • フィラデルフィア染色体

    フィラデルフィア染色体から見た骨髄移植骨髄移植

    フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病 (Ph+ALL) に関しては事実上標準的に使用されていた薬が承認されたことにより予後が大幅に改善されると思われる。しかしなお予後不良と診断された場合は、セカンド・オピニオンとして他の医療機関の医師の見解も聞くべきである。地域の癌拠点病院といえども最新の治療ができない場合があるからである。医療機関の選択の目安としては骨髄移植(造血幹細胞移植)の実施例の多い病院、あるいはJALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)標準に基づく治療を行っているという病院がよい。フィラデルフィア染色体 フレッシュアイペディアより)

  • 慢性骨髄性白血病

    慢性骨髄性白血病から見た骨髄移植骨髄移植

    移行期や急性期に移行した場合、あるいはチロシンキナーゼ阻害薬に耐性をもった場合、チロシンキナーゼ阻害薬が最初から効きにくいサブタイプなどの慢性骨髄性白血病に対しは骨髄移植や臍帯血移植などの造血幹細胞移植が重要な治療法となる。慢性骨髄性白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 急性白血病

    急性白血病から見た骨髄移植骨髄移植

    治療方針はAPLかAPL以外のAMLかで大きく異なる。年齢50歳以下、パフォーマンスステータスが0?2、inv(16),t(8:21),t(15:17),de novo AMLは予後良好群であり、46XY,-Yは予後中間群、複合型染色体異常は予後不良群である。未治療急性白血病の第一選択は化学療法であるが予後不良群は化学療法での治癒は期待できず、造血幹細胞移植や骨髄移植が検討される。これらの治療は適応が狭く、一般には50歳以下でHLAの一致したドナーがいる場合に適応があると言われている。近年は分子標的薬、抗CD33抗体であるゲムツズマブなどを用いることもある。化学療法では寛解導入療法と寛解後療法に分かれる。寛解導入療法は完全寛解(CR)を導くための治療法である。完全寛解とは体内の白血病細胞が10の10乗個未満(発症時は12乗個以上ある)となることで骨髄、末梢血中の白血病細胞がほとんど消失し、正常の造血能が回復した状態のことをいう。白血病細胞が完全に消失したわけではないのでこのままでは再発が必発であるので、寛解後療法を行う。寛解後療法には寛解導入直後に行う地固め療法と間欠的に強力に行う維持療法がある。急性白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄線維症

    骨髄線維症から見た骨髄移植骨髄移植

    根本的な治療は骨髄移植などの同種造血幹細胞移植であるが、本症患者の平均年齢は高く、同種造血幹細胞移植の適応になりうる患者は少ない。骨髄線維症 フレッシュアイペディアより)

  • 若年性骨髄単球性白血病

    若年性骨髄単球性白血病から見た骨髄移植骨髄移植

    しかし、通常の抗がん剤治療では治癒を得ることは難しく、治癒を得るほとんど唯一の方法は同種造血幹細胞移植(骨髄移植や臍帯血移植)である。したがって診断が確定した後にはすべての患者が移植の適応とされ適切なドナーが見つかれば強く移植が推奨される。若年性骨髄単球性白血病 フレッシュアイペディアより)

  • マリー・トラヴァース

    マリー・トラヴァースから見た骨髄移植骨髄移植

    2005年、トラヴァースは白血病と診断された。骨髄移植によって病状の進行を遅らせることはできたが、2009年9月16日に、トラヴァースはコネチカット州ダンベリーのダンベリー病院で、化学療法が引き起こした合併症によって死去した。72歳であった。マリー・トラヴァース フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・カルー

    ロッド・カルーから見た骨髄移植骨髄移植

    1995年9月に娘のミッシェルが白血病と診断された。骨髄移植のドナーを探したものの見つからず、翌1996年4月に18歳で亡くすという悲劇があった。ロッド・カルー フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・シャイダー

    ロイ・シャイダーから見た骨髄移植骨髄移植

    2004年、多発性骨髄腫と診断され俳優業を休業して治療に専念、2005年6月に癌治療のため骨髄移植を経験するも、2008年2月10日、4年近くに亘る闘病の末、死去した。。ロイ・シャイダー フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示

「骨髄移植」のニューストピックワード